おかだ屋のおいも(京都市北区)オモウマい焼き芋屋さんが地元にあった!

京都市北区、2020年1月12日に新店オープンした地元の焼き芋屋さん「おかだ屋のおいも」実食レビューです。実はこちら「オモウマい店」で焼き芋は遠赤外線でジックリと焼いたクリーミー焼き芋!さらに、店主さんがサツマイモのオタクさん。ワイワイキャッキャな気さくな店主さんがいるお店なんです。

2020年1月12日オープン おかだ屋のおいも


2020年1月12日オープン おかだ屋のおいも

2020年1月12日オープン おかだ屋のおいも

京都市北区、今宮神社の北エリアで地元の紫野東泉堂町にある焼き芋屋さん「おかだ屋のおいも」を紹介します。

オープンしたのは2020年1月12日、新店ではありますが地元に溶け込んで昔からあるような感覚のお店です。

焼き芋は遠赤外線でジックリと焼いたクリーミー焼き芋で、久しぶりに激ウマな焼き芋に巡り合えました。

実はこちらの店主さん、超サツマイモのマニア

さらにサツマイモ愛が溢れ出す接客のお店なんです。

今回はこの「おかだ屋のおいも」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

実はオモウマい焼き芋屋だった「おかだ屋のおいも」


おかだ屋のおいも(店内写真)

おかだ屋のおいも(店内写真)

この「おかだ屋のおいも」さん、店内は石焼をする機材と保温できるショーケースに焼きあがった焼き芋が並んでいるだけと至ってシンプルなお店です。

しかし! 売っている商品と店主さんはシンプルではありませんでした。

焼き芋は滑らかでクリーミー、芋を最高の状態で石焼きする技術にまずビックリ。

さらに、店主さん(女性です)の焼き芋大好きっぷりの接客にまたビックリというお店なんです。

めちゃくちゃ明るい接客の中で芋を選びました

めちゃくちゃ明るい接客の中で芋を選びました

こちらの「おかだ屋のおいも」の店主さん、とても気さくな女性で明るい方です。

お芋は2種類(紅はるか・シルクスイート)があったので、どちらがお薦めかを聞くと「紅はるかの方が甘いですが、上品な甘さのシルクスイートがお薦めです」とのこと。

さらに「紅はるかもシットリ系ですが、キメ細かいのはシルクスイート」となにやらサツマイモ大好きな雰囲気が漂います。

店主曰く「狂気的な文書」というサツマイモの解説書

店主曰く「狂気的な文書」というサツマイモの解説書

というのも、私はいつもお店のお薦めを聞くのですが「どれも美味しい」という返事をする店主より「これが美味い!」と断言する店主さんが大好きです。

どれも美味しい、これは当たり前だと思うのですが、その中でも「これが最高」と言える店主さんがマニアックで好きなのです。

こちらの店主さんもそのタイプ、きゃっきゃサイワイと賑やかにサツマイモの話をしてくださいました。

そんな時に渡されたのが上の写真の紙、店主さん曰く「狂気的な文書」とのことでしたがサツマイモに対するこだわりが紙面いっぱいに解説書になっていました。

サツマイモと最強組み合わせの食材も書かれていたりして、乳酸菌(味噌・納豆・キムチ・チーズ・ぬか漬け・麹」などと一緒に食べると芋が善玉菌のエサになって身体が活き活きして元気になるのだそうです。

やきいもアイスと冷やし芋もあります(おかだ屋のおいも)

やきいもアイスと冷やし芋もあります(おかだ屋のおいも)

温かい焼き芋のほかにも「やきいもアイス」や「冷やし焼き芋」もありました。

冷やし焼き芋というのは焼いた芋を冷やしたものですが、一度覚ました焼き芋は焼いたばかりの焼き芋よりも栄養価が高くなるのだそうです。

というようなことをずっと話して教えてくれるお店が「おかだ屋のおいも」さんというお店です。

今まで食べたことがない美味しい焼き芋に2度びっくり


この焼き芋は飲めます!(おかだ屋のおいも)

この焼き芋は飲めます!(おかだ屋のおいも)

さて、こちらの「おかだ屋のおいも」さんですが、焼き芋大好きっぷりの接客にビックリだったわけですが、食べた焼き芋がこれまで食べたことがないレベルで美味しかったので2度ビックリしました。

今回買ったのは「シルクスイート」で、値段は100グラムで180円。

中ぶりの大きさのもので1本350円程度です。

割ってみると、中からねっとりとしたクリームのような芋が出てきて、食べてみるとものすごく滑らかな食感で食べるというよりも飲むという感覚に近い焼き芋でした。

さらに店主さんが言うとおり、上品な甘さでまるでクリームを口に含んでいるかのような味わいがします。

焼き芋は捨てるところなく全部食べられます

焼き芋は捨てるところなく全部食べられます

お芋にこだわるお店なので、芋の両端は切ってあり丸ごと捨てる部分なく食べることができます。

焼き芋を作る過程で発生する皮表面の黒い蜜(ヤラピン)は食感が悪くなるのでキレイに削って提供されているのにもこだわりを感じました。

私はこれまでさほど焼き芋を食べてこなかった(そんなに好きじゃなかった)のですが、ここのサツマイモは「飲めるサツマイモ」でものすごく気に入りました。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


おかだ屋のおいも(店舗外観写真)

おかだ屋のおいも(店舗外観写真)

では「おかだ屋のおいも」への行き方や営業情報についてです。

場所は京都市北区紫野、千本通を北へサイゼリアのところ(泉堂町)で北山通を東へ行き、ファミリーマート手前の道を右折で入ったところにお店があります。

住所でいえば「〒603-8241 京都府京都市北区紫野東泉堂町12−6」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんが、人通りも車通りも少ない広い道です。

営業時間は「11時~18時」で、定休日は「水曜日・日曜日」となっていました。

ジャンル「焼き芋専門店」
食事予算「300円~500円」
営業時間「11時~18時」
定休日「水曜日・日曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒603-8241 京都府京都市北区紫野東泉堂町12−6」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「テイクアウトのみ」
公式https://twitter.com/o_okadaya
オープン日「2020年1月12日」


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!