2019年6月3日オープン 出町カラビンカ (河原町今出川、スパイスカレー新店)

2019年6月3日新店オープン「出町カラビンカ」さんの紹介です。こちらはカレーのお店で、河原町今出川の交差点から徒歩1分ほどの場所にあります。カレー好きのオーナーさんが独立開業されたカレー新店です。

広告

スパイスカレー「出町カラビンカ」2019年6月3日新店オープン


スパイスカレー「出町カラビンカ」2019年6月3日新店オープン

スパイスカレー「出町カラビンカ」2019年6月3日新店オープン

2019年6月3日、出町柳駅から京都御苑へと向かう道の途中にカレー新店「出町カラビンカ」さんがオープンしました。

このエリア100メートル四方で4軒のテナントが工事中で(2019年6月1日確認)、そのうち2軒は飲食店と思われていたうちの一軒です。

こちらではカレーとスパイスカレーを提供しており「黒カレー赤カレー気まぐれカレー」の3種類がメニューにあります。

黒カレー(牛スジと黒ごま)850円
赤カレー(マサラキーマ)850円
気まぐれカレー(スパイス系)850円
カレーは「黒カレー、赤カレー、気まぐれカレー」の3種類

カレーは「黒カレー、赤カレー、気まぐれカレー」の3種類

オーナーさんは服部さんという方で、元は祇園のカフェ「キルシェ」で働いておられたのですが、カレー好きが高じて独立されました。

店舗は元カフェを居抜きで使われており、カウンター数席のお店です。

ということで、今回はこの「出町カラビンカ」さんでスパイスカレーの「気まぐれカレー(チキン)」を食べてみたいと思います。

気まぐれカレー(スパイス系)実食レビュー


気まぐれカレー(スパイス系)850円

気まぐれカレー(スパイス系)850円

こちらが「気まぐれカレー(スパイス系)850円」です。

チキンベースにトマトピューレの酸味にスパイシは5種類ほどでしょうか、そんなに辛くないのでスッと食べられる一杯になっています。

トッピングは「青豆人参フライドオニオン」などで健康に気を使ったものになっています。

チキンは柔らかくカレーに溶け込んでいました。

トマトピューレの酸味が効いたカレー、個人的に好みの味です

トマトピューレの酸味が効いたカレー、個人的に好みの味です

そんなにスパイス感はありませんが、スパイスが強いと満腹中枢が刺激を受けるので、これくらいが好みです。

トマトの酸味も効いており、酸っぱいもの好きの自分にはよく合う味わいでした。

出町柳駅から徒歩数分、寺町通「旧大原口」のところなので行きやすいカレー新店だと思いますので、ぜひ行ってみてください!

出町カラビンカ 営業時間やアクセス方法


出町カラビンカ、営業時間は11時30分~15時、17時~20時

出町カラビンカ、営業時間は11時30分~15時、17時~20時

では「出町カラビンカ」さんの営業時間や場所についてです。

営業時間は「11時30分~15時、17時~20時」で売り切れ終了です。

定休日はありませんが(不定休)、休業日はTwitterなどで告知されるそうです。

アクセス方法は出町柳駅から賀茂大橋を西へ渡り、河原町今出川の交差点を西入ル2筋目角なので行きやすい場所ですが、目の前が5月末から歩道工事中なので現時点ではちょっと見えづらい場所だったりします。

京都府京都市上京区真如堂前町98−3
営業時間:11時30分~15時、17時~20時(売り切れ終了)
定休日:不定休
公式Twitter:https://twitter.com/deKalavinka


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。