Groove Doughnuts(グルーブ ドーナツ・亀岡市)新店速報

京都府亀岡市、田園広がる稗田野町で新店オープンしたドーナツ店「Groove Doughnuts」実食レビュー。音楽と美味しいドーナツがコンセプトで民家を改装して営業しています。テイクアウト・イートインが可能で広いフロアで音楽を聴きながらドーナツやコーヒーをいただくことができます。

2021年5月18日オープン Groove Doughnuts


2021年5月18日オープン Groove Doughnuts(京都府亀岡市)

2021年5月18日オープン Groove Doughnuts(京都府亀岡市)

京都府亀岡市、稗田野町で新店オープンしたドーナツ店「Groove Doughnuts」の実食レビューです。

田園広がる長閑な地区の民家を改装した広いお店です。

音楽と美味しいドーナツがコンセプトで、イートインではレコードの音楽を聴きながらコーヒーやドーナツを食べることができます。

ドーナツがものすごく美味しいお店でした(Groove Doughnuts)

ドーナツがものすごく美味しいお店でした(Groove Doughnuts)

ドーナツはとても柔らかくて美味しいドーナツ。

テイクアウトできるのは「プレーン・ハニー・キャラメル」の3種類で、イートインの場合はホイップクリームがトッピングされた「ブルーベリー・ピスタチオ」の注文も可能です。

田園風景を見ながらドーナツを食べていくことができます(Groove Doughnuts)

田園風景を見ながらドーナツを食べていくことができます(Groove Doughnuts)

ドリンクはコーヒー(400円~)などもあり、田園風景を見ながら広いイートインフロアで食べていくことができます。

今回はこの「Groove Doughnuts」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


Groove Doughnuts(店内写真)

Groove Doughnuts(店内写真)

お店は右側に注文カウンターの扉があります。

民家の古さを残しつつ、今風のお店のような雰囲気でカウンターにはドーナツが並んでいました。

店主さんは亀岡・馬堀出身だそうで、岐阜出身の奥様と大阪で子育てしていたのですが、子供が走りまわれる環境を求めて稗田野町に移住してきたのだそうです。

お二人とも気さくで、稗田野町は一目ぼれだったとのこと。

広いイートインフロアではレコードを聴きながら食べることができます

広いイートインフロアではレコードを聴きながら食べることができます

商品を受け取って、店内で食べる場合は左の入口からイートインスペースに入ることができます。

靴を脱いでゆっくりできる広いスペースでは田園を見ながらレコードを聴くことができるようになっていました。

外には長閑な風景が広がっていて、とてものんびりとした雰囲気のお店です。

このお店のメニューは?


ドーナツは5種類(200円~350円)

ドーナツは5種類(200円~350円)

ドーナツは5種類あって、値段は200円~350円です。

プレーンは200円、キャラメルハニーは280円で、ホイップクリームがのったものは350円になっていました。

ホイップクリームのものは「ピスタチオ・ブルーベリー」の2種類あります。

他にドリンクもあって「アメリカーノラテ」など、アメリカーノは400円程度でソフトドリンクなどもありました。

テイクアウトできるのは「プレーン・ハニー・キャラメル」の3種類で、クリームがのったものは店内飲食のみになります。

プレーン(200円)
キャラメルソース(280円)
ハニーグレーズ(280円)
ピスタチオクリーム(350円)
ブルーベリーラテチーズクリーム(350円)
アメリカーノ(400円)など

実食レビュー


ブルーベリーラテチーズクリーム(350円)

ブルーベリーラテチーズクリーム(350円)

メニューでこれは食べておけというのが「ハニーグレーズ(280円)」と「ブルーベリーラテチーズクリーム(350円)」です。

表面に蜂蜜がトッピングされたドーナツが「ハニーグレーズ」で、程よい甘さとクセの少ないハチミツの香りがドーナツ本来の味わいを感じるのにちょうどよい塩梅です。

上の写真は「ブルーベリーラテチーズクリーム(350円)」で、ほんのりすっぱ甘いラズベリーとクリームになっていて、ドーナツにとてもよく合っていました。

ハニーグレーズ(280円)

ハニーグレーズ(280円)

キャラメルソース(280円)

キャラメルソース(280円)

甘いのが好きであれば「キャラメルソース(280円)」もお薦めです。

ドーナツはふんわり柔らかく優しい味わいのドーナツ。

トッピングで印象が大きく変わるので、好みの味を探してみると良いでしょう。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


Groove Doughnuts(店舗外観写真)

Groove Doughnuts(店舗外観写真)

では「Groove Doughnuts」への行き方や営業情報についてです。

場所は京都府亀岡市、亀プーから湯の花温泉方面に進み、ローソンのところはまっすぐ。車で少し進むと「瑞巌寺」という小さい看板があるので右に曲がり、どんつきを左に向くとお店があります。

住所でいえば「〒621-0035 京都府亀岡市稗田野町奥条須川22」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はあります。店舗手前の砂利スペースに5台ほど、バイクなどは店頭前のスペースに置けます。

もし駐車場が混雑していれば、750メートル離れた奥条バス停のところにある「奥条ロードパーキング」が無料で使えます(地図)。

営業時間は「9時~15時」で売り切れ終了。

定休日は基本的に「日曜日・月曜日」ですが、不定休で「火曜日」も休みになる場合があります。

公式インスタグラムに営業日が掲載されるそうなので確認しておくと良さそうです。

ジャンル「ドーナツ店」
食事予算「700円~1500円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「なし」
営業時間「9時~15時」
定休日「日曜日・月曜日(不定休で火曜)」
駐車場・駐輪場「あり」
住所「〒621-0035 京都府亀岡市稗田野町奥条須川22」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応可能」
出前「なし」
電子決済「なし」
コロナ対策「手指消毒・マスク」
公式https://www.instagram.com/groovedoughnuts/
オープン日「2021年5月18日」


スイーツ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西の・スイーツ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。