【山空海温泉】能勢の山奥に佇む ポツンと一軒湯!屋根に大きな温泉マークの建物とは?

能勢の山奥に佇む ポツンと一軒湯「山空海温泉」さんの紹介です。田園広がる長閑な山間にある源泉かけ流しの天然温泉施設で、バラック小屋に弱アルカリ性の炭酸水素ナトリウム泉の浴槽だけがあるという個性のありすぎる温泉です。

屋根に大きな温泉マークがついた建物


能勢の山奥に佇む「山空海温泉」

能勢の山奥に佇む「山空海温泉」

大阪府豊能郡能勢町、大阪府の北部に位置し田園広がる長閑な山間にある町です。

うちの困ったちゃん温泉担当が大好きなところで、彼はことあるごとに能勢に行ってはブラブラと散歩をしているのです。

というのも、この「能勢」というところは良質な温泉が湧くことでも知られていて、能勢だけでも名湯と呼ばれる温泉がいくつもあるからです。

能勢アートレイク温泉
・能勢温泉
汐の湯温泉
山空海温泉
屋根には温泉マークが描かれている

屋根には温泉マークが描かれている

今回紹介するのは、そんな名湯が揃う能勢の山奥にあるポツンと一軒家の温泉・・・・

山空海温泉

です。

能勢の山奥に佇む ポツンと一軒湯「山空海温泉」


「山空海 駐車場」と書かれた看板

「山空海 駐車場」と書かれた看板

ポツンと一軒湯「山空海温泉」があるのは大阪府豊能郡能勢町。

田んぼが続く府道106号線沿いを走っていると「山空海 駐車場」と書かれた看板があります。

山空海温泉 駐車場への道は農村集落へ入る細い道です

山空海温泉 駐車場への道は農村集落へ入る細い道です

看板が示す方角には細い農道となっており、その先に駐車場があります。

農道の先にある山空海の駐車場

農道の先にある山空海の駐車場

農道の先にある山空海の駐車場に車を停めて、そこからさらに川沿いの細い遊歩道を歩いていくとポツンと一軒湯「山空海温泉」があるのです。

川沿いの細い遊歩道を歩いていくとポツンと一軒湯「山空海温泉」がある

川沿いの細い遊歩道を歩いていくとポツンと一軒湯「山空海温泉」がある

茂みに立ててある山空海温泉の看板

茂みに立ててある山空海温泉の看板

看板がなければ、誰もここに温泉があるとは思わない場所にあります。

川沿いの道を進むと・・・・

川沿いの道を進むと・・・・

山空海温泉に到着です!

山空海温泉に到着です!

川沿いの道を進むとバラックのような建物があるのですが、そこが「山空海温泉」です。

雰囲気ありすぎでしょ!

山空海温泉 泉質


建物はあれですが、泉質はものすごく良くて療養泉です

建物はあれですが、泉質はものすごく良くて湯治温泉です

たぶん、初めて行く方は温泉の手前で躊躇することでしょう。

建物はからして温泉という感じではないからです。

山空海温泉の泉質は「炭酸水とナトリウム泉で弱アルカリの硫黄泉」

山空海温泉の泉質は「炭酸水とナトリウム泉で弱アルカリの硫黄泉」

でも、泉質はすごく良くて温泉マニアが絶賛するほどのレベルです。

温泉は源泉かけ流し、泉質は炭酸水素ナトリウム泉で弱アルカリ性の柔らかいお湯です。

硫黄臭もするので温泉気分を満喫できる秘湯温泉なんです。

なお、源泉は冷泉でそれを加熱して「40度 32度 16度」3つの浴槽が用意されています。

温かいのと冷たいので交互浴が推奨されているので、じっくりと入浴するのがオススメです。

ポツンと一軒湯「山空海温泉」営業情報

では、このポツンと一軒湯「山空海温泉」はどこにある温泉なのでしょうか?

住所は「大阪府豊能郡能勢町下田尻801」で、公共交通機関では行くことはできません。

入浴料は800円。

営業時間は季節で若干の変動がありますのでご注意ください。

大阪府豊能郡能勢町下田尻801
入浴料:800円
営業時間(4月~9月):10時~18時(平日)、10時~19時(土曜日)、8時~19時(日曜、祝日)
営業時間(10月~3月):10時~17時(平日)、10時~18時(土曜日)、8時~18時(日曜、祝日)
定休日:木曜日、金曜日(祝日は営業)

評判(口コミ)


温泉

関西圏を中心に全国の有名・無名天然温泉や銭湯・スーパー銭湯およびホテル・旅館を紹介します。温泉の魅力を見つけ紹介することで、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。