2019年7月3日オープン 麺匠 眞 (shin、滋賀県大津市、ラーメン新店)

今回の「京都ラーメン速報」は番外編として滋賀県大津市の「麺匠 眞(めんしょうしん)」さんの煮干しラーメンを取り上げます。こちら、実は京都府庁前にあった「拉麺 さわら木」の移転先なんです。京都府庁前から滋賀県庁前に移転ということになります。

広告

2019年7月3日オープン 麺匠 眞 (めんしょうしん)


2019年7月3日オープン 麺匠 眞 (shin)

2019年7月3日オープン 麺匠 眞 (shin)

今回の「京都ラーメン速報」は番外編の滋賀県編です。でも、ちょっとは京都も関係があります。

というのも、今回紹介するラーメン店は京都発祥のラーメン店なんです。

お店の名前は「麺匠 眞(めんしょうしん)」さん、2010年~2018年8月まで京都府庁前で営業していた「拉麺 さわら木」のことです。

滋賀県に移転する直前の2018年9月8日に「らーめん三条」として三条食彩ろぉじ堺町の道に移転も、そこは2019年5月末で閉店。

そして、2019年7月3日に滋賀県大津市へと移転して開業したのが「麺匠 眞(めんしょうしん)」というラーメン店です。

2010年~2018年8月 拉麺 さわら木
2018年9月8日~2019年5月末 らーめん三条
2019年7月3日~ 麺匠 眞(めんしょうしん)

麺匠 眞 (めんしょうしん)店内の様子


場所は滋賀県庁のすぐ近くです(麺匠 眞)

場所は滋賀県庁のすぐ近くです(麺匠 眞)

場所は滋賀県庁のすぐ近くで、松本一丁目というところです。

入口はビニールシートで仕切られており玄関はありません。

店内はカウンター7席ほどのこじんまりとしたお店です。

店内はカウンター7席ほど

店内はカウンター7席ほど

当然ですが、店内には「拉麺 さわら木」のオーナーがいてニコニコと接客されていました。

麺匠 眞 (めんしょうしん)実食レビュー


今回は「煮干しラーメン」をいただきました

今回は「煮干しラーメン」をいただきました

今回は今回は「煮干しラーメン」をいただきました。

今のところ、ひとりで営業しているのでメニューは「煮干し拉麺檸檬拉麺担々麺冷麺」のみ、昼のみ営業ということでした。

ということで「煮干し拉麺(780円)」をチョイスしました。

スープは煮干し香る食べやすいラーメン

スープは煮干し香る食べやすいラーメン

前は鶏白湯を食べましたが、今回のスープは煮干し香る食べやすいラーメンです。

突出した特徴はないのですが、美味しいラーメンだと思います。

麺は棣鄂(ていがく)だと思いますが確認しませんでした

麺は棣鄂(ていがく)だと思いますが確認しませんでした

は棣鄂(ていがく)だと思いますが確認しませんでした。

見た目はとてもシンプルなラーメンですが、スープにはこだわりを感じるラーメンです。

近くにラーメン店は「ラーメン モリン」くらいで、昼時は滋賀県庁の職員さんなどで少し行列ができるそうです。

訪問するなら13時以降がお薦めです。

麺匠 眞 (めんしょうしん)メニューと値段


メニューと値段(麺匠 眞)

メニューと値段(麺匠 眞)

メニューは前述のように、人手が足りないので「煮干し拉麺檸檬拉麺担々麺冷麺」のみですが、鶏白湯拉麺も余裕ができたら始めるそうです。

以前は煮干しラーメンが800円だったので20円安くなっていました(鶏白湯は同じ値段、担々麺は30円アップ)。

なお、普通の醤油ラーメン700円はメニューからなくなっています。

煮干拉麺 780円
鶏白湯拉麺 850円
檸檬拉麺 850円(数量限定)
担々麺 880円
冷麺 900円(夏季限定)
冷やし担々麺 980円(夏季限定)

麺匠 眞 (めんしょうしん)営業時間とアクセス方法


滋賀県庁の近く松本一丁目交差点にある「麺匠 眞 (めんしょうしん)」

滋賀県庁の近く松本一丁目交差点にある「麺匠 眞 (めんしょうしん)」

では「麺匠 眞 (めんしょうしん)」さんの営業時間とアクセス方法についてです。

営業時間は「11時30分~14時30分、17時~20時」なのですが、ひとり営業なのでオープンから昼営業のみとなっています。

確認したら「今日くらい(2019年7月17日)から夜もしようかな」という感じだったので、夜営業については当地で確認してください。

場所はJR琵琶湖線「大津駅」もしくは京阪石山坂本線「石場駅」から徒歩5分くらいです。

滋賀県庁の前の道を東へ行った松本一丁目交差点のところにお店があります。

滋賀県大津市松本1丁目4−2
営業時間:11時30分~14時30分、17時~20時
定休日:土曜日
広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。