ボンボンコォヒ(Bonbon Coffee) @太秦天神川 魅惑のミニカフェが京都にはある

今回の「京都カフェブログ」は太秦天神川にある「ボンボンコォヒ(Bonbon Coffee)」さんの紹介です。これがまた面白いコーヒースタンドで、だいたいの方が予測するようなタイプのコーヒースタンドではありません。しかし、豆はあの「コラソン」を使っており、ハンドドリップでいただくことができるカフェなんです。

魅惑のミニカフェ?コーヒースタンド?太秦天神川にある「ボンボンコォヒ」


スタンドコーヒー「ボンボンコォヒ」さんはこんな感じです

スタンドコーヒー「ボンボンコォヒ」さんはこんな感じです

今回の「京都カフェブログ」は、京都でも最近いくつか見かけるようになったコーヒースタンドの紹介です。

本ブログではとても特徴的なコーヒースタンドを過去にも紹介してきましたが、今回はとびっきり面白いコーヒースタンドです。

お店は地下鉄東西線「太秦天神川駅」徒歩2分の・・・・

ボンボンコォヒ

さんです。

とても味わい深い看板の「ボンボンコォヒ」

とても味わい深い看板の「ボンボンコォヒ」

この「ボンボンコォヒ」さん、なにが面白いのかというと・・・・

スタンドコーヒーかなと思ったら中で飲んで行けるようになっていたり、コーヒーショップかなと思ったら小学生が駄菓子を買いに来たり、コラソンの高級豆を使っているけどお客さんは子供と地元のおじいちゃんとおばぁちゃんだらけという・・・・

魅惑的で面白いミニカフェなんです。

実はこちらのお店、元は街角のタバコ屋さんで駄菓子なんかを売っていた「井上商店」さんというお店だったのですが、2017年頃から「ボンボンコォヒ」という名前でコーヒーも飲めるようになったのです。

ボンボンコォヒ は地元の憩いの場だった


狭いのでお店の様子をお伝えする写真の撮影はとても難しいです(ボンボンコォヒ)

狭いのでお店の様子をお伝えする写真の撮影はとても難しいです(ボンボンコォヒ)

さて、この「ボンボンコォヒ」さん、お店はとても狭い方です。

入店すると、すぐにカウンターと椅子がありますが、椅子は1つです。

その脇に小学校の勉強机のような感じのテーブルと椅子があり、そこにもうひとり座れます。

左右奥に椅子もあるのですが、地元のおばあちゃんが爆睡しておりました(笑)

コーヒーは本格的、あのコラソンの豆をハンドドリップ

コーヒーは本格的、あのコラソンの豆をハンドドリップ

そんな感じで「地元民の憩いの場」的な雰囲気のお店なのですが、地元の方とお話しながらコーヒーを飲むことができます。

そのコーヒーも本格的で、あのコラソンの豆をハンドドリップして淹れていました。

コラソンといえば京都最強とも言われる焙煎コーヒーのお店で、東の横綱焙煎所「バッハ」で店長をされていた方が御所西エリアで開業した自家焙煎のコーヒー専門店です(コラソンさんの実食レビューもあります!)。

ちなみに、西の横綱焙煎所は長岡京市にある「ウニール」さんです。こちらも実食レビューがありますので、ぜひご覧ください

コーヒーは全品360円というお気軽すぎるカフェです(ボンボンコォヒ)

コーヒーは全品360円というお気軽すぎるカフェです(ボンボンコォヒ)

コラソンの焙煎豆なのに、この「ボンボンコォヒ」ではコーヒー1杯どれでも360円という低価格なのも特徴です。

気さくな奥さんがコーヒーを淹れてくれますので・・・・

なんかちょっと疲れたなって時はコーヒーを飲んで癒やされに行ってみてください。

ボンボンコォヒ メニューと値段


コーヒーは全品360円で豆を選ぶことができます(ボンボンコォヒ)

コーヒーは全品360円で豆を選ぶことができます(ボンボンコォヒ)

前述しましたが、コーヒーは全品360円です。

さらに豆を選ぶことができるのが「ボンボンコォヒ」さんの特徴で6種類の焙煎豆から選ぶことができます。

中には「ボンボンブレンド」というオリジナルブレンドもあったりして感心してしまいました。

サイドメニューにはトーストもあり、これはコーヒーを注文すると一緒に食べることができるようになっていました(これもお安いです)。

ハンドドリップ 360円(豆が選べます)
カフェオレ 360円(イタリアンブレンド)
アイスコーヒー 360円(イタリアンブレンド)
ホットチョコレート 360円
抹茶オレ 360円
紅茶 360円
トースト 100円
ジャムトースト 150円
チーズトースト 200円
明太子チーズトースト 250円
卵 70円

ちなみに駄菓子のアイスは1本40円です。

ボンボンコォヒ 営業時間やアクセス方法


ボンボンコォヒ、だいたい10時頃~14時くらいで営業されています

ボンボンコォヒ、だいたい10時頃~14時くらいで営業されています

では「ボンボンコォヒ」さんの営業時間やアクセス方法についてです。

公式には営業時間は「7時~17時30分」で、定休日は「日曜、祝日」なのですが、世の中そんなにちゃんとできてなくて、10時頃~14時頃とかなんかそんな感じです。

月曜日は朝7時から営業されているみたいですが、なんかよくわからないので公式サイトをチェックしましょう!

場所は「太秦天神駅」もしくは「嵐電天神川駅(蚕ノ社駅からも近いです)」から歩いて2分くらいです。

駅を出て西側「三条御池」の交差点があるのですが、そこから西へと向かう細い道の途中にありますよ。

京都府京都市右京区太秦井戸ケ尻町12−18
営業時間:7時~17時30分(土曜日は15時まで)
定休日:日曜、祝日
公式サイト:https://inoue-shouten.business.site/


カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。