京都・西陣には「じゃこ山椒 生キャラメル」というホワイトデーギフトがある

今回の「京都スイーツ」は、京都の生キャラメルを紹介したいと思います。もうすぐホワイトデーなので、お返しにキャラメルを考えている紳士の皆さんも多いことかと思います。そこで、京都のオススメなキャラメルじゃこ山椒 生キャラメル」を紹介します。

京都名産「じゃこ山椒」と「生キャラメル」が奇跡のカップリングです。

これで、あなたの恋も成就まちがいありませんね。

広告

京都の名産「じゃこ山椒」を使ったスイーツ


京都の名産品といえば「じゃこ山椒」

京都の名産品といえば「じゃこ山椒」

京都の町を歩いていると、京町家が立ち並ぶ細い道の途中で「とある名産品」を売っているお店があることに気がつくと思います。

その名産品とは「じゃこ山椒」です。

京都には、この「じゃこ山椒」を作って売っているお店が、かなりの数あって、ほんのちょっとした住宅が並んでいる通りにもお店があったりするのです。

だから、探せばあるんです・・・・

じゃこ山椒スイーツが!(え~)

「じゃこ山椒 生キャラメル」というホワイトデーギフト

「じゃこ山椒 生キャラメル」というホワイトデーギフト

まさかの組み合わせ「生キャラメル じゃこ山椒入り」

まさかの組み合わせ「生キャラメル じゃこ山椒入り」

京都を東から西への移動は「今出川通」を使うよりも(個人的好みで)「一条通」を使うことが多いのですが、その途中にある「京佃煮 千ひろ」さんで売っているのが・・・・

この「じゃこ山椒 生キャラメル」です。

3月14日の「ホワイトデー」に向けた「千ひろ」さん渾身の力作で、3月7日~14日までの期間限定商品です。

もちろん、気になりますよね?

じゃこ山椒 生キャラメル を買ってみました


じゃこ山椒 生キャラメル を売っているのは一条通の「京佃煮 千ひろ」さん

じゃこ山椒 生キャラメル を売っているのは一条通の「京佃煮 千ひろ」さん

ということで、この「じゃこ山椒 生キャラメル」を販売している京都市上京区の「一条通」沿いにある「京佃煮 千ひろ」さんに入ってみることにしました。

じゃこ山椒椎茸しぐれしいたけ昆布」などを扱っている地元の佃煮屋さんで、ショーウインドウなどもなく、よく知っているお得意客が「いつもの」みたいな感じで商品を買って行くようなお店です。

「京佃煮 千ひろ」は、京佃煮の専門店です

「京佃煮 千ひろ」は、京佃煮の専門店です

・じゃこ山椒
・椎茸しぐれ(要予約)
・しいたけ昆布
・黄金じゃこ

でも、最近は意欲的な商品も販売されています。

「生キャラメル じゃこ山椒入り」540円

「生キャラメル じゃこ山椒入り」540円

それが「生キャラメル じゃこ山椒入り」です。

いやはや、雑誌やネットでは紹介されていない裏道の知られざるお店にこそ意外な商品があったりするものです。

ということで、さっそく試食させてもらったのですが、これがまた意外な美味しさで「山椒香る塩キャラメル」とも言える商品だったのです。

写真では「要予約」となっていますが、聞いてみると「予約数より多く作ってあるのでお売りできますよ」とのことでしたので買って行くことにしました。

生キャラメル じゃこ山椒入り 実食レビュー


ということで早速購入「生キャラメル じゃこ山椒入り」

ということで早速購入「生キャラメル じゃこ山椒入り」

こちらが「生キャラメル じゃこ山椒入り」ですが、値段は大きい生キャラメルが7個入りで540円です。

生キャラメルじゃこ山椒」という組み合わせも意外ですが、味もまた意外性があります。

おじゃこ」には塩気があるわけですが、これが「生キャラメル」の甘さを引き立たせる味わいで、いわゆる「塩キャラメル」のような味わいになっているのです。

大きい生キャラメルが7個入っています

大きい生キャラメルが7個入っています

生キャラメルの上には「じゃこ山椒」が乗っています

生キャラメルの上には「じゃこ山椒」が乗っています

口に入れた瞬間は「塩味」がするのですが、その後に「山椒」のさわやかな柑橘感と一緒に「ピリリと辛い」というのが来て・・・・

魚介の旨味が口にひろがります(!)

まさに「未知との遭遇」的な味わいですが、これがまた「意外と合うよね」とか思ってしまう味わいになっていました。

京佃煮 千ひろ への行き方(アクセス方法)


京佃煮 千ひろ(一条通浄福寺西入ル)

京佃煮 千ひろ(一条通浄福寺西入ル)

さて、そんな「生キャラメル じゃこ山椒入り」を販売している「京佃煮 千ひろ」さんの場所ですが「一条通浄福寺西入ル」です。

堀川通から一条通を入って(一歩通行)、まっすぐ道沿いにお店があります。

駐車場が南西の所にあるので車でも行くことができますが、京都市バスだと「千本中立売 バス停」で降りるのが一番近いかと思います。

四条河原町からだと「201系統」のバス、JR京都駅からだと「206系統」で行くことができますよ。

京都府京都市上京区革堂之内町293
営業時間:10時~18時
定休日:日曜日、第三土曜日
URL:http://chihiro-jako.com/index.htm

京都謎の山椒愛がよく分かる記事一覧


今回の「京都案内」は、京都の「山椒文化」についてです。京都独特のグルメ文化といえば「山椒を使う料理」が多いという点なのですが、実はこれはまだあまり知られているとは言えません。そこで、京都で食べることができる山椒を使った食べ物やスイーツなどを紹介したいと思います。



外国人がワザワザ買いに来る京都の七味唐辛子が2018年6月16日放送『スゴ~イデスネ!!視察団』で紹介してもらえるそうです。七味唐辛子は全国にありますが、京都の七味は歴史があり、素材や調合にこだわったお店がたくさんあります。京都の町中には自分の好みを伝えれば調合してくれる七味屋さんも多くあるのです。



今回の「京都案内」は、ニッチな飲み物「山椒酒」についてです。山椒酒はホワイトリカーに山椒を漬け込んだ薬用酒のことですが、京都には「山椒酒」が飲めるお店が2店舗ほどあります。山椒酒をご存じない方も多いと思いますが、唇がヒリヒリするほど辛いお酒です。



京都の道の駅などで売られている「イタドリの山椒煮」を買いに京都・広河原まで行ってきました。イタドリの山椒煮は、野山に自生する山菜「イタドリ」を塩漬けにしたものを山椒の実で煮たものです。



今回の「京都案内」は、京都の方だったら身近な「粉山椒」の話です。京都って山椒文化で、山椒を使った食べ物が結構あります。「親子丼」には必ず粉山椒かかっています。今回は2017年の初物「粉山椒」を入手したので、マイ山椒を持っていろいろと食べてみました。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。