鉄道ジオラマで電車が走る店「相生食堂」@京都・円町 ラーメン実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都・千本出水にある鉄道ジオラマで電車が走る店「相生食堂」さんに行ってきました。他のサイトだと「円町」エリアのお店と紹介されていますが、西陣京極に近い場所にあります。

今回は全長6メートルの巨大な鉄道ジオラマを見ながら実食レビューします。

広告

電車が走る店 相生食堂 @円町


電車が走る店「相生食堂」

電車が走る店「相生食堂」

今回の「京都ラーメンブログ」は、店内に鉄道ジオラマがあるお店「相生食堂」さんへ行ってきました。

相生食堂」さんは京都のJR山陰本線「円町駅」から千本出水に向かうとある麺類一式のお店で「麺類・丼もの・定食」の種類が豊富なお店です。

今回は、実際に京都の千本出水まで行って「相生食堂」さんで、ジオラマを眺めながらラーメン(中華そば)を食べてきましたので実食レビューします。

相生食堂の鉄道ジオラマ


相生食堂の鉄道ジオラマ

相生食堂の鉄道ジオラマ

こちらの京都・円町(千本出水)にある「相生食堂」さんのオーナー・増田健次郎様は鉄道が大好きで、お店の中に鉄道ジオラマを展示しています。

京都では初めて鉄道ジオラマを設置したお店とのことで、今でも季節に応じてジオラマの内容が変わっています。

今はちょうどということで「但馬の芝桜」や「田植え直後の水田」などがジオラマになっていました。

ジオラマ近影

ジオラマ近影

全長:6メートル
レール総延長:25メートルヤード含む
車両総数:750両
最大全幅:0.9メートル
製作期間:平成9年6月~平成22年10月

相生食堂 @円町 ラーメン実食レビュー


ランチのサービスセット 700円

ランチのサービスセット 700円

今回は「サービスセット 700円」を食べてみました。

ラーメンにミニかつ丼のセットになっています。

京都風中華そばとは少し違います

京都風中華そばとは少し違います

中華そばは、比較的アッサリした辛みも控えめな味わいになっていました。

京都の中華そばといえば、コショウが有無を言わせずたっぷり入って、七味の辛さとか、コクのあるスープが特徴ですが、こちらの中華そばはライトな風味のものです。

トッピングは「チャーシューもやし青ネギ海苔」となっていました。

かつ丼は汁が多めで、みりんの甘味のあるタイプ

かつ丼は汁が多めで、みりんの甘味のあるタイプ

かつ丼はよくある甘めのスープがよく入っているものです。お肉は少な目のミニ丼になっています。

ラーメンもかつ丼も、そつなく美味しくいただくことができました。

メニュー

メニュー

うどんは500円からとリーズナブルですが、定食類は900円~1150円ほどします。

うどん類は京都らしいのは「しっぽくけいらん」そして「きつねたぬき」と「甘ぎつね」です。

「きつね」は刻み油揚げのうどんで、「たぬき」は刻み油揚げの餡かけのことです。

普通の「きつね」が食べたい場合は「甘ぎつね」を頼む必要があります。

相生食堂 @円町 基本情報


相生食堂 @円町 外観

相生食堂 @円町 外観

さて、鉄道ジオラマで電車が走る店「相生食堂」への行き方ですが、要するに千本通沿いの「千本出水」という場所にあります。

最寄駅はJR山陰本線「円町駅」ではありますが、エリアとしてはもう円町ではなく、駅からは遠いです。

むしろ、場所的には「西陣」という方が分かりやすいでしょう。

千本通の「西陣京極」という元繁華街の近くで、飲食店やスーパーなどが多い商店街にあります。

入りやすい雰囲気のお店です

入りやすい雰囲気のお店です

鉄道好きの方なら、なお楽しめるお店だと思います。

鉄道写真も飾られているので、近くに行った際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

京都府京都市上京区尼ケ崎横町350
営業時間:11時~15時、17時~20:30
定休日:木曜


今回の「京都案内」は、とかく分かりづらい京都の一風変わった「うどん」メニューのお話です。京都では「きつね」は甘くないし、「たぬき」は刻み油揚げの餡かけだったりします。また「衣笠(きぬがさ)」とか「しっぽくのっぺい」に「花まき」など聞きなれないメニューがあります。



京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。