アル・プラザ醍醐の「山科鳴海餅」さん、オープン当初から「山梨鳴海餅」との誤植掲示が最近発覚

1964年に山科で創業した「山科鳴海餅」さん、2001年にはアル・プラザ醍醐店も開業していたのですが、実はその醍醐店で18年間も気が付かれていなかったことがあります。それが「アル・プラザ醍醐」のフロアマップに書かれた店名で、開店当初からずっと「山鳴海餅」になっていたというのです。

広告

アル・プラザ醍醐の「山科鳴海餅」、店名一覧に「山梨鳴海餅」と誤植表示


「山科鳴海餅」さんの悲劇が起きたアル・プラザ醍醐

「山科鳴海餅」さんの悲劇が起きたアル・プラザ醍醐

チャーリー・チャップリンの名言

人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇だ

目の前で起きた悲劇も、時間が経つと喜劇のように思えるという、苦労の多かったチャップリンの名言です。

そんな出来事が、最近の京都でも起きていました。

それが、アル・プラザ醍醐にテナントで入っている「山科鳴海餅」さん。

なんと、オープン当初から店名が「山科鳴海餅」ではなく・・・・

「山鳴海餅」になっていたそうです。

山科と山梨、一文字違いではありますが、まったく別物

私もたまに「山科」を「山下」とか誤植していることがありますが、さすがに「山梨」はおかしいだろうと思う出来事です。

しかし「山科鳴海餅」さんは・・・・

山梨の方とご縁が出来る予兆

であったと、とても前向きなコメントをされていました。

山科鳴海餅 アクセス方法

さて、そんなチャーリー・チャップリンの名言のような出来事が起きていた「山科鳴海餅」さん、いったいどこにあるお店なのでしょうか。

本店は山科区の渋谷街道沿いにあるお店ですが(創業は1964年)、東西線のアル・プラザ醍醐の中に支店を出されています。

現在は看板を差し替え中とのことですが、この「山科鳴海餅 アルプラザ醍醐店」さんは2001年に開業しているので・・・・

18年間・・・・・

山梨鳴海餅

とフロアマップには掲載されていたことになります。

まさに、いまさらすぎて「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇だ」を体現したような出来事でした。

京都府京都市伏見区醍醐高畑町1−37
営業時間:10時~21時
定休日:なし
公式サイト:https://www.yamashina-narumi.com/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。