マルシン飯店「冷凍生餃子の自動販売機」が岩倉にある(京都市左京区)

京都市左京区、岩倉でマルシン飯店冷凍生餃子の自動販売機」が2021年4月20日に設置されました(24時間営業)。本店は東山三条にあるテレビでも紹介される行列店「マルシン飯店」で、直売店で販売されている冷凍餃子が岩倉でも購入できるようになりました。

マルシン飯店「冷凍生餃子の自動販売機」(京都市左京区岩倉)

マルシン飯店「冷凍生餃子の自動販売機」(京都市左京区岩倉)

2021年4月20日に京都市左京区の岩倉マルシン飯店「冷凍生餃子の自動販売機」が設置されました。

24時間稼働で冷凍生餃子がいつでも買えるという自販機です。

餃子の自販機は宇治の「ミヤコパンダ」さんでも設置されて新聞にも掲載されましたが、今回の餃子はテレビでも何度となく紹介されている「マルシン飯店」の餃子です。

マルシン飯店の自販機では餃子7個と15個を24時間販売

マルシン飯店の自販機では餃子7個と15個を24時間販売

最新型の自動販売機で、餃子7個(480円)と15個(980円)を販売しています。

違いは餃子の数だけではなく、7個入りのほうはタレが「酢醤油」だけなのですが、15個入りのほうには「酢こしょう」も入っているという違いがあります。

冷凍生餃子7個(480円)酢醤油付き

冷凍生餃子7個(480円)酢醤油付き

冷凍生餃子15個(980円)酢醤油・酢こしょう付き

冷凍生餃子15個(980円)酢醤油・酢こしょう付き

冷凍生餃子7個(480円)酢醤油付き
冷凍生餃子15個(980円)酢醤油・酢こしょう付き
急速冷凍した生餃子を販売

急速冷凍した生餃子を販売

餃子は急速冷凍した生餃子を箱入りで販売。

おいしい焼き方レシピ付きで、そのレシピには10枚集めると餃子一人前無料になるクーポンも付いていました。

タッチパネル付きの自販機なので購入は簡単

タッチパネル付きの自販機なので購入は簡単

マルシン飯店「冷凍生餃子の自動販売機」の買い方は最新型のハイテク自販機なのでものすごく簡単です。

まず買いたい個数の番号をいずれか選択。

売り切れのボタンもありますね。

カート機能もあります

カート機能もあります

個数はここでは選択できないようですが、カート機能があるのでまとめ買いもできます。

取り出し口から出てきた冷凍生餃子の箱

取り出し口から出てきた冷凍生餃子の箱

今回は「冷凍生餃子7個(480円)酢醤油付き」を購入しました。

買うと取り出し口に餃子の箱が落ちてきます。

マルシン飯店「冷凍生餃子」

マルシン飯店「冷凍生餃子」

マルシン飯店「冷凍生餃子」の自動販売機で無事に餃子を購入!

大きい自販機ですが最大11箱の販売みたいです。

袋とかはないのでまとめて買う場合はショッピングバッグ持参が良さそうでした。

マルシン飯店「冷凍生餃子」の中身

マルシン飯店「冷凍生餃子」の中身

マルシン飯店「冷凍生餃子」の中身がこちらです。

国産食材を使ったその日作られた餡を急速冷凍した餃子ですね(にんにく入り)。

ということで、岩倉の皆さんは三条まで行かなくても「マルシン飯店」の餃子が買えるようになったというのが今回のトピックスでした。

場所は叡電「岩倉駅」から木野街道をまっすぐ北へ950メートルほどのところ

場所は叡電「岩倉駅」から木野街道をまっすぐ北へ950メートルほどのところ

マルシン飯店「冷凍生餃子の自動販売機」は叡電「岩倉駅」から木野街道(岩倉中通り)をまっすぐ北へ950メートルほどのところにあります。

住所でいえば「〒606-0021 京都府京都市左京区岩倉忠在地町511」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

営業は24時間稼働の自動販売機ですが、売り切れの場合もあります。

〒606-0021 京都府京都市左京区岩倉忠在地町511(地図
営業時間:24時間
定休日:無休


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やテークアウトをするお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!