【10/17オープン速報】イオンモール京都桂川に速攻で行ってきました、広くて飲食店が充実しています。

2014年10月17日にグランドオープンをむかえた「イオンモール京都桂川店」に早速行ってまいりました。向かったのはいつもの「温泉・フード・編集」のトリオです。

17時過ぎに到着しましたので訪問に際する注意点やハックをメインに書いていきます。

入口がややこしい


イオンモール京都桂川

イオンモール京都桂川

まず、JR桂川駅のすぐ近くにあるので、国道171号を「物集女」(もずめ)方面に向かうことになります。もう「物集女」って聞いた時点で名前がホラーですが、そういう地名があるのです。

しかし、なんか間違って阪急京都線「桂」駅に行ってしまいました。

で、まぁなんとか着いたのですが、国道171号から駅に向かうと、イオンモール桂川のところを左折する入口があり、それだと駅に行ってしまう道です。

駐車場は建物の南側にあって、少し迂回していなかいとだめなのです。

以下の地図だと、青色コースはダメで、灰色のコースが正解です。

2014-10-17_205910

上の「洛西小路」のところをまだ先(西)に行って左折し、迂回しながら南側の駐車場・駐輪場に向かうことになります。

駐車場・駐輪場は広いが、料金体系が複雑


2014-10-17_210053

我々は「バーカ」もとい「バイカー」なので、駐輪場に入ります。


駐車料金は20分ごとに100円。
駐輪料金は1日1回200円(自転車)、300円(バイク)でした。

自転車で料金取っている時点で、駅前だから仕方ないとはいえ、なかなか面倒だなという印象。ただ、自転車はどこで料金払うのか分からないというか、どこから入るのかも分かりづらい感じでした。

2014-10-17_211228

駐車場も屋上以外は屋根がついていますので、雨でも平気です。

なお、料金は無料になるパターンもあります。

駐車料金
「イオンモールメンバーズカード」(発行手数料100円)で1時間無料
2000円以上買い物で2時間無料
映画館・フィットネス利用で2時間無料
※合計で最大5時間無料

駐輪場(自転車・バイク)
1円でも買い物すれば3時間無料

スクーターが便利ですかね。フードコートでジュース飲むだけでも3時間無料です。ただ、3時間超えると超過料金で1日分の料金が必要です。

ちなみに、バイク置き場は出口がややこしくて、それっぽく進むと出口じゃないところに行きます(笑)

2014-10-17_220304

レジで駐車券を見せれば無料券くれます(駐輪場のみ)。車の場合もイオンメンバーズカードがあれば1時間無料だから、レジで見せる必要があります。

2014-10-17_221321

車はWAONと連動してナンバー自動認識みたいなことも出来るようです。実際試してないからわかりません。

電気自動車専用充電ステーションも完備


2014-10-17_221536

電気自動車専用充電ステーションも完備してありました。あまり使われていませんでしたが。そのスペースだと、一台にひとつ充電器がありしたので、駐車しながら充電できるようになっています。

駐車場から入口へ・・・入口どこ?


迷いに迷って着いた「桂川」ですが、バイクを停めて店内に入るのも一苦労でした。そもそも、ド広いので、店内入口までも遠いのでした。

2014-10-17_211551

入口はさほど目立ちません。外からも入口がよく分かりません(笑)

イオン桂川は入口が分からない造りになっているのです!

2014-10-17_211950

駐車場は駅方面から赤い矢印のコースです。

これは事前に知っておくべき基礎知識と言えましょう。ちなみに、出る時は左折できません。

イオンモール内へ突入


2014-10-17_212244

入ると結構人がいました。

通路は1本道なので、迷うことはないのですが、なぜか迷うことになる素晴らしい造りになっています。

2014-10-17_214300

テナントは服飾系がやっぱりダントツで多いのと、後は飲食するところばかりです。この2種類しか基本的にはない感じで、これはどこのイオンも同じですね。

広さは結構あります。ひと通り見るのに2時間くらいかかりました。

「AEON STYLE」という食料品街


2014-10-17_214338

食料品街は「AEON STYLE」という名称でした。

これもかなりド広くて、中にはパン屋・食料品街・デリカなどがあります。パン屋は座って食べられるようになっていました。

そのパン屋もそうなのですが、中ではコーヒーが100円でセブンイレブンのような感じで売られていました。

コーヒーが100円でセブンイレブンのような感じで売られていました


1階の「AEON STYLE」入口右横と左手前にあるパン屋では、コーヒーが100円でした。

2014-10-17_214854

種類は豊富で

モカ
キリマンジャロ
コロンビア
ブラジル
グアテマラ(アイス)
ニカラグア(アイス)
マンデリン
ブルーマウンテン

などがあります。

横のレジでカップを買って自分でつぐタイプです。

2014-10-17_215043

すぐ隣の「The Table」というスペースで飲むことができます。

ここにはなんと「無料携帯充電器」と「コンセント」がありました。

「無料携帯充電器」と「コンセント」があるコーヒーなどを飲めるスペース


2014-10-17_215321

この「The Table」ですが、誰でも入れるスペースで、テーブルとカウンターがあるだけで、別に何も買わないでも問題はありません。で、そこにあるのが「無料携帯充電器」と「コンセント」です。

2014-10-17_215356

これが「無料携帯充電器」です。誰でも使うことができますが、誰も使っていませんでした(笑)

左にPCが見えますが「サポートメニュー」と書かれており、ブラウザでイオンの案内を見ることができるようになっています。

また、ここはカウンター席なのですが、コンセントもあるのです。

2014-10-17_215534

コンセントです。ノマドできますが、ここでノマドはしたくありません。

せっかくなので100円コーヒーを優雅にいただく


2014-10-17_215630

せっかくなので100円コーヒーを優雅にいただくことにしました。

カップはわきのレジ(右ではない)で買うことができます。

2014-10-17_215752

タッチパネルです。

2014-10-17_215839

結構苦味と香りがありますが、セブンイレブンにやや負ける印象でした。

とはいえ、100円で休憩できるスペースは嬉しいです。なにせ、京都の民は貧乏なのです。

デリカはサラダとかスープとか前菜っぽいのが結構あります


2014-10-17_223830

「AEON STYLE」内には入ってすぐのところがデリカコーナーになっていて、スープとかサラダを自分で取って計量売りしていました。

2014-10-17_223853

こちらがスープです。コーンスープおいしそうです。

1階「大垣書店」が京都で一番広い気がします


2014-10-17_221858

1階には「大垣書店」があるのですが、なかなか広くて、京都では一番広いかもしれません。

「大垣書店&cafe」とかなってます。

2014-10-17_221954

ま、我々はデジタル新世紀の寵児なので、こんな3次元の本は読まないのです。

やっぱ、2次元さいこーです!(笑)

なぜか医者がある


2014-10-17_222138

大垣書店の前は、なぜか医者があるエリアでした。

怖くて入れませんでした。ホラーです。

向日市激辛商店街ゆるキャラ「ゆるからっきー」がいた件


2014-10-17_222335

閑話休題で、向日市激辛商店街ゆるキャラ「ゆるからっきー」がいました。「向日市激辛商店街」については、こちらをご覧ください。

1階のフードコート(桂川小路食品街)


2014-10-17_222724

イオンモール京都桂川には全階に飲食スペースがあります。1階が「桂川小路食品街」です。

2014-10-17_224600

スタバ
銀だこ
美山めぐみ牛乳工房(人気ありました)
京のお肉処弘(京都の人気焼肉屋の肉屋)

ここには鮮魚とか精肉店もあるので、完全なフードコートというわけではなく、食べられる食品街という感じでした。

2014-10-17_224049

2階のレストラン街(洛西小路)、食べ放題の店もチラホラ


2014-10-17_223258

二階にはレストラン街があります。

焼肉食べ放題「焼肉炎蔵」や生まぐろが美味しいと評判の寿司「にぎりの徳兵衛」(廻転寿司)などもあります。広くて、23店舗ほどあるのですが、通路は狭いので広くは感じません。

2014-10-17_223508

食べ放題とか何店かありました。カレー食べ放題とかです。

2014-10-17_223546

生まぐろが美味しいと評判の寿司「にぎりの徳兵衛」(廻転寿司)は写真ブレました(笑)

2014-10-17_234318

本マグロ赤身 200円
穴子一本焼き 380円
だし巻き玉子 260円
中トロ 480円

とお値段は安い方です。

回転寿司ではあるのですが、目の前で握っているスタイルで、お値段も200円から500円程度とそれなりのものもあります。

3階のフードコート、めちゃくちゃ広い


2014-10-17_224758

今回一番すごいなと思ったのが3階のフードコートです。

とにかく広いエリアに多くのお店があります。

実際には二階の飲食店街の方がもっと広くて店も多いのですが、フードコートはぶち抜けなので広く感じます。

2014-10-17_224947

上は「一風堂」さんです。結構、中華とかラーメンが目立ちます。

2014-10-17_225041

中央には「ハワイアン パンケーキ ファクトリー」がありました。最近流行ってますよね。四条にもパンケーキのお店が最近数店できました。

2014-10-17_225204

なんとなくサイバーなスペースです。
この時点では空いてましたが、19時過ぎるとここも混みだしました。

2014-10-17_225311

奥には少し落ち着くスペースも。その奥には、さらに落ち着く「喫煙スペース」が(笑)

2014-10-17_225431

「天しん爛漫」(天丼)と「ハマムラ」がありました。京都ってこういう天丼屋さんがないので嬉しいです。天丼食べるならここかも。

他にも「ラーメン魁力屋」が入っています。

2014-10-17_230928

3階には別に「カジュアルコート」というファーストフードのエリアもありました


2014-10-17_225712

3階には別に「カジュアルコート」というファーストフードのエリアもありました。

ここには「マクドナルド」や「ケンタッキー」そして「ミスタードナッツ」と「サーティーワン アイスクリーム」が入っており、なぜか駄菓子屋もありました。外国人客目当てかもしれませんね(駄菓子屋)。

2014-10-17_230627

イオンなのでイオンブランドの洋服とかもありました


2014-10-17_230741

「ライトオン」などの洋服屋は別のエリアですが、イオンのエリアの3階には安い衣料品もありました。このへんはイオンっぽいです。

総括


桂川はこれまで、これといって何もないエリアだったのですが(向日駅の方が賑やかでした)、一気にこの辺のメイン地区になりそうな勢いです。

ともかく広いという一言で、駅から直結というのもいい感じではないでしょうか。

結構、食べるところが多いイメージがあるので、五条のイオンとはまた違った楽しみ方もありそうです。

あと、映画館もあるし、ゲームコーナーもあって高校生が多かったですね。この辺は住宅街なので、そういうお店構成なのかもしれません。

イオンモール京都桂川
京都府京都市南区久世高田町376番1

関連記事:【新店オープン京都】コールドストーン フローズンバー イオンモール京都桂川店が新店オープン


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。