メゾン ド フルージュ 苺のミルフィーユ@京都・烏丸御池 実食レビュー!『セブンルール』でも紹介

京都・烏丸御池にある「苺のお菓子専門店 メゾン・ド・フルージュ(MAISON DE FROUGE)」さんが、2018年4月17日放送の『セブンルール』で紹介されることになっています。『セブンルール』では主に女性オーナーの飲食店などを紹介することが多く、関西の店舗もよく紹介されるので見ています。今回は地元の京都で超有名なスイーツの紹介ということもあり放送が楽しみです。

では、この苺のお菓子専門店「メゾン ド フルージュ」さんとはどのようなお店なのでしょうか。

広告

京都・烏丸「メゾン ド フルージュ」渡部美佳さんがテレビ『セブンルール』で紹介


京都・烏丸「メゾン ド フルージュ」が2018年4月17日放送の『セブンルール』で紹介されます

京都・烏丸「メゾン ド フルージュ」が2018年4月17日放送の『セブンルール』で紹介されます

京都・烏丸にある有名な苺専門の洋菓子店メゾン ド フルージュ」のオーナー渡部美佳さんが、2018年4月17日放送の『セブンルール』で紹介されるそうです。

渡部美佳さんが出会った美味しい苺のみを使ったケーキなどの洋菓子だけが並ぶお店で、テイクアウトとカフェが併設されています。

美味しい苺というのは「完熟苺」のことで、品質の良い美味しい苺を生産される農家さんから「一番おいしい完熟」の状態で仕入れてケーキに仕上げています。

もちろん「減農薬、有機肥料」で栽培された苺で、洗わずに食べられる安心・安全な苺です。

そういったコダワリが支持を受けて、京都でも部類の行列店になったわけですが、ケーキの見た目も美しいことから「インスタ映えするケーキ」として紹介されることもあります。

インスタ映えするケーキ「苺のミルフィーユ」

インスタ映えするケーキ「苺のミルフィーユ」

この「メゾン ド フルージュ」さんは、あまりにも有名で雑誌やネットメディアでも散々紹介されていることもあってか、若い女性が店頭に並んでいるのを見かけます。

すべてのケーキが苺のケーキなのですが、特にインスタ映えするのが「イチゴのミルフィーユ」です。

これ、昼過ぎには売り切れることがある人気のケーキということで、これを食べるために行列が出来ているとも言えますが、この「苺のミルフィーユ」とはどのようなケーキなのでしょうか。

メゾン ド フルージュ 行列と混雑状況


メゾン ド フルージュ、平日の11時オープン(10分前)で7名ほどの行列

メゾン ド フルージュ、平日の11時オープン(10分前)で7名ほどの行列

ということで、早速「メゾン ド フルージュ」さんへ行って来ました。

到着はオープンの10分前(10時50分)頃なのですが、すでに若い女性だけ7名ほどの行列が出来ていました。

でも、これでもギリギリの到着だと考えておくべきでしょう。

なぜかというと、テイクアウトなら問題はないのですが、併設のカフェで食べていく場合は7名で満席になる可能性があるからです。

メゾン ド フルージュさんは、開店10名以内でなければ待ち時間が長くなります

メゾン ド フルージュさんは、開店10名以内でなければ待ち時間が長くなります

テイクアウトだけのお客さんも多いので、正確には言い切れませんが、「メゾン ド フルージュ」さんの店内カフェで食べていく場合は、座席数の関係でオープン前行列の10名以内には並んでおく方が良いようです。

平日なら15分前くらいに並んでいれば、一巡目でカフェ席に座れますが、テレビで紹介されるなどすると30分前には並ぶ必要があるかもしれません。

というのも、この「メゾン ド フルージュ」さんの店内には「2名席x23名席x14名席x1」という構成で最大11名しか食べることができないからです。

訪問した日は、10番目に並んだ方まででカフェ席は満席となっていました。

メゾン ド フルージュ 店内の様子


メゾン ド フルージュ 店内は一般的なケーキ屋さんに小さいカフェが併設されています

メゾン ド フルージュ 店内は一般的なケーキ屋さんに小さいカフェが併設されています

この「メゾン ド フルージュ」さんですが、一般的なケーキ店と同じくらいの広さのお店です。

入店すると目の前にショーケースがあって、そこに8種類のケーキと10種類以上の焼き菓子や和菓子が並んでいました。

左側にテーブル席があって、カフェ利用の場合でもショーケースから選んでケーキとドリンクを購入してから座席に座るという流れになっていました。

苺のケーキは「ティラミスタルト、フロマージュタルト、ムース、ロールケーキ、チーズケーキ、ミルフィーユ、タルト」など種類豊富

苺のケーキは「ティラミスタルト、フロマージュタルト、ムース、ロールケーキ、チーズケーキ、ミルフィーユ、タルト」など種類豊富

ケーキは「ティラミスタルトフロマージュタルトムースロールケーキチーズケーキミルフィーユタルト」和菓子は「大福」、焼き菓子は「バターサンドモナカマカロンクグロフパウンドケーキ」がありました。

また、ジャムもあって、こちらは苺の種類(古都華あすかルビーやよいひめさちのか紅ほっぺ)で5種類ほどあります。

いずれも苺をふんだんに使ったケーキばかりで、女子ウケしそうなスイーツばかりです。

苺のジャムも品種で違うコダワリです

苺のジャムも品種で違うコダワリです

メゾン ド フルージュ メニューと値段


メゾン ド フルージュ の苺ケーキの値段は600円~1000円程度

メゾン ド フルージュ の苺ケーキの値段は600円~1000円程度

こだわりの苺を使っていることもあるのですが、ケーキ単体の価格設定は普通より少しお高めになっています。

その分、かなりこだわった苺ケーキになっているので、テイクアウト客も一度に大量に買われて行く方が多く、また4000円~10000円ほど購入していく方もいて、ケーキ屋さんとしてはものすごい勢いで売れていきます。

結果、開店1時間ほどでショーケースから7割ほどの商品が売れていきました。

なお、看板商品の「苺のミルフィーユ」はひとり1個までの購入制限があります。

1000円近いケーキは売れ残っていました

1000円近いケーキは売れ残っていました

以下が「メゾン ド フルージュ」の苺ケーキの価格です。

ここまで全部書いている他のブログさんはありませんので、購入される方に役立つ情報だと思います(もし書いていれば、この記事を参考にしているはずです)。

・苺のティラミスタルト 1188円(宮崎県産さちのか使用)
・苺とルバーブのフロマージュタルト 681円
・苺とベリーのムース 681円(京都府産おいCベリー使用)
・苺のロールケーキ 648円(宮崎県産さちのか使用)
・苺のチーズケーキ 616円(京都府産おいCベリー使用)
・苺のミルフィーユ 670円(愛媛県産紅ほっぺ使用)
・苺のタルト 987円(京都府産おいCベリー使用)
・プレミアムショートケーキ 987円(長崎県産おいCベリー使用)
・桃薫大福 562円
・苺の大福 400円
・苺のバターサンド 249円
・苺とあずきのモナカ 281円
・苺のマカロン 356円
・苺と紅茶のクグロフ 1836円
・レモンとフランボワーズのパウンドケーキ 1382円
・苺ジャム 972円、864円、1080円
・木苺のマシュマロ 648円

※メニュー構成と値段は都度変わる可能性があります。

苺のミルフィーユ 実食レビュー


今回は看板商品でスグ売り切れる「苺のミルフィーユ」をチョイス

今回は看板商品でスグ売り切れる「苺のミルフィーユ」をチョイス

さて、今回は看板商品でスグ売り切れる「苺のミルフィーユ」を実食レビューします。

ちなみに、これは入店して出る頃には売り切れていました。

ドリンクが500円程度なので、合計で1620円(外税)です。

注文から出てくるまで10分以上かかりましたが苺のミルフィーユです

注文から出てくるまで10分以上かかりましたが苺のミルフィーユです

上の写真が「苺のミルフィーユホットコーヒー」ですが、右下にハサミが付いています。

これはミルフィーユを結んでいるリボンを切るためのものなのですが、このミルフィーユはものすごく柔らかいというか脆いので、リボンを切ってビニールを外すと・・・・

10秒くらいで倒れます(笑)

苺のミルフィーユはハサミで開封します

苺のミルフィーユはハサミで開封します

倒れる前に激写!のつもりが一瞬で倒れたので元に戻した状態

倒れる前に激写!のつもりが一瞬で倒れたので元に戻した状態

この「苺のミルフィーユ」ですが、中身は「木苺苺のムース苺の生クリームパイ生地薄い板チョコ苺ジャムカスタードっぽクリーム」などが重なって盛られています。

薄切り苺が挟んでありました

薄切り苺が挟んでありました

苺は愛媛県産紅ほっぺ(べにほっぺ)を使用

苺は愛媛県産紅ほっぺ(べにほっぺ)を使用

苺は甘いというよりも「甘酸っぱい」という表現が適しているでしょう。

苺らしい酸っぱさに、コクのある甘みがあり、生クリームやムースにジャムも「甘酸っぱい」味付けになっています。

というよりも、苺本来の味わいというべきでしょうか。

そこらへんのケーキ屋さんとは違って、ケーキ全体で苺の風味がするケーキになっており、なるほどこれは「行列になるよね」と納得の逸品でした。

メゾン ド フルージュ への行き方(アクセス方法)


京都のビジネス街、烏丸御池にある「メゾン ド フルージュ」

京都のビジネス街、烏丸御池にある「メゾン ド フルージュ」

さて「メゾン ド フルージュ」への行き方(アクセス方法)ですが、地下鉄・烏丸線「烏丸御池駅」から東へ2筋目「東洞院通」を南に200m下った所にあり、駅からも徒歩5分程度の立地です。

御池通沿いは縦に通る道に「看板で通り名が書かれている」ので、迷わないで行くことができると思います。

京都のビジネス街「烏丸」の中心部という「競合店が多い立地」で行列ができるというところがスゴイですよね。

なお、河原町などの観光エリアからは少し歩くのですが、苺を食べるなら「メゾン・ド・フルージュ」さんまで行く価値はあると思います。

駐車場は目の前にコインパーキング(30分250円~500円)があるのと、バイク駐輪場も北に「京都市御池地下駐車場地図)」があるので便利な立地です。

京都府京都市中京区三文字町201
営業時間:11時~19時
定休日:月曜日(祝日の場合は営業し翌日休み)
URL:http://ichigonoomise.com/

Twitterの口コミや感想

・ #メゾンドフルージュ さんの可愛すぎるミルフィーユ😍🎀.* ・ 添えられたハサミで、ちょきんとリボンを切っていただきます🙆 ・ 下の段にはカスタードクリームとスライスされた苺、板チョコで区切られた上の段には苺のクリーム、ラズベリーのクリーム、そしてホイップが😋💓 ・ トップにあしらわれたレッドペッパーがピリッとアクセントになり、ちょっぴり大人味☺💕 ・ ・ #kyoto #sweets #kyotosweets #cafe #kyotocafe #cafegram #maisondefrouge #strawberry #millefeuille #strawberrymillefeuille #京都 #スイーツ #京都スイーツ #京都スイーツ巡り #カフェ #京都カフェ #京都カフェ巡り #苺 #いちご #苺のミルフィーユ #いちごのミルフィーユ

micicoさん(@micico0621)がシェアした投稿 –

セブンルール 2018年4月17日 予告


セブンルール 2018年4月17日 予告は以下の通りです。

SNS映えで連日行列!30種類の完熟苺を使い分ける苺菓子専門店オーナーは元OL。「苺の本当の美味しさを伝えたい」と日夜奮闘。無いものは全部自分で作り出す生き方
◎7つのルールを手掛かりに輝く女性たちの素顔を映し出す新感覚ドキュメント。スタジオではYOU、オードリー若林正恭、俳優・青木崇高、芥川賞作家・本谷有希子の4人が予測不能な自然体トークを展開します。
●今回密着するのは、京都・烏丸の苺菓子専門店「メゾン・ド・フルージュ」オーナーの渡部美佳。
●ショートケーキ・タルト・大福・ミルフィーユなど、苺の魅力を最大限に生かしたスイーツが常時30種類。SNS映えするビジュアルとこだわり抜いた味が人気を呼び、連日行列のできる人気店に。
●友人に勧められた“一粒の苺”との出会いが、OLをしていた彼女の人生を変えた。お菓子に関しては全くの素人だったが、友人と苺菓子専門店のオープンを決意。
●当初は失敗続きで売り上げゼロの日も。10年目には友人が辞めて1人で経営を担うことに。苦難の連続でも、試行錯誤を重ね奮闘し続けた彼女の原動力とは?
●全国の苺農家を訪ね歩き、自治体の支援を受けて苺菓子の工房を運営。精力的に全国を飛び回る彼女の「苺への想い」をカメラが映し出す。
●お菓子の枠を越え、苺そのものの勉強を始めた彼女が今年始める新たな事業とは?そして彼女のセブンルールとは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。