京都の枝豆「夏ずきん・紫ずきん・黒枝豆・白枝豆」の違いとは?

今回の「京都案内」は、京都の枝豆のお話です。枝豆って大豆の未成熟の柔らかい時のものを食べるものです。一般的には「白枝豆(青枝豆)」が多いのですが、京都ではブランドとして丹波黒豆の枝豆「黒枝豆」を多く見かけます。それも「紫ずきん」とか「夏ずきん」という名前で売られています。

でも、それらの違いについてはあまり考えずに食べているのではないでしょうか。

今回は「夏ずきん紫ずきん黒枝豆白枝豆」の違いについてまとめてみました。

京都の枝豆「夏ずきん・紫ずきん・黒枝豆・白枝豆」の違い


枝豆には「黒枝豆・白枝豆」とか「紫ずきん・夏ずきん」とかあってややこしい

枝豆には「黒枝豆・白枝豆」とか「紫ずきん・夏ずきん」とかあってややこしい

今回の「京都案内」は、そろそろ京都の枝豆「紫ずきん」の季節ということで、枝豆のお話です。

枝豆は夏の食べ物なので、季節的にはそろそろ終わりではあるのですが、秋頃に出回るのが「紫ずきん」という銘柄です。

でも、いろいろと気になることはありませんでしょうか?

・紫ずきんってブランド名?それとも品種?
・夏ずきんって何?
・黒枝豆というけど他に色があるの?

お店に買いに行っても「枝豆」にもたくさんの種類があって、それぞれ「どういうものなのか?」という疑問がありますよね。

紫ずきん(丹波黒豆から生まれた品種)


紫ずきんってブランドなの?それとも品種?

紫ずきんってブランドなの?それとも品種?

これからの時期は、丹波黒豆から生まれた「紫ずきん」という品種の枝豆が京都では流通します。

これ、粒が大型の品種でコクの強い味わいがする枝豆です。

・丹波黒豆から生まれた品種名
・秋の枝豆(9月~10月頃)
・京都府亀岡市などで栽培されています
・大粒
・やわらかめ
・枝についたサヤの大きいものを収穫
・摘んで収穫するので袋詰めになっている

京都のスーパーで、よく袋詰めで販売されているのを見かけると思います。

これは、枝についたサヤの大きいものから収穫していくので「枝(房)」で売られないからです。

しかし、収穫も最後の方になると枝ごと安売りされたりしています。

紫ずきん の大入り袋も存在する


紫ずきん の大入り袋

紫ずきん の大入り袋

京都の「紫ずきん」ですが、一般的に流通しているものは200gで300円~700円程度の「優」のものです。

実は、それ以外の「」は400gで500円~1000円以下程度で売られている場合もあります。

その場合「生産者名を明記できない」という決まりがあります。

しかし、味は変わらないので、知っている人はこの「良版」を買っています。

・400g袋で売られている
・生産者が明記されていない

夏ずきん(早生の紫ずきん)


夏ずきんという枝豆も見かけますが・・・

夏ずきんという枝豆も見かけますが・・・

枝豆は夏の食べ物なのですが、京都では「夏ずきん」という銘柄も見かけると思います。

商品には「丹波黒大豆から生まれた京都の夏限定の枝豆」と書かれているのですが、これ実際は「紫ずきんの早生」です。

ということで「夏ずきん」というのはブランド名になります。

・丹波黒豆から生まれたブランド名
・夏の枝豆
・モノとしては「紫ずきん」の早生
・紫ずきんとして売るほうが高く売れるので農家的にはよろしくない

「紫ずきん」と同じものなのですが、枝豆の夏の季節にも出荷したいという思惑があるのでしょう。

しかし、「紫ずきん」という名前の方が有名で、農家的にはわざわざ早採りして売る必要もないのです。そのため、農家的にはあまりよろしくないブランドになっています。

黒枝豆と黒大豆の違いとは?


写真は黒豆、黒枝豆はそれの未成熟のもの

写真は黒豆、黒枝豆はそれの未成熟のもの

先ほどの「紫ずきん夏ずきん」は黒枝豆というものです。

黒枝豆というのは、本来は「黒大豆」です。

黒大豆」は、冬の12月に収穫を迎えるのですが、それを9月から収穫したものが「黒枝豆」というのです。

つまり枝豆というのは「大豆」の未成熟な時期のもので、柔らかいので枝豆として食べられているわけです。

夏ずきん(黒枝豆) 8月頃に収穫
紫ずきん(黒枝豆) 9月頃から収穫
黒大豆 12月に収穫

黒枝豆と白枝豆の違いとは?


写真は黒枝豆、では白枝豆ってなに?

写真は黒枝豆、では白枝豆ってなに?

さて上記までは「黒枝豆」ばかりを紹介していました。

では「黒以外」もあるのでしょうか?

実は「黒枝豆」が出回り始めたのが最近のことで、それ以前は「白枝豆(青枝豆)」が一般的に流通していました。

こちらが「白枝豆」で見た目はさほど変わりません

こちらが「白枝豆」で見た目はさほど変わりません

サヤのままだと、黒枝豆も白枝豆も違いはほぼわかりません。

でも、これは中を見ると違いがわかります。

左が「白枝豆」で、右が「黒枝豆」です

左が「白枝豆」で、右が「黒枝豆」です

左が「白枝豆」で、右が「黒枝豆」です。

色がだいぶ異なりますよね。

でも、京都以外では一般的に枝豆といえば「白枝豆」を見ると思います。

京都では、ブランドとして「黒枝豆」の方が高級で美味しいというイメージが定着しているので、農家さんが「白枝豆」から「黒枝豆」に生産をシフトしているのです。

そのため、京都では「黒枝豆」の方を見かけることがほとんどです。

京都のくろ豆(ぶどう豆)は「紫ずきん」のアウトレット


京都のくろ豆、裏には「ぶどう豆」と記載があるけどこれはなに?

京都のくろ豆、裏には「ぶどう豆」と記載があるけどこれはなに?

さて、京都府産の「黒豆」には、ブランド名が書かれていないものも売られていることがあります。

例えば、上の写真は「京都のくろ豆 えだ豆」と書かれているだけの商品袋です。

実は、これも・・・・

紫ずきん

なのです。

裏面記載には「ぶどう豆」と書かれています

裏面記載には「ぶどう豆」と書かれています

裏面記載には「ぶどう豆」とだけ書かれているのですが、実は「紫ずきん」というブランド名を使うにはお金を払う必要があるのです。

「ぶどう豆」というのは、ぶどうのように大きい豆という意味で使われるのですが、ちょっと実の大きいものをまとめた袋が、この枝豆です。

しかし、中身は正真正銘の「紫ずきん」と同じものなのです。

こういったように、アウトレットのような「紫ずきん」も売られていたりするのです。

京都の枝豆 まとめ


枝豆はおいしいし栄養もあります

枝豆はおいしいし栄養もあります

ということで、今回は「京都の枝豆」の話でした。

単に「枝豆」といっても知らないことがたくさんあります。

・紫ずきんは秋に流通する丹波黒豆の早生
・夏ずきんは夏に流通する紫ずきんの早生
・紫ずきんも夏ずきんも黒枝豆
・黒枝豆は丹波黒豆の早生
・白枝豆(青枝豆)は大豆の早生
・紫ずきんは秋の枝豆(9月~10月頃)
・紫ずきんは京都府亀岡市などで栽培されている

大豆は豆腐の材料ですが、それの柔らかい早熟のものが「枝豆(白枝豆)」です。

黒枝豆」というのは、丹波黒豆の早熟のもので「紫ずきん」という京ブランドとして出荷されます。

夏ずきん」は「紫ずきん」をさらに早採りしたものなのです。

興味深いですよね。

広告


「紫ずきん」通販


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。