2020年4月7日オープン カレー料理の店 白川

京都の平安神宮すぐ近くに「カレー料理の店 白川」さんが移転オープンします。開業日は2020年4月7日で、ゼスト御池にある既存店は2020年3月25日で閉店となります。昔ながらのスパイシーなビーフカレーがおいしいお店で、移転しても人気店になりそうです。

2020年4月7日オープン カレー料理の店 白川


2020年4月7日オープン カレー料理の店 白川

2020年4月7日オープン カレー料理の店 白川

ゼスト御池のカレー店「カレー料理の店 白川」さんが、2020年3月25日で閉店することになっています。

といっても、2020年4月7日に移転オープン予定となっています。

店舗名は同じ「カレー料理の店 白川」のままで、カレーもこれまでのままです。

移転先は京都市左京区聖護院円頓美町

移転先は京都市左京区聖護院円頓美町

移転先は平安神宮の近くで、京都市左京区聖護院円頓美町です。

頓美は「えんとみ」って読みます。

平安神宮の西側の通り「桜馬場通り」沿いにあるテナントが移転先となっています。

このお店の雰囲気は?


カレー料理の店 白川、昭和のカレー屋さんという雰囲気(ゼスト御池店)

カレー料理の店 白川、昭和のカレー屋さんという雰囲気(ゼスト御池店)

上の写真は移転前の「ゼスト御池」にある店舗の写真ですが、昭和の雰囲気を感じるカレー屋さんです。

サラリーマンや主婦がランチにカレーを食べに来るお店で、カウンターはなくテーブル席のみの店内になっています。

移転先のテナントも元は古いカフェなので、似たような雰囲気になると思われました。

このお店のメニューは?


カレーの種類はビーフとチキンが基本です

カレーの種類はビーフとチキンが基本です

では「カレー料理の店 白川」さんではどんなカレーを食べることができるのでしょうか。

カレーの種類はビーフとチキンが基本です。

それにトンカツやチキンカツなどをトッピングできるようになっており、他にもチーズオムレツカレーもあります。

値段は900円~1100円程度、ランチにしては値段はしますが、ビーフカレーにはお肉がたくさん入っています。

ビーフカレー(900円)

ビーフカレー(900円)

カレーは果物や玉ねぎなども使っているのでしょうか、フルーティーな味わいに、スパイスがピリリと効いたものです。

甘口・中辛・辛口を選べ、今回は中辛にしてあります。

フルーティーな味わいのカレー、牛肉がたくさん入っています

フルーティーな味わいのカレー、牛肉がたくさん入っています

牛肉がたくさん入っていて、赤身で歯ごたえがありました。

ボリュームもあり、ルーの量とライスの量がちょうど良いのは、さすがカレー専門店です。

おいしい懐かし洋食の味わいがするカレー、2020年4月7日からは平安神宮のすぐ近くで食べられるようになります。

このお店への行き方や営業時間は?


カレー料理の店 白川(新店舗)

カレー料理の店 白川(新店舗)

では、2020年4月7日に新店オープンする「カレー料理の店 白川(新店舗)」さんの場所はどこなのでしょうか?

前述のように平安神宮の西側の通り「桜馬場通り」沿いのマンション一階です。

駐車場が3台分あり、自家用車でも行くことができます。

営業時間は、これまで通りなら「11時~21時30分」です。

〒606-8323 京都府京都市左京区聖護院円頓美町47−5
営業時間:11時~21時30分
定休日:

このお店の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。