京都・烏丸の読み方は昭和まで「からすまる」

京都の烏丸の読み方は「からすま」ですが、昔は「からすまる」と読んでいたことが分かる道路標識があります。それがあるのが九条河原町の交差点を西に30メートルのところ。古い道路標識に「KARASUMARU」とローマ字表記されていました。

烏丸を「からすまる」と読む京都の道路標識

烏丸を「からすまる」と読む京都の道路標識

京都の地名「烏丸」の読み方は?

答えは「からすま」です。

観光客の方だと「からすまるとりまる」と読み間違えることがあると思いますが、京都に住んでいる人なら間違えないでしょう。

しかし、昔は「からすまる」と読んでいました。

それもそんなに昔でもない昭和時代で、今でも残るその時代に設置された道路標識には「からすまる」と書かれているのです。

九条河原町の交差点を西に30メートルにある古い道路標識

九条河原町の交差点を西に30メートルにある古い道路標識

それがあるのが九条河原町の交差点を西に30メートルのところにある古い道路標識です。

住所でいえば「〒601-8015 京都府京都市南区東九条上御霊町14−2」付近で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

烏丸五條 KARASUMARU GOJO 2km と表記されている道路標識

烏丸五條 KARASUMARU GOJO 2km と表記されている道路標識

この道路標識には「烏丸五條 KARASUMARU GOJO 2km」と表記されており、以前は烏丸を「からすまる」と読んでいたことがうかがえます。

標識は九条通が「東山五条~京阪国道口」まで国道だった頃のものです(クリックで Google Maps で区間を表示します)。

ということは国が管理する国道1号線だった時代のもので昭和45年以前のものとなります(昭和45年に国の管理から京都府の管理になっているからです)。

標識のデザインは昭和25年頃から設置されたものと言われており(出展)、昭和25年から昭和45年のいずれかの年までは烏丸の読み方が「からすまる」であったことが分かる道路標識です。

現在の烏丸通は昔は「からすまるどおり」と呼ばれていた

現在の烏丸通は昔は「からすまるどおり」と呼ばれていた

現在の烏丸通は昔は「からすまるどおり」と呼ばれていました。

それがうかがえるのが今の烏丸通に公家「烏丸家(からすまるけ)」の邸宅があったと伝わっていることです。

公家の名前は通り名で付けるため烏丸家の時代には烏丸通は「からすまるどおり」だったわけです。

なお、烏丸が「からすま」と呼ばれるようになったのは明治以降のことのようで、明治から昭和半ばまで烏丸の読み方は「からすまる・からすま」が混在していたことも分かっています。


最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!