マツコの知らない世界で紹介されない京都の味噌汁

今回は「京都の味噌汁」をテーマに定番の味噌汁を紹介したいと思います。京都といえば白味噌が定番、京都の味噌は西京味噌とも呼ばれています。今回はそんな京都の名物味噌汁店や老舗味噌屋を紹介します。

マツコの知らない世界で紹介されない京都の味噌汁


京都の味噌汁といえば白味噌です

京都の味噌汁といえば白味噌です

2020年10月27日放送の『マツコの知らない世界』の予告を見ていたところ、元官僚のたけうち和久さんが1000種から厳選した味噌汁を紹介すると予告されていました。

最強の具の組み合わせなどを紹介するようですが、パッと見は京都の味噌汁が紹介される感じではありませんでした。

でも、皆さん。

味噌汁といったら京都ですよね?(そうか?)

出汁にこだわる関西で白味噌を使ったのが京都の味噌汁です。

ということで、今回は「京都の味噌汁」をテーマに定番の味噌汁を紹介したいと思います。

本田味噌本店の「一わんみそ汁」


京都の味噌汁でなぜか一番最初に思い出すやつ

京都の味噌汁でなぜか一番最初に思い出すやつ

私は京都の味噌汁というと一番最初に思い出すやつがあります。

それが・・・・

本田味噌本店の「一わんみそ汁」です。

本田味噌本店の「一わんみそ汁」

本田味噌本店の「一わんみそ汁」

本田味噌本店といえば京都の老舗味噌屋で1830年(天保元年)創業です。

室町一条(御所西)にある宮中にお料理用の味噌を献上していたのが始まりとされています。

御所西にある本田味噌本店

御所西にある本田味噌本店

京都でよく聞く「西京味噌」というのはこの本田味噌本店が発祥です。

ちなみに、なんで京都ではなく「西京」と呼ぶのかですが、明治維新で江戸を「東京」と呼ぶようになった時に京都を「西京」と呼ぶことがあったからです。

だから「京都味噌=西京味噌」なんですね。

麩焼きの中に「豆腐、味噌、わかめ」のフリーズドライが入っています

麩焼きの中に「豆腐、味噌、わかめ」のフリーズドライが入っています

麩焼きの中に「豆腐、味噌、わかめ」のフリーズドライが入っているので、お椀に入れてお湯を入れて溶かして飲む味噌汁です。

今風にいえば保存が効くインスタント味噌汁ですね。

お店は京都高島屋地下一階にもありますよ。

〒602-0904 京都府京都市上京区小島町558(地図
営業時間:10時~18時
定休日:日曜日
公式サイト:https://www.honda-miso.co.jp/

志る幸 利休辯當(弁当)


志る幸 利休辯當(弁当)

志る幸 利休辯當(弁当)

さて、京都の味噌汁といって次に思い出すのが「志る幸(しるこう)」です。

昭和7年創業の懐石料理店ですが、味噌汁が名物です。

能舞台を模したカウンターがあります

能舞台を模したカウンターがあります

屋号の「志る幸」は質素を良しとした「汁講」が由来だとか。

店内は能舞台を模したカウンターがあり、それを眺めながら「利休辯當(2500円)」を食べることができます。

ちなみに「辯當」は「べんとう(弁当)」と読みます。

名物の白味噌汁、豆腐の代わりに「はまぐり(800円)」にチェンジ

名物の白味噌汁、豆腐の代わりに「はまぐり(800円)」にチェンジ

味噌汁は「白味噌、赤味噌、すまし」の3種類から選べますが定番は白味噌です。

上の写真は「はまぐり」が具になっています。

濁点ないので空想力で読んでください

濁点ないので空想力で読んでください

具はデフォルトで豆腐ではありますが、追加料金で「たい、はまくり、くしら、とせう、はも、たいあら、かき、おとしいも、ししみ、しゅんさい、ゆは、ゆすふ、なめこ」に変更できます。

ちなみに「はまぐり」は800円追加でした。

具材のメニューに濁点がないのは「出汁が濁らないように」という気持ちからそうなっています。

京都の味噌汁を飲んでみたいという方にお薦めのお店です。

志る幸(店舗外観写真)

志る幸(店舗外観写真)

〒600-8001 京都府京都市下京区西木屋町通四条上る西入る(地図
営業時間:11時30分~14時、17時~20時
定休日:水曜日
公式サイト:http://shirukou-kyoto.jp/

石野味噌


京都の割烹で使われている白味噌の老舗「石野味噌」

京都の割烹で使われている白味噌の老舗「石野味噌」

さて、先ほどの「志る幸」の味噌は「石野味噌」のものです。

創業は1781年(天明元年)で、先ほどの本田味噌より老舗で、京都の白味噌といえば「石野味噌」ともいえる存在です。

創業以来変わらぬ技で作る「石野の白味噌」という商品が知られており、京都の割烹でも使われている白味噌です。

購入は京都高島屋地下一階の店舗か「通販」がお薦めです。

〒600-8496 京都府京都市下京区 油小路通四条下る石井筒町546(地図
営業時間:10時~17時
定休日:日曜日
公式サイト:http://www.ishinomiso.co.jp/

マツコの知らない世界 2020年10月27日 予告


マツコの知らない世界 2020年10月27日 予告は以下の通りです。

元官僚が作る!家庭円満!地球を救う!?世界一スゴいスープ“味噌汁”マツコが味わい尽くす▼1枚に落とし込む見事な路線図デザイン!現実と違う面白さ!都会カオス路線図
マツコの知らない世界「味噌汁の世界」1000種から厳選!味噌汁は世界一スゴいスープ!家庭円満!地球を救う!?元官僚が作る!最強の具の組み合わせ!味噌とマッチする秘薬味!味噌汁の定番をぶち壊す「新・三種の神器」! 焦がす!すりおろす!手軽で健康味噌汁をマツコが味わい尽くす!さらに「路線図の世界」1枚に落とし込む見事な路線図デザイン!現実と違う面白さがまさにファンタジーを味わえる!都会カオス路線図!


マツコの知らない世界

「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。