ちゃんぽん亭総本家(彦根)近江ちゃんぽん【せっかくグルメ】で紹介


彦根の名物・近江ちゃんぽん「ちゃんぽん亭総本家」が【せっかくグルメ】で紹介

彦根の名物・近江ちゃんぽん「ちゃんぽん亭総本家」が【せっかくグルメ】で紹介

こんにちは、地方グルメが大好き!まこちゃん」です。地方の名物グルメやご当地グルメを食べ歩くのが趣味。テレビで話題になった名物もよく食べています。


まこちゃん
今回は滋賀県彦根市の名物「近江ちゃんぽん」を紹介します。

近江ちゃんぽんとは、滋賀県彦根市で昭和38年に開業した「麺類をかべ」が原点のちゃんぽんのこと。その味を今も継承しているのが「ちゃんぽん亭総本家」というお店です。


ちゃんぽん亭総本家(彦根)バナナマンのせっかくグルメで紹介


彦根名物!近江ちゃんぽんが『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介

彦根名物!近江ちゃんぽんが『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介

滋賀県彦根市の人気グルメ「近江ちゃんぽん」発祥のお店が2021年8月8日放送『バナナマンのせっかくグルメ』で紹介されます。

その発祥の店というのが・・・・

近江ちゃんぽん発祥の店「ちゃんぽん亭総本家」

近江ちゃんぽん発祥の店「ちゃんぽん亭総本家」

ちゃんぽん亭総本家

です。

先ほどの写真はJR彦根駅西口前にある「ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店」で、近江ちゃんぽんの原点である「麺類をかべ」があったところにあります。

2021年8月8日放送『バナナマンのせっかくグルメ』で、那須川天心さんと数原龍友さんが食べたお店は「ちゃんぽん亭総本家 本店」の方。

上のストリートビューのお店がそれで、この店舗が実質的な総本店です。

近江ちゃんぽん とは


近江ちゃんぽん とは

近江ちゃんぽん とは

近江ちゃんぽんとは食材の滋味がふれる滋賀県民のソウルフード。

究極の黄金だしで食べる、たっぷり野菜が盛られた醤油味のラーメンです。

かつおぶし&昆布の黄金スープが特徴

かつおぶし&昆布の黄金スープが特徴

見た目は長崎ちゃんぽんやタンメンに似ていますが、大きな違いは具材である「野菜・豚肉・きくらげ」の調理方法です。

ちゃんぽん・タンメンはそれらの食材を炒めるのが一般的。

野菜と豚肉はスープで煮込むのが特徴

野菜と豚肉はスープで煮込むのが特徴

近江ちゃんぽんでは食材を炒めずに手鍋で煮込むのが大きな違いです。

そうすることで、スープに豚肉や野菜の旨味が溶け出して柔らかいスープになるからです。

スープにうま味があって美味しい「近江ちゃんぽん」

スープにうま味があって美味しい「近江ちゃんぽん」

スープにうま味があって美味しいので、私もよく京都や滋賀県にある「ちゃんぽん亭総本家」で食べています。

店舗は関西をメインに支店が多く、東京でも「銀座インズ」や「イオンモール東久留米」で出店しているので食べることができるようになりました。

上のマップが「ちゃんぽん亭総本家(全国マップ)」なので、お近くに店舗があるか探してみてください。

値段・お取り寄せ(通販)

お近くに店舗がなくても大丈夫!

お取り寄せ(通販)もできますので方法を解説します。

実は・・・・

ちゃんぽん亭総本家(彦根)近江ちゃんぽんは公式オンラインショップからお取り寄せ(通販)できます!

値段は6食入りで3300円(税込み)、配送料は別途必要で最低でも1060円が追加されます(ショッピングガイドはこちら)。

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【ちゃんぽん】メニュー
近江ちゃんぽん 750円
柚子ちゃんぽん 850円
チゲちゃんぽん 880円
【アラカルト】メニュー
辛みそちゃんぽん 870円
肉ちゃんぽん 930円
海鮮ちゃんぽん 970円
【ラーメン】メニュー
醤油ラーメン 700円
味噌ラーメン 850円
豚そば 850円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

店舗で食べる場合はこちらを参考にしてください。

メニューは「ちゃんぽんラーメン」という構成(フードコート店では一部ない商品があります)。

値段750円~970円です。

営業時間・定休日・アクセス(場所)

2021年8月8日放送『バナナマンのせっかくグルメ』で、那須川天心さんと数原龍友さんが訪問したのは「ちゃんぽん亭総本家 本店」です。

営業時間は「11時~20時」です。

定休日は「不定休」となっていました。

※滋賀県では2021年8月8日~31日まで「まん延防止等重点措置)により時短要請が出ています。

場所はJR彦根駅から徒歩16分(約1.3km)のところで、彦根インターの近くです。

住所でいえば「〒522-0021 滋賀県彦根市幸町74−1」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場は完備されています。

ちなみに、那須川天心さんと数原龍友さんが座ったのは入口入って真正面のカウンター右側でした。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 ちゃんぽん亭総本家 本店
ジャンル ラーメン
食事予算 750円~
営業時間 11時~20時(変更になる場合があります)
定休日 不定休
駐車場・駐輪場 あり
住所 〒522-0021 滋賀県彦根市幸町74−1
地図 こちらをクリック(Google Maps)
マップコード 101 347 351*06
最寄り駅 JR彦根駅から徒歩16分(約1.3km・ルート
テイクアウト 対応
コロナ対策 手指消毒・マスク・透明シールド
公式サイト こちらをクリック
電話番号 タップで電話発信(営業時間内におかけください)
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。
※「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

バナナマンのせっかくグルメ 2021年8月8日 予告


バナナマンのせっかくグルメ 2021年8月8日 予告は以下の通りです。


日村が高知㊙名物ラーメン&絶品!淡路島玉ねぎパン堪能★爆食友達!那須川天心&GENERATIONS数原の滋賀県彦根ロケ続編!近江牛焼肉×白米をわんぱくに食べる!

地元の人にオススメグルメを聞き込み!教えてもらったグルメを食べまくり!
今回は全初出しの一時間!
★日村さんは高知市と兵庫県淡路島でグルメ探し!
★大好評仲良しコンビ!那須川天心&数原龍友の滋賀県彦根市ロケ続編!
近江牛の極上焼き肉×白米&㊙名物ちゃんぽんを興奮気味に食べまくる!


バナナマンのせっかくグルメ!

「バナナマンのせっかくグルメ!」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。