2020年6月20日オープン ベトキッチンアンコムニク(マーガリン焼肉)

2020年6月20日オープン「ベトキッチンアンコムニク(Beto Kitchen An Com 29)」へ行って来ました。ベトナム流焼肉のお店で、西大路七条にあるベトナム料理店の2号店です。京都初のマーガリン焼肉もあるそうです。

2020年6月20日オープン ベトキッチンアンコムニク(Beto Kitchen An Com 29)


2020年6月20日オープン ベトキッチンアンコムニク(Beto Kitchen An Com 29)

2020年6月20日オープン ベトキッチンアンコムニク(Beto Kitchen An Com 29)

京都の壬生エリアにベトナム料理のお店「ベトキッチンアンコムニク(Beto Kitchen An Com 29)」が新店オープンです。

ベトナム焼肉がメイン、お肉は黒毛和牛を使っているそうです。

他にもベトナムのご当地料理がたくさんありました。

マーガリン焼肉があるらしい

マーガリン焼肉があるらしい

また、京都初「マーガリン焼肉」が食べられる唯一のお店だそうです。

これ、焼肉を注文するときにマーガリン(100円)を追加して、マーガリンで焼く焼肉なんですって。

ベトナム流の焼肉なんだそうですが面白そうですね~。

このお店の雰囲気は?


ほのかにアジアンチックな店内、テーブルでお肉を焼くようになっていました

ほのかにアジアンチックな店内、テーブルでお肉を焼くようになっていました

お店の雰囲気は、ほのかにアジアンチックな感じになっていました。

アジアの大衆食堂みたいな雰囲気で、過度な装飾はなくシンプルです。

テーブルでお肉を焼くようになっていて、ランチ時間帯は自分で焼くか、焼いたものを出してもらうか選べるようになっています。

このお店のメニューは?


黒毛和牛のハラミランチ(800円)

黒毛和牛のハラミランチ(800円)

ランチには「牛ハラミランチ豚トロランチ鶏肉フォー」の3種類がありました。

値段は500円~800円とかなりリーズナブルです。

上の写真は「黒毛和牛のハラミランチ(800円)」になります。

ベトナム料理なので甘酸っぱい味わいです

ベトナム料理なので甘酸っぱい味わいです

焼肉にマーガリンはトッピングみたいなので、普通にサラダ油で焼きました。

タレは自家製のベトナムタレで、ハーブの香りがする甘酸っぱいやつで、キムチっぽいのも甘酸っぱい味わいです。

ベトナム特有のタレでいただきます

ベトナム特有のタレでいただきます

ベトナム焼肉って京都ではあまり見かけませんし「マーガリン焼肉」というのも気になるお店でした。

焼肉は目の前のフライパンにアルミホイルをのせて焼くスタイル。

なんか現地っぽくって良いお店でした。

カエル料理もありました

カエル料理もありました

このお店への行き方や営業時間は?


ベトキッチンアンコムニク(店舗外観写真)

ベトキッチンアンコムニク(店舗外観写真)

この「ベトキッチンアンコムニク」さんは京都の丹波口駅の北側にあるお店です。

スーパー銭湯「壬生温泉 はなの湯」さんの南側の通りを西へ歩いたところにお店があります。

焼肉食べてからスーパー銭湯でひとっ風呂というコースもいいかもしれません。

営業時間は「11時~14時30分、17時30分~22時」で、定休日は「火曜日」となっています。

〒600-8812 京都府京都市下京区中堂寺北町2-9
営業時間:11時~14時30分、17時30分~22時
定休日:火曜日
公式サイト:https://beto-kitchen.jp/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。