マルシン飯店 @京都で一番評価の「マルシン飯店」実食レビュー

京都の老舗で庶民的な中華料理屋さんである「マルシン飯店」に行ってきました。普段はそんなに混んでいませんが、マルシン飯店さんは「京都一番」と評価のあるお店です。今回はこのマルシン飯店さんでにんにくの餃子激盛りチャーハンを食べてきましたので実食レビューします。

では、マルシン飯店さんとはどこにあるどんなお店なのでしょうか。

広告

京都で評判の良い中華料理店「マルシン飯店」さんへ行ってきました


京都でも評判の良い中華料理店「マルシン飯店」

京都でも評判の良い中華料理店「マルシン飯店」

京都にある「マルシン飯店」さんの評判は、地元では「京都最強」とも言われています。

表通りのショーウィンドウにはたくさんのメニューが並んでいますが、価格は安く量も多いというお店です。

このあたりは「岡崎エリア」という京都でも少し高級な住宅なども多い場所ですが、その中でも比較的庶民的なお店だと思います。

マルシン飯店はメニューも豊富です

マルシン飯店はメニューも豊富です

マルシン飯店はメニューも豊富です。

ラーメンチャーハン餃子からエビチリといった一品料理まで揃っていますので、家族連れから一人までどんなお客さんでも安心して入れるお店です。

それでいてお安いのでお得なお店といえそうです。

マルシン飯店でチャーハン・餃子を実食レビュー


京都「マルシン飯店」メニュー

京都「マルシン飯店」メニュー

京都「マルシン飯店」のメニューです。

麺料理点心ご飯料理冷菜漬物牛肉料理豚肉料理鶏肉料理羊肉料理海鮮料理スープ」となんでもありそうなお店です。

トンカツまでありますので、普通の定食屋みたいな使い方もできますね。

ラーメン 650円
ギョーザ 350円
チャーハン 650円

たくさんあるので、ラーメンなどの一般メニューだけ掲載しますが、価格帯は普通より少し安い感じです。

餃子は京都では高い値段に感じるのは、京都では餃子は200円台のお店が多いからです。

さて、今回は「チャーハン大盛り(650円+200円)と餃子(350円)」を注文してみました。

大盛りチャーハンは普通の2倍の量


マルシン飯店の大盛チャーハン

マルシン飯店の大盛チャーハン

マルシン飯店の大盛チャーハンです。

写真だと小さく見えるかもしれませんが、普通のチャーハンが2倍量になったくらいの量がありました。

もちろん、中華スープ付きです。

味も良くて、お高い中華飯店の本格チャーハンの味がする自分好みの味付けでした。

さすが、「京都最強」と言われるだけあります。

と言いたいところですが、料理屋なら、これくらいの味付けは普通に出してもらいたいので、よほどおいしいチャーハンが京都にはないということです。京都ってチャーハンではなく「焼きめし」という醤油味のものが多いので、こういう普通のチャーハンは少ないのです。

マルシン飯店の餃子 実食レビュー


マルシン飯店の餃子、にんにくが効いてます

マルシン飯店の餃子、にんにくが効いてます

しばらくして来たのが「餃子」です。

味はあまりしないタイプで、油っぽいのがかなり気になりました。

また、ニンニクがかなり使われているので「京中華」とはまったく正反対の餃子になっていました。

チャーハンが美味しかったのに餃子はややイマイチという結果となりました。

マルシン飯店 行き方

マルシン飯店さんがある場所は、東山区というエリアなのですが、ほぼ岡崎エリアで平安神宮やロームシアター京都からも歩いて行けそうな所にあります。

駅からも近く、地下鉄東西線「東山駅」から徒歩2分くらいで便利です。

三条駅からも歩いて行けますが、京都の繁華街から電車で一駅なので、京都観光の途中でも立ち寄ることができそうです。

京都府京都市東山区南西海子町431−3
営業時間:11時~18時
定休日:火曜日


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。