2019年1月18日オープン 菓子工房MOMO (京都市山科区、パティシエ・カフェ新店)

京都市山科区に人知れず営業する発見困難スイーツ(カフェ)店があります。お店の名前は「菓子工房MOMO」さん。2019年1月18日に新店オープン、第二の人生をスイーツに捧げたご夫婦がご自宅にスイーツ&カフェを建てて営業しているというケーキ屋さんです。

広告

2019年1月18日オープン 菓子工房MOMO


2019年1月18日オープン 菓子工房MOMO

2019年1月18日オープン 菓子工房MOMO

今回の「京都カフェブログ」は、京都市山科区にある発見困難カフェでパティシエの「菓子工房MOMO」さんの紹介です。

こちらのお店、山科の住宅地の細い道の途中にあり、なぜそこにお店があるのか一瞬よく分からない場所にある発見困難店です。

実はこちら、お仕事をリタイアされたご夫婦が第二の人生をケーキとコーヒーに捧げた人生の楽園」ネタにもなる菓子工房&カフェだったのです。

第二の人生をスイーツに捧げたご夫婦のお店です(菓子工房MOMO)

第二の人生をスイーツに捧げたご夫婦のお店です(菓子工房MOMO)

お菓子作りが得意な奥様は定年退職後に「スイーツ店を開業したい」と製菓学校に通います。

ご主人は、そんな奥様のお店で「コーヒーを飲んでもらいたい」とコーヒーアカデミーで修行、そしてご自宅の庭に「菓子工房MOMO」を2019年1月18日にオープンさせたのです。

ご自宅の庭にカフェを作ったご夫婦のお店です(菓子工房MOMO)

ご自宅の庭にカフェを作ったご夫婦のお店です(菓子工房MOMO)

住宅地の中にあるご自宅の庭にカフェを作ったので、普通では発見できない場所にあります。

お店の前は軽自動車一台分程度の細い道です

お店の前は軽自動車一台分程度の細い道です

そのため、私もこのお店を発見するのに随分と時間を要しました。

しかし、見つけた時にはアノ超発見困難店「Trip coffee」を見つけた時と同等もしくはそれ以上の喜びがありました。

菓子工房MOMO、いったいどんなお店なのでしょうか!?

菓子工房MOMO、いったいどんなお店なのでしょうか!?

それでは、この「菓子工房MOMO」さんは、いったいどんなお店なのでしょうか!?

洋菓子店ですがイートインもあるようです

洋菓子店ですがイートインもあるようです

早速入ってみましょう!

菓子工房MOMO はこんなお店


かわいい店内で胸キュンです!(菓子工房MOMO)

かわいい店内で胸キュンです!(菓子工房MOMO)

こちらが「菓子工房MOMO」さんの店内です。

焼き菓子自家製ジャムケーキなどが並んでいて、どれも彩り豊かで可愛いデザインのものが多い洋菓子店です。

素材にこだわった身体に優しい季節の焼き菓子や作りたてのケーキをコンセプトにされていました。

ボトル入りクッキー

ボトル入りクッキー

焼き菓子は「ボトル入りクッキー」や、ワンコの足跡やクマさん顔をイメージしたもの。

スノーボールやショコラなどもあります

スノーボールやショコラなどもあります

スノーボールショコラなど、種類豊富ですが、お菓子は奥様が全部作っているそうです。

焼き菓子は150円~500円程度とお手軽です

焼き菓子は150円~500円程度とお手軽です

お値段もお気軽で、150円~500円程度で販売しています。

ケーキも彩り豊かな旬の食材を使っています

ケーキも彩り豊かな旬の食材を使っています

ケーキも400円程度のものがほとんど。

奥様は「作れる数に限りがあるので」とおっしゃってましたが、めちゃくちゃ種類も多いし、見た目もバッチリのケーキばかりです。

プリンやアップルパイなどもあります

プリンやアップルパイなどもあります

それも身体に優しいケーキで、添加物は極力使わないで、クリームも純生クリームを使用。

マーガリンやトランス脂肪酸の製品は使わずに北海道産バターを使っているのだそうです。

アップルパイやスコーンもあります

アップルパイやスコーンもあります

アップルパイは「長野産ブラムリー」を使った酸っぱいのと、「青森産つがる」を使った甘いものの2種類がありました。

いちじくは「福岡産とよひめ」に、イチゴは「長野産すずあかね」、さらにシャインマスカットは岡山産とフルーツの産地選びにもこだわりがあります。

イートインでドリンクと一緒にケーキをいただきます!

イートインでドリンクと一緒にケーキをいただきます!

ということで、優しいご夫婦と話しながらイートインでドリンクと一緒にケーキをいただきたいと思います。

菓子工房MOMO のケーキが絶品!


酸っぱいアップルパイと紫イモのモンブランです

酸っぱいアップルパイと紫イモのモンブランです

今回は「紫いものモンブランタルト(400円)」と青りんご(ブラムリー)を使った「アップルパイ(300円)」をチョイス!

紫いものモンブランタルトが美味しい

紫いものモンブランタルトが美味しい

紫いものモンブランタルトは、お芋の甘さとコクがそのまま伝わってくる逸品です。

身体に優しい甘さですが、食材そのものの甘さを活かしたケーキになっています。

スッパスッパのアップルパイ

スッパスッパのアップルパイ

私はアップルパイは酸っぱいのをいつも食べるのですが、こちらの青りんご(ブラムリー)を使ったアップルパイはスッパスッパの美味しいアップルパイです!

余計な甘味は使っていないので、ブラムリーの味わいがダイレクトに伝わってきます。

ご主人のコーヒーも美味しい!

ご主人のコーヒーも美味しい!

そして・・・・ご主人が淹れてくれるコーヒーは、実は・・・・

こちらも桂にある超発見困難な自家焙煎カフェの焙煎豆を使っているんです。

このカフェも実は虎視眈々と訪問を狙っていたカフェなのですが、今回「菓子工房MOMO」さんで飲むことができた上に美味しかったので、すぐに行ってレビューしたいと思います!

※コーヒーはブレンドが400円、キリマンジャロなどが450円、ケーキなどとセットにすると100円引きとなります。

菓子工房MOMO 営業情報


菓子工房MOMO(店舗外観写真)

菓子工房MOMO(店舗外観写真)

ということで、この山科にある「菓子工房MOMO」さん、いったいどれだけ分かりづらい場所にあるのでしょうか。

住所でいえば「京都府京都市山科区日ノ岡鴨土町」というところで、地下鉄「御陵駅(みささぎえき)」から徒歩3分くらいのところです。

営業時間は「11時~18時」で、営業日は「木曜日~土曜日」の週3日営業です。

御陵駅の来山軒の脇道を南へ

御陵駅の来山軒の脇道を南へ

行き方としては「御陵駅」のところにある中華料理店「来山軒」さんの脇の細い道を南へ行きます。

ちなみに大通りは三条通です。

細い道の3筋目を右折

細い道の3筋目を右折

三条通から細い道に入ると、さらに細い道がいくつかあるのですが、3筋目を右折です。

道なり、行き止まりかと思ったら右折

道なり、行き止まりかと思ったら右折

そのまま道なりで進んでいくと、行き止まりに見えるところに出るのですが、そこを右です。

この坂道の先はかなり細い道になりますが、25メートルほそ先の右側に「菓子工房MOMO」さんがあるので安心してください。

なお、駐車場は1台分ありますが、道が細いので地下鉄で行くのがオススメです。

京都府京都市山科区日ノ岡鴨土町10-1
営業時間:11時~18時
定休日:日曜日~水曜日
公式サイト:https://kashikobo-momo.com/
公式Instagram:https://www.instagram.com/kashikobomomo/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西の・スイーツ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。