2020年11月18日オープン フレスコ五条大橋店「ojじ」の謎

京都市下京区、五条大橋西詰に24時間営業のスーパーマーケット「フレスコ五条大橋店」が2020年11月18日に新店オープンです。京都では見慣れた深夜で営業しているスーパーです。一見すると普通ですが、実はよくよく見るとフレスコには謎の言葉「ojじ」と書かれています。いったいこれは何なのでしょうか?

2020年11月18日オープン フレスコ五条大橋店


2020年11月18日オープン フレスコ五条大橋店

2020年11月18日オープン フレスコ五条大橋店

京都の五条大橋西詰24時間営業のスーパー「フレスコ五条大橋店」が2020年11月18日に新店オープンしました。

京都ではちょっと高いけど、ちょっとこだわった商品が並ぶスーパーストアです。

京都市民はあまり利用しませんが、24時間営業ということもあって出張とか観光に来た方には重宝するお店でもあります。

壁面に色々な言葉が書かれています

壁面に色々な言葉が書かれています

しかし、このフレスコ・・・・

よくよく見ると壁面に言葉が色々と書かれています。

1992年という文字は創業年なのですが・・・・

なんか変な言葉が書かれていませんか?

ojじ

読んでみると「オージェージ」と書かれたこの謎のキーワード。

これは一体なんなのでしょうか?

フレスコに書かれた謎の「ojじ」とは?


フレスコに書かれた謎の「ojじ」の意味は?

フレスコに書かれた謎の「ojじ」の意味は?

フレスコ五条大橋店の写真をよくよく見ると、壁民に謎の「ojじ」という文字が書かれています。

ojじ?

そのまま読むと「オージェージ」ですが、それ自体に何の意味もない謎のキーワードです。

実はこれ・・・・

新鮮

という意味なのです。

謎の「ojじ」の意味は日本語で「新鮮」ということなのですが、それは他にも書かれている「Fresh、tu’o’i、Frisch、Frisk、Fresca」と同じ意味「新鮮」という言葉なのです。

実はこの「ojじ」は・・・・

ウルドゥ語の「تازه」で日本語では「新鮮」という意味だったのです。

インドやパキスタンなどで使われる「ウルドゥ語」

インドやパキスタンなどで使われる「ウルドゥ語」

ウルドゥ語とはインドの標準語のひとつ(ヒンディー語、ウルドゥ語)です。

そして、パキスタンでも使われている言葉でもあります。

意味は「新鮮」で・・・・

本当は「تازه」としたかったけど印刷会社で文字が出力できなくて、仕方なく・・・・

ojじ

となってしまったというやつだったのです。

※店名の「フレスコ」もフランス語「FRESCO=新鮮」という意味です。

このお店への行き方や営業時間は?


フレスコ五条大橋店(店舗外観写真)

フレスコ五条大橋店(店舗外観写真)

さて、フレスコ五条大橋店ですが2020年11月18日に新店オープンしたばかりのスーパーマーケットです。

京都市内にはたくさんある「フレスコ」ですが、宿泊施設が多い五条エリアでは重宝しそうな24時間営業のお店です。

歴史と伝統ある五条大橋にフレスコが堂々オープン

歴史と伝統ある五条大橋にフレスコが堂々オープン

オープン告知には「歴史と伝統ある五条大橋にフレスコが堂々オープン」と書かれていました。

センスなさすぎてフレスコらしいキャッチコピーでした。

〒600-8101 京都府京都市下京区御影堂町22(地図
営業時間:24時間
定休日:無休

このお店の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。