京都で紫色の夕焼け!パープル色に染まった空で地元は一時騒然に

2018年7月25日の17時頃なのですが、京都と滋賀で「紫色の夕焼け」が観測されました。これは空気の透明度が高い時に見られる夕焼け時の気象現象です。当日の京都はここ数ヶ月見なかったほど「空気が透き通って」いて、日中も草木の色が鮮明で遠くまでハッキリと見える日でした。

この紫色の夕焼けが見られるのは空気の透明度が高い日だけなんです。

京都で紫色の夕焼けが観測される


2018年7月25日の17時頃に見られた京都の空の色

2018年7月25日の17時頃に見られた京都の空の色

2018年7月25日の17時頃、京都では空が「紫色」になるという気象現象が見られました(上の写真はその時撮影したもの)。

数年前に一度見たことがありますが、鮮烈なパープル色の空に、京都民達も外に出て空を眺めるほどでした。

すぐに東京の知り合いに聞いてみたのですが「東京は普通かな」とか言っていたので、確認すると京都や滋賀で確認されたということでした。

現象としては、反対側の空が真っ赤になっており、その光が少し暗い青空に重なって「紫色」のように見えているようでした。

紫色の夕焼けが見られるのは空気の透明度が高い日だけ


2018年7月25日昼間の京都は写真撮影には絶好の日でした

2018年7月25日昼間の京都は写真撮影には絶好の日でした

その日の京都は、朝から空気によどみがなく、目の前に見えるものがハッキリとした日でした。

写真は鴨川の上流域(西賀茂)で、草木の緑の写真映りがとても良い日です。

実は、この紫色の夕焼けが発生するのは「空気の透明度が高い日だけ」なんです。

空気の透明度が高い日の夕焼けは紫色になる

空気の透明度が高い日の夕焼けは紫色になる

ということで、昼間はものすごい良い天気だったのですが、17時頃になにやら外が少し騒がしいので窓の外を見てみると・・・・

風景がものすごい紫色(パーブル色)になっていたわけです。

あまりの色合いに近隣住民も外に出て空を見上げていたほどで、TwitterなどのSNSでも結構話題になっていました。

評判(口コミ)


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。