パフィン – PUFFIN @京都 ミカサデコカフェでテイクアウト・レビュー

京都市中京区、ミカサデコカフェ京都店でテイクアウト販売されている「パフィン(PUFFIN)」という新感覚スイーツを買って来たので実食レビューします。これ、とてもフワフワで手に持つとプルンプルンとするほど柔らかいスイーツです。

パフィン – PUFFIN を京都「ミカサデコカフェ」でテイクアウトしてきた


パフィン - PUFFIN を京都「ミカサデコカフェ」でテイクアウトしてきた

パフィン – PUFFIN を京都「ミカサデコカフェ」でテイクアウトしてきた

若い女子に人気のカフェ「ミカサデコカフェ」に、フワフワでプルンプルンの新スイーツがあったので買って来ました。

それが・・・・

パフィン(PUFFIN)

という名前のスイーツです。

パフィンとはどんなスイーツ?


パフィンとは「パンケーキとマフィンのハイブリットスイーツ」らしい

パフィンとは「パンケーキとマフィンのハイブリットスイーツ」らしい

この「パフィン(PUFFIN)」とはどのようなスイーツなのかを説明すると、公式の文章では「パンケーキとマフィンのハイブリットスイーツ」とありますが、分かりやすく言えば・・・・

ミカサデコカフェの名物であるフワフワのパンケーキをマフィンのような形にして、中にクリームが入った新感覚スイーツ

というと分かりやすいかもしれません。

また「ミカサデコカフェ」でテイクアウト販売のみで販売されています。

京都なら河原町に「ミカサデコカフェ 京都店」があるので、そこでテイクアウト購入が可能でした。

パフィンの種類と値段は?


パフィンの種類と値段

パフィンの種類と値段

パフィン(PUFFIN)は4種類あって、それぞれで味が違います。

また、値段も味によって変わってきます。

味の種類は「抹茶焙じ茶小豆珈琲」となっており、抹茶と焙じ茶は京都宇治のものを使っていると書かれていました。

値段は1個で320円~350円、一番高いのが「抹茶パフィン」という商品でした。

抹茶パフィン(350円)
焙じ茶パフィン(330円)
小豆パフィン(320円)
珈琲パフィン(320円)

パフィンはテイクアウト商品で待ち時間は10分


パフィンはテイクアウトメニューでした

パフィンはテイクアウトメニューでした

このパフィンを購入したのは「ミカサデコカフェ 京都店」です。

お店のレビューは以前したので割愛しますが、パフィンはテイクアウトメニューになっていました。

店内では食べられないということなので、テイクアウトで買って行くことにします。

店内でコーヒーを注文したので飲みながら待ちます(10分程)

店内でコーヒーを注文したので飲みながら待ちます(10分程)

待ち時間は10分ほどかかりますとのことだったので、コーヒーも注文して待つことにしました。

だいたい10分くらいで紙袋と手提げ袋に入れた状態で提供されました。

持ち帰りなのでドライアイスも入れてもらいました。

パフィン 実食レビュー


抹茶パフィン(350円)ものすごく柔らかいです

抹茶パフィン(350円)ものすごく柔らかいです

この「パフィン(PUFFIN)」なのですが、第一印象は・・・・

柔らかすぎて持てない

でした。

プルンプルンしてて、ふわふわのパンケーキのような食感

プルンプルンしてて、ふわふわのパンケーキのような食感

本当にプルンプルンしてて、ふわふわのパンケーキのような食感です。

前に食べたミカサデコカフェの名物であるパンケーキと全く同じ食感なので同じ生地を使っていると思います。

抹茶パウダーは宇治抹茶の良い香りがするもので、丹波の黒豆がトッピングされています。

珈琲パフィン(320円)

珈琲パフィン(320円)

もうひとつ買ったのが「珈琲パフィン(320円)」です。

こちらはコーヒー味のものですが、甘さ控えめでコーヒーの風味がよくて好みの味わいでした。

同様にかなりフワフワしているので落とさないように注意した方が良さそうです。

コーヒークリームが中と外に使われています

コーヒークリームが中と外に使われています

抹茶味も同じでしたが、どちらもクリームがパフィンの中と外に使われていました。

甘さはどちらも控えめなので、老若男女でも食べやすいと思います。

値段も安いし、テイクアウト専用なので気軽に買えるのも良いと思いました。

京都の「パフィン(PUFFIN)」はミカサデコカフェ京都店で購入可能


ミカサデコアンドカフェ 京都店、錦市場から近いので観光ついでに立ち寄れます

ミカサデコアンドカフェ 京都店、錦市場から近いので観光ついでに立ち寄れます

この「パフィン(PUFFIN)」はミカサデコカフェ京都店で購入可能です。

京都の台所「錦市場」から「麩屋町通」を北へ1分ほど上がったところにお店があります。

四条通からだと、河原町駅近くにある大和証券のビルのところから北へ上がると麩屋町通です。

営業時間は「11時~18時」ですが、ラストオーダーが「18時」までなので、そこでだけ注意してください。

〒604-8057 京都府京都市中京区梅屋町480(地図
営業時間:11時~18時(LO 17時)
定休日:不定休(年末年始は休み)


スイーツ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西の・スイーツ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。