看板建築 @京都に残る大正時代の建築様式を見に行く

今回の「京都案内」は、町中にある「看板建築」の建物を見に行ってきました。「看板建築」とは聞きなれない言葉ですが、実は京都には結構残っていたりします。特に御所の東側の河原町通周辺で見るのですが、これは洋風建築に見せかけた建物のことです。

では、この「看板建築」の建物とはどのようなものなのでしょうか。

具体的に見てみましょう。

広告

京都に残る「看板建築」とは


京都に残る「看板建築」とは?

京都に残る「看板建築」とは?

今回の「京都案内」は、大正時代によく作られた建築様式「看板建築」を見に行ってきました。

聞きなれない言葉ですが、この「看板建築」というのはどのようなものなのでしょうか。

まさかの「看板の建て方」とかの話でしょうか?

「看板建築」とは、こういうことではなさそうです

「看板建築」とは、こういうことではなさそうです

うちの困ったちゃん温泉担当に、さっそく聞いてみたところ・・・・

彼は重たい口を微かに動かしながらこう言ったのです。

温泉担当 「カッ、カッカカ!看板建築とは時代劇のセットみたいなものなんだな!(*⁰▿⁰*)」

ハリボテですか!?

ノムラ理容室の看板建築(上京区)


ノムラ理容室の看板建築(上京区)

ノムラ理容室の看板建築(上京区)

看板建築というのは、わかりやすく言うと「木造なんだけど洋風の屋敷」に見せるような、表面だけ取り繕った建築です。

このページの最初に掲載した写真は、上京区「ノムラ理容室」さんの壁面にある洋風の石壁で、明らかに本来の建物とは異なる洋風な部分があるのが分かります。

これは比較的分かりやすい事例なのですが、木造家屋(商店も兼ねた)を洋風建築に見せているのが分かります。

しかし、もっと分かりづらい建物が他にもあります。

京都府京都市上京区立本寺前町95(地図

桂弘薬局の看板建築(上京区)


桂弘薬局の看板建築(上京区)

桂弘薬局の看板建築(上京区)

こちらは、先ほどの場所から今出川通に出た付近にある「桂弘薬局」さんという廃業されたお店の跡地です。

なにやらモダンな洋風建築に見えますが、これも「看板建築」で表面だけの建物です。

もう少し近づいてみましょう。

洒落た石造りの建物にしか見えません

洒落た石造りの建物にしか見えません

洒落た石造りの建物にしか見えませんが、中は木造建築になっています。

よく分からないので、地図の航空写真で見ると分かりやすいです。

木造建築の表面だけ取り繕っているのが分かります

木造建築の表面だけ取り繕っているのが分かります

京都府京都市上京区米屋町292−1(地図

京都の看板建築


出町柳の精肉店「出町岡田商会」さんは本物の洋風建築です

出町柳の精肉店「出町岡田商会」さんは本物の洋風建築です

看板建築は一見すると、大正時代に建てられた洋風の「近代建築」に似た建物です。

この両者の違いは、分かりやすくいえば「資金量」です。

資金があれば洋風の屋敷を建てられるのですが、資金がなかったから「見た目だけの洋風建築」になったわけです。

上の写真は精肉店の「出町岡田商会」さんですが、これは元々から洋風建築であって看板建築ではありません。

京都府京都市上京区青龍町239-2(地図

さて、この「看板建築」ですが、京都だけのものではありません。

大正時代中ごろから昭和初期くらいまで、こういう建物が全国的に建築されています。

京都は古い建物だらけなので、なかなか目に止まらないのですが、探せば他にもまだまだあります。

見た目だけでは、なかなか判断できないものもありますが、街を歩く時に「看板建築はあるかな?」と見ながら歩くと面白いかもしれません。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。