出張時に便利!壬生温泉はなの湯(旧名:やまとの湯 壬生店-)天然温泉スーパー銭湯(京都府京都市)

Sponsored Link

※やまとの湯 壬生店は「2014/06/08」に閉店し、6/22に「壬生温泉はなの湯」としてリニューアルオープンしました。

滋賀県守山市にある「守山天然温泉ほたるの湯」、滋賀県甲賀市「水口温泉つばきの湯」を運営する朝陽物産株式会社がオーナーとなりました。

同時に温泉は「守山ほたるの湯」からの運び湯に変更となっています。

京都出張で四条に宿泊するならココ


2014-01-07_212631リニューアル前

2014-08-07_194234リニューアル後

京都出張では、オフィス街は四条付近にしかないため、宿泊も四条付近になるというのがセオリーです。

その四条といいますか、京都中心部でスーパー銭湯[日帰り温泉]は、ここくらいしかないので、自然と「京都出張で使うスーパー銭湯[日帰り温泉]」という位置づけになります。

2014-08-07_194248

泉質:アルカリ性単純温泉(運び湯)


2014-05-16_175545リニューアル前

2014-08-07_194717リニューアル後

内湯は白湯、露天が天然温泉(運び湯)。
3年ほど前の「やまとの湯」時代は、亀山の「タートル温泉」を使っていました。ヌルヌルする良いお湯でした。

その時からお湯は運び湯でしたが、当時は三重県亀山市の「ダイワロイヤルゴルフ倶楽部」の敷地内に湧く、良質の温泉です。以前は「やまとの湯」全店で使っていました。

しかし、経営危機で銭湯事業を親会社のダイワが切り離すことになり、「ダイワロイヤルゴルフ倶楽部」から供給されていた「タートル温泉」を使用しなくなり、その代わりに大阪市内(平野店)の「やまとの湯」から湧く別の温泉に切り替わりました。

その温泉は、無味無臭で「井戸水?」というくらい特色がなく、常連さんも「お湯がつまらなくなった」と言っていたのを思い出します。経営上の問題なので仕方のないことですが、残念な出来事でした。

2014-08-07_194448

その後、2014年に運営母体変更とともに「はなの湯」と改名し、運び湯も姉妹店の「守山天然温泉ほたるの湯」のお湯になりました。

ほたるの湯は、やや褐色で独特の麦わら臭のする「おごと温泉」に近い泉質です。湯上り後に肌がベタベタする特有の感覚があります。

しかし、運び湯で循環ろ過しているせいか、かぎりなく白湯に近い感覚でした。ただ、以前よりもやわらかいお湯であることは確かです。

また、出た時におごと温泉特有のべたつき感がありました。

料金:700円


2014-08-07_194425

平日700円、土日祝800円です。やまとの湯時代より50円安くなりました。ただし、以前の会員価格がなくなっているので実質高くなっています。

営業時間は10時から深夜1時までと変わっていません。

設備:普通


2014-01-07_212648

ごくごく普通の中堅規模のスーパー銭湯[日帰り温泉]です。中に、食事処や散髪屋などがあります。

平日でしたが、結構人が入っていました。
そのためか、脱衣所は人が多いと蒸し暑く、やや体臭が気になりました。人が少ないと涼しかったですが、もう少し冷房が効いていてもよかったかもしれません。

浴場などは変わりありませんが、露天は少し日陰が多くなっており、小鳥のさえずりの効果音を流していました。また、お香の匂いがしましたが、よくよく見ると蚊取り線香でした(笑)。

2014-08-07_194325

以前、食事処の座敷だった場所は「休憩スペース」となっており、テレビ付ソファが30台ほど設置されています。これは「守山天然温泉ほたるの湯」にあるものと同じものでした。

奥は女性専用となっていましたが、誰も使っていませんでした。あまり目立たないのか、女性も手前の方にいました。

2014-08-07_194803

リクライニングは手動ですが、テレビもついてかなり快適でした。設置数はさほどないのですが、平日で混雑していなかったので使ってみました。

2014-08-07_194749

すわり心地は上々です。これで、700円ならいいかなという気もします。

受付が入口右手の下駄箱の隣に変更されており、以前は休憩処から再入浴できない間取りだったのですが、現在は可能になっています。

2014-08-07_194823

お食事処は以前の場所に「さくら亭」としてリニューアルオープンとなりました。以前はホールから丸見えだったのが見えなくなり、改善されたように思います。

2014-08-07_194400

カットサロンやマッサージ処も以前同様残っていました。

駐車場はかなり広いので、安心して車で行けます。ただ、京都市内は一方通行が多いので、次の「行き方」にご注意ください。

2014-05-16_175409

上の食堂の写真は「壬生温泉はなの湯」リニューアル前の写真です。

行き方


上の地図はルートがズレて表示されてしまっていますが、セブンイレブンのところを左折です。

車の場合でも、徒歩でもこのルートです。
国道9号を大阪方面から、JR丹波口駅高架越えてすぐのセブン-イレブン左折です。

進むと、一方通行になるので左折。すぐ右に駐車場入口があります。地図の「スズキ鏡」の左脇です。

【総合評価】★☆☆☆☆(再訪は難しい)


2014-08-07_194735

お湯が残念すぎて、旧「やまとの湯」は行かなくなりました。

経営が変わってから、「守山天然温泉ほたるの湯」のお湯を運んできてはいるものの、白湯に近いのが残念です。

ただ、市内中心部では唯一のスーパー銭湯[日帰り温泉]とも言える存在です。長く存続してもらいたい施設ではあります。

2014-08-07_194658

お湯以外のところに結構気を使っているし、四条付近には他に天然温泉スーパー銭湯もありませんから、近くに出張などで来た場合は使ってみるのも良いかもしれません。

その他の「やまとの湯」関連記事一覧はこちらです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。