上七軒 小きみ「お昼の定食」実食レビュー

京都らしい風情が残る京都最古の花街「上七軒」にある日本料理店「小きみ」でお昼の定食を食べてきましたので実食レビューします。値段は1000円~1600円程度、舞妓・芸妓さんが歩いていそうな石畳の上七軒、その裏通りにある小さなお店です。

上七軒 小きみ


上七軒 小きみ

上七軒 小きみ

京都の上七軒、京都最古の花街として知られるところに「小きみ」という定食屋さんがあります。

舞妓・芸妓さんが歩いていそうな石畳の上七軒、その裏通りにある小さなお店です。

場所は上七軒の歌舞練場のすぐ南側、女将さんは元芸妓さんで、とても素敵な京言葉で出迎えてくれます。

カウンターのある小料理店です(上七軒 小きみ)

カウンターのある小料理店です(上七軒 小きみ)

お店はカウンターだけで、壁には舞妓・芸妓さんのうちわがたくさん飾られています。

中には歌舞伎役者で四代目の「市川猿之助」さんのサイン色紙も!

人気テレビドラマ「半沢直樹」でとても有名になった役者さんですね。

このお店のランチメニューは?


上七軒 小きみのランチメニュー

上七軒 小きみのランチメニュー

定番メニューは「お昼の定食(1100円~1600円)」です。

小鉢3品・お味噌汁・お漬物・ごはんがセットになったランチで、メインは「サバ・シャケ(1100円)、ホッケ(1300円)、ササガレイ(1600円)、煮魚(1200円)、おでん(1100円)」から選ぶようになっていてメインのチョイスで値段が変わります。

他にも「カレーライス(限定5食、1200円)」と新メニュー「牛すきやき定食(1500円)」といったメニューもありました。

カレーライス(限定5食、1200円)

カレーライス(限定5食、1200円)

カレーライスもすき焼きも「小鉢2品、お味噌汁・漬物」がついてくる定食になっていました。

小鉢2品、お味噌汁・漬物

小鉢2品、お味噌汁・漬物

今回はカレーライスを注文したのですが「お刺身、すぐき、明太子、出汁巻き玉子、ほうれん草のゴマ和え、みそ汁・福神漬け」などなど、なにやらたくさん出てきました。

食べると思われたのかな、ごはんは少なめにしてもらいましたが、女将さんが足りなかったらお茶漬けを作りますねと気を使ってくださいました。

お造りも出てきました

お造りも出てきました

カレーを熱々の味噌汁で、牛肉のカレーが心に染み入る一杯。

上七軒という京都を感じられる場所にある「小きみ」さん、いろいろな方に食べに来てもらいたいお店でした。

上七軒の風情が残る「小きみ」営業情報


上七軒の風情が残る「小きみ」

上七軒の風情が残る「小きみ」

上七軒の風情が残る「小きみ」さん、場所は北野天満宮から近いのですが少しわかりづらい場所にあります。

北野天満宮の東側の通りに「まさ活」という鮮魚店があって、そこの細い路地を入って徒歩30秒のところにあります。

住所でいえば「〒602-8381 京都府京都市上京区 北野上七軒」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

営業時間は「11時~14時」で、毎月25日(天神市)の日は「10時~15時」で営業、定休日は「日曜日」です。

上七軒も今は人通りが少なくて、飲食店もいつまで営業できるか分かりません。

行ける時に行っておきたいそんなお店が「小きみ」というお店でした。

ジャンル「日本料理」
食事予算「1000円~1600円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」時短要請期間は21時で閉店の可能性あり
営業時間「11時~14時(毎月25日は10時~15時)」
定休日「日曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒602-8381 京都府京都市上京区 北野上七軒」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
コロナ対策「手指消毒・マスク」


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!