つくば石焼芋 @つくば市が『ドキュメント72時間』で紹介

茨城県つくば市の石焼き芋専門店「つくば石焼芋」さんが2021年1月22日放送の『ドキュメント72時間』で紹介されるそうです。茨城県はサツマイモの耕作面積・生産量ともに全国二位という大産地で、そこで栽培された「紅はるか」を専用窯で焼いて販売しているお店です。

つくば石焼芋 @つくば市が『ドキュメント72時間』で紹介


つくば石焼芋 @つくば市が『ドキュメント72時間』で紹介

つくば石焼芋 @つくば市が『ドキュメント72時間』で紹介

2021年1月22日放送の『ドキュメント72時間』の舞台はサツマイモの産地である茨城県です。

そんな茨城県で冬の風物詩「焼きいも」を販売するお店「つくば石焼芋」さんが今回の72時間密着の舞台となっています。

つくば石焼芋では、焼き芋をじっくりと焼き上げ、蜜があふれ出た焼き芋を販売。ホクホクの焼きいもを目当てに多くの人がやってくるそうです。

茨城県はサツマイモの耕作面積・生産量ともに全国二位

茨城県はサツマイモの耕作面積・生産量ともに全国二位

茨城県はサツマイモの耕作面積・生産量ともに全国二位という大産地。

そこで栽培されたサツマイモ(紅はるか)を専門窯で焼き上げるというお店なんです。

石焼き芋は3時間かけてじっくりと焼き上げます。石焼き芋は焼くだけでなく蒸らさないと美味しい焼き芋にならないからです。

そんな石焼き芋は皮から蜜がしみだしてきて、ものすごく甘いと評判のお店です。

つくば石焼芋(茨城県つくば市)

では「つくば石焼芋(茨城県つくば市)」はどこにあるお店なのでしょうか?

つくば石焼芋があるのは茨城県つくば市の倉掛というところです。

都内からだと「つくばエクスプレス」で秋葉原駅から45分という立地、つくば駅で下車して徒歩30分という長閑な田園地帯にある石焼き芋専門店。

甘くてとろける焼き芋が自慢で、石焼き芋は冷凍品も販売されているのでお持ち帰りにも向いています。

値段は100gで180円程度(1kgで1800円程度)、関東地方の旅番組などでも度々取り上げられる有名店でもあります。また店主の松本義男さんの人柄もお客さんを引き付けるお店なんだそうです。

毎年、この冬の時期になると(11月~3月)無休で営業しており、全国からファンが訪れます。

最近はTwitterから注文可能になり、全国発送もしているそうなので遠く方でも「つくば石焼芋」の焼き芋を購入できるようになりました。

〒305-0024 茨城県つくば市倉掛889−1(地図
営業時間:11時~19時(売り切れ終了)
定休日:水曜日(11月~3月は無休)
駐車場:6台

ドキュメント72時間 2021年1月22日 予告


ドキュメント72時間 2021年1月22日 予告は以下の通りです。

冬の風物詩・焼きいも。サツマイモの産地・茨城にある昔ながらの焼きいも店が舞台。訪れる人たちは、ホクホクのぬくもりの先に何を求めているのか。3日間、耳を傾ける。
冬の風物詩・焼きいも。サツマイモの産地・茨城にある昔ながらの焼きいも店が舞台。じっくりと焼き上げ、蜜があふれ出た、ホクホクの焼きいもを目当てに多くの人がやってくる。お歳暮のお返しに焼きいもを送る人。娘のやる気を高めるご褒美に買う母親。普通の暮らしが楽しいという新婚夫婦は、1つの焼きいもを仲良く分け合う。日常が大きく変わったこの冬、みんな、ぬくもりの先に何を求めているんだろう。3日間、耳を傾ける。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!