江戸時代から続いた「二十三や・つげぐし」が閉店(京都・河原町)

創業 文政五年「二十三や・つげぐし」が閉店しています。創業から198年続いた老舗櫛(くし)屋で、4月から閉店セールを行っていました。5月初旬に閉店を確認していましたが、コロナ閉店ではありません。

創業 文政五年「二十三や・つげぐし」が閉店


創業 文政五年「二十三や・つげぐし」が閉店

創業 文政五年「二十三や・つげぐし」が閉店

京都・河原町にある老舗櫛屋「二十三や」さんがが閉店です。

創業は文政五年(1822年)で、200年近く続いたお店でした。

撮影は先週なのですでに閉店後のものですが、2020年4月から「閉店感謝セール」をされていました。

閉店のお知らせ(二十三や)

閉店のお知らせ(二十三や)

閉店のお知らせには以下のように書かれています。

創業文政五年、本年で
一九八年続きました二十三やは
本日をもちまして閉店する事となりました。
長きに渡りご愛顧いただき
誠にありがとうございました。
店主 従業員一同

お店の名前「二十三や」は、唐櫛(とうくし)を語呂合わせで「10、9、4」を全部足すと「23」になることが由来です。

最近「コロナ閉店」が多いですが、今回の閉店は事前に告知されていたので普通に閉業されたようです。

京都・祇園にある老舗櫛屋「十三や」さんは休業中

京都・祇園にある老舗櫛屋「十三や」さんは休業中

同じ櫛屋「十三や」さんも休業中です。

こちらは櫛(くし)を語呂合わせで「9、4」を全部足すと「13」になることが屋号の由来です。

河原町はまだ人通りが多いですが、すぐ隣の祇園は人通りも少なく寂しい感じです。

また、観光客の方が多く来てくれる京都に戻ってほしいです。

二十三や


二十三や

二十三や

京都「二十三や」は四条通沿いにあり、西木屋町通の角「ニキニキ」さんの4軒西隣りにありました。

営業時間は「10時~20時」で、定休日は「第三水曜日、元旦」となっていました。

現在は、前述のように閉業されておりシャッターが閉まっています。

この投稿をInstagramで見る

注文した二十三やさんの櫛✨ (現在電話注文は終了しています) . 並歯。 6寸5分。 すーっと棟に指を滑らして、端に辿り着くまでに見出す長さの美! . この形「床山」と呼んでいたけど、こちらでは「ビン」との表記。 つげ櫛の型名ややこし問題健在なり。何が正解かわからぬ。 #購入品 #つげ櫛 #つげ櫛マニア #櫛 #木櫛 #さつまつげ #二十三や #京都二十三や #びんかきの一種 #床山 #長尺 #美髪 #ヘアケア用品 #コレクション #伝統工芸 #職人 #tsugekushi #tsugegushi #japanesetraditional #madeinjapan #woodencomb #craftman #haircareproducts

Camellia(@camelliapricot)がシェアした投稿 –

〒600-8001 京都府京都市下京区 河原町東入真町85


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。