大映通り商店街 @京都・太秦「道に謎のデザイン」がある映画の街

今回の「京都案内」は、太秦にある「大映通り商店街」の道に隠された謎についてです。通称「キネマストリート」とも呼ばれ、撮影所がある街の商店街ですが、この道にはあるデザインが施されているのです。

そのデザインとはいったいどんな模様なのでしょうか?

広告

京都・太秦「大映通り商店街」の道路には秘密がある


京都・太秦「大映通り商店街」

京都・太秦「大映通り商店街」

今回の「京都案内」は、地元の商店街「大映通り商店街」の秘密です。

秘密というかなんというか、ほんのちょっとしたことなのですが、人に知られていないことが「大映通り商店街」の道路にあるのです。

大映通り商店街の道を見てみると気が付くことがあります

大映通り商店街の道を見てみると気が付くことがあります

上の写真は「大映通り商店街」を東から西に見た風景ですが、この道を見てみると気が付くことがありませんでしょうか。

そうです!

よくわかりましたね、道の両脇になにやら不思議な模様があるのです。

大映通り商店街のストリートはフィルムがデザインされている


オレンジの帯に四角い模様が連続しています

オレンジの帯に四角い模様が連続しています

実は、この模様は映画など撮影用フィルムの縁に一定間隔で開けられている細長い送り穴をモチーフにしたものなのです。

英語で「Perforations」と呼ばれる穴で、昔のカメラフィルムにも付いていたので見たことも多いでしょう。

この模様は、大映通り商店街の端から端まで均等に並んでいるのです。

大映通り商店街のストリートはフィルムがデザインされている

大映通り商店街のストリートはフィルムがデザインされている

京都・太秦は映画会社「松竹京都映画撮影所」と「東映 京都撮影所」がある映画の街です。

キネマストリートとも呼ばれ、こういった映画をモチーフにしたデザインになっています。

一番最初の写真にあった「商店街の看板」にもキャメラがデザインされています。

こういうのを見ながら、通りを歩くと散歩は面白いと思います。

大映通り商店街 基本情報


大魔神がいます(たまに出張でいないこともあります)

大魔神がいます(たまに出張でいないこともあります)

大映通り商店街(キネマストリート)の場所は、京都の太秦という所にあります。

北野白梅町駅から嵐電(京福)で「太秦法隆寺駅」もしくは「帷子ノ辻駅(かたびらのつじえき)」がちょうど商店街の両端にあたるので、両駅どちらからか行くのがオススメです。

映画通りには「アララ」さんという元SMAPのキムタクが行った洋食店もあったり、キネマキッチンという映画館をモチーフにしたカフェレストランもあります。

観光スポット「東映太秦映画村」に行った場合は、この「大映通り商店街」を通ってみると良いでしょう。

京都府京都市右京区太秦桂ケ原町17−70


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。