京都・丹後名物 とり松「ばら寿司」が『秘密のケンミンSHOW!』で紹介

2020年3月12日放送の『秘密のケンミンSHOW!』で京都・丹後名物「ばら寿司」が紹介されました。「ばら寿司」はサバのおぼろに青紫蘇を練りこみ炊き込んだものを酢飯に敷き詰めた「ちらし寿司」のことですが、京丹後の一部(網野)でしか伝わっていない珍しい郷土料理です。

京都・丹後名物「ばら寿司」が『秘密のケンミンSHOW!』で紹介


京都・丹後名物「ばら寿司」が『秘密のケンミンSHOW!』で紹介

京都・丹後名物「ばら寿司」が『秘密のケンミンSHOW!』で紹介

2020年3月12日放送の『秘密のケンミンSHOW!』で、全国の「ライスグルメ」が紹介されました。

1位~10位まで紹介されたのですが、なんと1位は京都の「ばら寿司」が栄冠を得ていました。

1位「ばら寿司」京都府
2位「じゃこ天炊き込みご飯」愛媛県
3位「甘い赤飯」北海道
4位「宇和島鯛めし」愛媛県
5位「えびめし」岡山県
6位「いただき」鳥取県
7位「じゅーしー」沖縄県
8位「キムタクご飯」長野県
9位「とうきびご飯」北海道
10位「てこね寿司」三重県
京都の「ばら寿司」の中でも一番有名なお店「とり松」さんの「ばら寿司」

京都の「ばら寿司」の中でも一番有名なお店「とり松」さんの「ばら寿司」

いずれも全国では名だたるグルメが登場する中で、1位を獲ったのが「京都 ばら寿司」というのはスゴイことだと思います。

今回は、そんな京都の「ばら寿司」の中でも一番有名なお店「とり松」さんの「ばら寿司」を紹介します。

京都・丹後名物「とり松 ばら寿司」とは


京都・丹後名物「とり松 ばら寿司」は丹後の風土が生んだ郷土料理です

京都・丹後名物「とり松 ばら寿司」は丹後の風土が生んだ郷土料理です

京都・丹後名物「ばら寿司」というのは、一言で言えば「丹後の風土が生んだ郷土料理」のことです。

サバのおぼろに青紫蘇を練りこみ炊き込んだものを酢飯に敷き詰めた「ちらし寿司」

サバのおぼろに青紫蘇を練りこみ炊き込んだものを酢飯に敷き詰めた「ちらし寿司」

わかりやすくいえば、サバのおぼろに青紫蘇を練りこみ炊き込んだものを酢飯に敷き詰めた「ちらし寿司」です。

京丹後の一部(網野)で古くから伝わる伝統的なお寿司が「ばら寿司」

京丹後の一部(網野)で古くから伝わる伝統的なお寿司が「ばら寿司」

それに錦糸玉子などをトッピングし、見た目も鮮やかにしてあります。

京丹後の一部(網野)で古くから伝わる伝統的なお寿司ですが、お祭りやお祝い事の時に食べられていました。

丹後名物 とり松「ばら寿司」実食レビュー


丹後名物 とり松「ばら寿司」

丹後名物 とり松「ばら寿司」

今回はこの丹後名物 とり松「ばら寿司」を入手できたので食べてみることに。

ばら寿司では一番有名なお店がこの「とり松」さんです。

穴子寿司とばら寿司が一緒になったものが人気です

穴子寿司とばら寿司が一緒になったものが人気です

特にこの「ばらずしと穴子ずし」という商品が人気で、今回はこちらを購入しました。

ちなみに、値段は1折で1296円(税込み)です。

鯖のおぼろ寿司、鯖街道のある京都ならではの料理です

鯖のおぼろ寿司、鯖街道のある京都ならではの料理です

前述のように、サバのおぼろに青紫蘇を練りこみ炊き込んだものを酢飯に敷き詰めたものが「ばら寿司」。

江戸時代から、京都北部から鯖街道を通り、都に鯖を送っていた地域ならではの料理です。

穴子寿司も美味しい!

穴子寿司も美味しい!

味は甘い味付けで「鯖そぼろ」も「穴子」も甘く煮たものです。

今回は「大丸京都店」の物産店で買ったものですが、JR京都駅の伊勢丹でも取り扱いがありますので、まだ食べたことがない方はそちらで購入すると良いでしょう。

秘密のケンミンSHOW 2020年3月12日 予告


秘密のケンミンSHOW 2020年3月12日 予告は以下の通りです。

お米が激ウマグルメに大変身!? 全国絶品ライス祭り


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。