京都のお店 skirt(スカート)とculotte(キュロット)ケーキレビュー

今回の「京都スイーツ」は京都市中京区にある焼き菓子店「skirt(スカート)」さんへ行って来ました。レストラン&スイーツ店である「culotte(キュロット)」さんが休みの日にだけ営業しており、月に1日だけの営業日に焼き菓子を販売しています。看板もほぼなく、発見困難店ですが、販売日には行列ができるお店です。

広告

京都のお店 skirt(スカート)とculotte(キュロット)ってなに?


油小路竹屋町で月に一度できる行列の店はなんてお店?

油小路竹屋町で月に一度できる行列の店はなんてお店?

月に一度、京都の油小路竹屋町に行列ができるお店があります。

それが「skirt(スカート)」さん。

行列ができていたのは焼き菓子のお店「skirt(スカート)」さん

行列ができていたのは焼き菓子のお店「skirt(スカート)」さん

営業日が月に1度だけのケーキ屋さんで、焼き菓子などを販売しているお店です。

シュークリーム250円、マドレーヌ300円

シュークリーム250円、マドレーヌ300円

焼き菓子は「シュークリーム(250円)」や「マドレーヌ(300円)」など。

シンプルで素朴な見た目ですが、良質の材料を丁寧な作業で調理されてるのが感じられるものばかりです。

skirt(スカート)さんのシュークリーム

skirt(スカート)さんのシュークリーム

シュークリームはソフトな皮だけど、噛むと歯ごたえが少しあってサクッとした絶妙な食感に、甘めのホイップクリームが入っています。

結構甘いのですが、上品な甘さなのでパクパク食べちゃいました。

skirt(スカート)さんのマドレーヌ

skirt(スカート)さんのマドレーヌ

マドレーヌはキレイな焼き目にホロッとした食感。

甘さは少しライトに仕上げてあるので優しい味わいなのがいい感じです。

お隣は姉妹店でレストランの「culotte(キュロット)」さん

お隣は姉妹店でレストランの「culotte(キュロット)」さん

すぐ隣りには見た感じ同じような建物ですが、レストランになっています。

お店の名前は「culotte(キュロット)」さん。

レストランというか定食屋さんなのですが、スイーツもあります。

ちなみに、土日祝はお休みです。

京都の焼き菓子店「skirt(スカート)」営業情報


京都の焼き菓子店「skirt(スカート)」

京都の焼き菓子店「skirt(スカート)」

京都の焼き菓子店「skirt(スカート)」さんがあるのは京都市中京区で「油小路竹屋町」です。

ネット地図には登録されていないのですが、住所は「京都市中京区橋本町467-2」になります。

営業日は月に1日もしくは2日、何日に営業するかはわからないので公式サイトの営業日告知をチェックしていないと分かりません。

京都市中京区橋本町467-2
営業時間:10時~15時
公式サイト:https://culotteskirt.com/#skirt

京都の定食&スイーツ店「culotte(キュロット)」営業情報


京都の定食&スイーツ店「culotte(キュロット)」

京都の定食&スイーツ店「culotte(キュロット)」

京都の定食&スイーツ店「culotte(キュロット)」さんがあるのも京都市中京区で「油小路竹屋町」で、先ほどの「skirt(スカート)」さんとは隣同士です。

経営は両店とも同じですが、「culotte(キュロット)」さんは平日のみ営業となります。

住所は「京都市中京区橋本町467-1」です。

京都市中京区橋本町467-2
営業時間:12時~14時30分(L.O.)、17時~20時(L.O.)
公式サイト:https://culotteskirt.com/#culotte

SNSの口コミや評判(感想)


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西の・スイーツ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。