PIZZERIA LUGARÁ @京都・嵐山「イケメンのイタリア人が焼くピザ屋」2018年8月13日新店オープン

PIZZERIA LUGARÁ(ピッツェリア ルガラ)が嵐山に新店オープンします。開業日は2018年8月8日イタリア人のイケメンがピザを焼くお店とのことで期待が高まるピザ屋さんです。

ピザの値段はマルゲリータが1300円から、パンツェロッティが800円からとなっています。

広告

PIZZERIA LUGARÁ(ピッツェリア ルガラ)が嵐山に新店オープン


嵐山に新しいピザ屋さん「PIZZERIA LUGARÁ」が開店予定です

嵐山に新しいピザ屋さん「PIZZERIA LUGARÁ」が開店予定です

京都の嵐山を散策していたところ、JR山陰本線の踏切北側に新しいピザ屋さんが開店準備をしていました。

リーク元は、先日歩いていたら車に20メートルほどふっとばされたイガッチ情報です。

お店の名前は「PIZZERIA LUGARÁ」と書かれており、2018年6月頃に開業すると告知する貼紙がありました(2018年8月13日新店オープンしました)。

読みは「ピッツェリア ルガラ」、ピザ屋さんであるのは間違いなさそうです。

貼紙にも、ピザの生地に具材を包んだ「持って食べられるピザ」の写真が掲載されていましたが、見た目は「タコス」そっくりです。

店名は「PIZZERIA LUGARÁ(ピッツェリア ルガラ)」というそうです

店名は「PIZZERIA LUGARÁ(ピッツェリア ルガラ)」というそうです

こちらのテナントは、オレンジにストローをさしたオレンジジュースを売るお店が、これまで入っていました。

そちらが閉業されて新しいピザ店が新店オープンするということです。

まだ、内装を工事している段階のようで、商品や材料などの搬入などまだ先のようです。

PIZZERIA LUGARÁ @嵐山が2018年8月13日に新店オープン


PIZZERIA LUGARÁさん、2018年8月13日に開業されていました

PIZZERIA LUGARÁさん、2018年8月13日に開業されていました

さて、この「PIZZERIA LUGARÁ」さんですが、2018年8月13日に新店オープンということになりました。

当初の6月開店から二ヶ月遅れだったのですが、2018年8月13日に開店されていたので、お店の方にお話を聞いたら「本日開店」とのことでした。

ピザの値段はマルゲリータが1300円から、パンツェロッティが800円からとなっています。

男前イタリア人がつくるピザということで写真がチラシに掲載されており、お店でこのイケメンを実際に見ましたが、相当なイケメンでした。

PIZZERIA LUGARÁ(ピザーラ ルーガー)アクセス方法


PIZZERIA LUGARÁ(ピザーラ ルーガー)外観

PIZZERIA LUGARÁ(ピザーラ ルーガー)外観

さて、現時点では情報が少なく、公式サイトもないようですが、場所は確認済です。

PIZZERIA LUGARÁ(ピッツェリア ルガラ)さんがあるのは、嵐山のメインストリートを北へ、「京都嵐山オルゴール博物館」の北側にあるJR山陰本線の踏切を渡ってすぐ右側です。

外国人観光客は踏切までは渡らずに「手作り工房 京豆庵」さんの横道から「野宮神社」まで行くので、ここまではなかなか観光客は来ない立地ですが、イケメンに会いたい方はぜひどうぞ。

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町18−25(地図
営業時間:10時~18時
定休日:


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。