国道477号 おそらく日本一急カーブな道(百井別れ~百井峠ルート)を走ってきた

今回は、おそらく日本一の急カーブがある国道477号(百井別れ~百井峠ルート)を走ってきました。その「日本一の急カーブ」があるのが「百井別れ」というところで、酷道マニアの聖地になっているところです。

おそらく日本一急カーブな道(百井別れ~百井峠ルート)を走ってきた


おそらく日本一急カーブな道がある国道477号(百井別れ)

おそらく日本一急カーブな道がある国道477号(百井別れ)

日本で有名な酷道はいくつもあるのですが、その中でも特に有名なのが「国道425号、国道477号」でしょう。

国道425号(三重~和歌山)
国道477号(大阪~京都~滋賀~三重)

酷道といっても全区間が悪路というわけではなく、国道425号では「龍神~十津川」が、国道477号では「百井別れ~百井峠」最難関と呼ばれているコースです。

前者の国道425号は2016年8月に「龍神~十津川ルート」を完走。その様子をブログで書いたところたくさんのアクセスをいただきました。

今回は、後者の国道477号「百井別れ~百井峠ルート」を走ってきたのでレポートしたいと思います。

というのも、実はこの国道477号「百井別れ~百井峠ルートには、おそらく日本一の急カーブがあるからなんです。

日本一急カーブな道(百井別れ)


日本一急カーブな道(百井別れ)の標識

日本一急カーブな道(百井別れ)の標識

さて、ある天気が良い日に国道477号「百井別れ(ももいわかれ)」へと行って来ました。

この百井別れには「おそらく日本一の急カーブ」があることで知られています。

ただのカーブに見えますが、実は・・・・

ただのカーブに見えますが、実は・・・・

一見すると普通のカーブに見えますが、実は撮影している場所は国道477号ではなく府道38号線です。

実は、国道477号は府道38号線と一本道のように接続しているのですが、国道477号線自体はこの「百井別れ」で急カーブして細い道へと入っていくのです。

一回では曲がれないほどの急カーブが「百井別れ」

一回では曲がれないほどの急カーブが「百井別れ」

上の写真が「百井別れ」の急カーブです。

交差点でが鋭角カーブになっているところで、一回では曲がれないほどの急カーブになっています。

これ、地図で見ると分かりやすいかと思います。

京都バス「百井別れバス停」

京都バス「百井別れバス停」

地名の「百井別れ」というのは京都バスのバス停名にもなっています。

これ読みは「ももいわかれ」です。

平たくいえば「百井方面へ向かう道」という意味で「分かれ道」のことです。

百井別れバス停の時刻表

百井別れバス停の時刻表

ちなみに、2020年3月17日放送の『ちゃちゃ入れマンデー』で、この「百井別れ」の難所が紹介されるそうです。

では、ここから難所コースの「百井峠」まで行ってみましょう!

国道477号の最難関コース「百井別れ~百井峠ルート」を走る

今回走る「百井別れ~百井峠ルート」は全長1.6kmほどと短いコースです。

国道425号の時は劣悪な道が延々と45kmも続きましたが(笑)、今回はだいぶ短いので気楽ですね。

しかし、道はかなりの悪路で離合困難路線です。

離合困難というのは車一台分くらいの幅しかない路線のことで、対向車が来たら離合ポイントまでバックしなくてはいけない場合もあります。

そのため、大型車での通行は制限されている道でもあります。

登山道みたいな道です(国道477号)

登山道みたいな道です(国道477号)

「百井別れ~百井峠ルート」は登山道みたいな道になっています。

国道425号の時は川沿いの崖っぷちな道でしたが、こちらの国道477号は「道がデコボコな登山道」のようです。

一般道というよりも林道です(国道477号)

一般道というよりも林道です(国道477号)

3年ほど前まではガードレールがなかったのですが、最近は柵が設置されてちょっと安心になりました。

柵がなかった頃はバイクで走破するのが怖い道でした(国道477号)

柵がなかった頃はバイクで走破するのが怖い道でした(国道477号)

柵がなかった頃はバイクで走破するのが怖い道でしたが、今回はスイスイと進んでいきます。

と思ったら「柵」なくなりました(笑)

と思ったら「柵」なくなりました(笑)

と思ったら「柵」がない区間もありました。

すぐ脇は崖なので注意!

すぐ脇は崖なので注意!

崖下は杉林ですが、落ちたら危険なので慎重に進んでいきます。

カーブは少なめなので国道425号よりマシです

カーブは少なめなので国道425号よりマシです

国道425号の時は山水で濡れて崩落した道でしたが、こちらはそんなことがないのでだいぶマシです。

カーブも少なめだと思います。

途中で百井峠を越えると林道になるので楽に走破できます

途中で百井峠を越えると林道になるので楽に走破できます

百井地区へ入りました!

百井地区へ入りました!

さて、国道477号の難所は「百井別れ~百井峠」の1.6km 区間だけで、それを抜けると百井集落へと入ります。

百井集落

百井集落

長閑な集落ですね(百井集落)

長閑な集落ですね(百井集落)

この百井集落で地元の方に「おすすめスポット」を聞いたのですが・・・・

水と空気はキレイだけど何もない

と話してくれました(笑)

水と空気はキレイだけど何もない百井集落

水と空気はキレイだけど何もない百井集落

ということで、今回は国道477号「百井別れ~百井峠ルート」を走ってきました。

4月以降であれば日曜日だけ営業しているカフェ「いっぷく」さんが営業しているので休んでいくと良いでしょう。

今年は暖冬なので雪はありませんが、例年であれば降雪が多い地域なので、走破するなら「夏」がオススメです。

理由は冬は立ち寄るところがないからです!

ちゃちゃ入れマンデー 2020年3月17日 予告


ちゃちゃ入れマンデー 2020年3月17日 予告は以下の通りです。

関西に存在する「おそらく日本一○○な道」を、当番組でもすっかりおなじみ、東進ハイスクールの名物講師にして大の“地理マニア”村瀬哲史先生がリポートする。やって来たのは、うっそうとした木々に覆われた京都市右京区の山中。ここには三重と大阪を結ぶ国道477号が走っているが、ドライバーたちを悩ませる“おそらく日本一○○”な難所スポットがあるという。「ここ来るの5回目なんです!」とハイテンションで山道を行く村瀬先生は、お目当ての難所を目の当たりにして記念写真を撮り始めるなど大はしゃぎ!地理好きなら興奮せずにはいられないスポットらしいのだが。


「ちゃちゃ入れマンデー」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。