おむすびころりん @京都府亀岡市「これが噂の結ばないおむすびか?!」実食レビュー

京都府亀岡市にものすごく美味しいおにぎり(おむすび)屋さんがあります。それが「おむすびころりん」さん。ふわふわの柔らかいおむすびで、ホロホロっと崩れていくおむすびです。もしかしたら京都最強かもしれない!それくらい美味しいおむすびでした。

広告

京都府亀岡市にある「おむすびころりん」が激ウマ!


京都府亀岡市にある「おむすびころりん」さんとは!?

京都府亀岡市にある「おむすびころりん」さんとは!?

今回の「京都グルメ」は、京都府亀岡市にある美味いオニギリのお店です。

お店の名前は「おむすびころりん」さん。

メニューには50種類のおむすびがあり、創業から25年以上もおむすび一筋というお店です。

ちなみに、京都では「おにぎり」と呼ぶことが多いのですが、こちらでは「おむすび」と呼んでいます。

関西では瀬戸内あたりで「おむすび」とよく呼ばれているようですが、関東でも「おむすび」と呼ぶ地域は多いと思います。

それはともかくとして、この「おむすびころりん」さんのおむすび・・・・

激ウマなんです。

これが噂のむすばないおむすびか?!


パッと見で思ったことがある

パッと見で思ったことがある

さて、今回訪問した「おむすびころりん」さんのおむすびなのですが・・・・

とてもフンワリとした柔らかいおむすびです。

これ、柔らかすぎてひとくち目から原型をとどめずに、フワフワっとお米も具材もほどけて散らばっていきます。

よく見ると、その仕組がわかります

よく見ると、その仕組がわかります

よくよく見ると、このおむすび・・・・

海苔の間から見える白米が握られていません。

海苔もおむすびに巻いてあるのではなく、白米が海苔の中に入っているという状態です。

米粒の密着度が低く握られていない(むすばれていない)のが分かります

米粒の密着度が低く握られていない(むすばれていない)のが分かります

上の写真でも分かるように、米粒の密着度が低く握られていない(むすばれていない)のが分かります。

大きめの海苔に米をのせて、米を海苔で包んでから端を直線にして三角形にしています。

実はこの「結ばないおむすび」の方が圧倒的に美味しく仕上がるのですが、注文してから出てくる時間もかなり速いです。

米を海苔で包むだけなので「結ばないおむすび」の方が圧倒的に速く出来上がるからです。

ちなみに、京都でこの「結ばないおむすび」の店を初めて見ましたが、味もかなり美味しくて・・・・

2個のおむすびを一瞬で食べてしまいました。

亀岡市つつじヶ丘にあります

亀岡市つつじヶ丘にあります

さて、この「おむすびころりん」さんですが、亀岡市つつじヶ丘という住宅地の中にあって、私が行った時でもひっきりなしにお客さんが来店していました。

住宅地の中なので、地元の方しか買いに来ないような場所ですが、それでも地元のお客さんがひっきりなしに来店するということは、地元でも相当な評価を得ているということです。

おむすびころりん 営業時間とアクセス方法


値段は鮭と明太子で260円でした

値段は鮭と明太子で260円でした

ちなみに、今回食べたのは「鮭、明太子」でした。

値段は両方で260円、毎日食べてもいいんちゃうかくらい美味しかったです。

営業時間は「9時~15時」で、定休日は「月曜日、木曜日(祝日は営業し翌日休み)」です。

店舗以外でも「たわわ朝霧」と「道の駅ガレリア」でも委託販売されています。

しかし、つつじヶ丘の本店でぜひ出来たてを食べてもらいたいですね。

※駐車場もありますよ。

京都府亀岡市南つつじケ丘大葉台1丁目12−2
営業時間:9時~15時
定休日:月曜日、木曜日(祝日は営業し翌日休み)

おむすびころりん SNSの口コミや評判(感想)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。