京都府民は史跡や世界遺産に無関心?

2018年11月8日の『秘密のケンミンSHOW』で「京都フミンは史跡に無関心?」というテーマで、坂本龍馬が襲撃された近江屋が紹介されるそうです。今の近江屋は回転寿司チェーン「かっぱ寿司」になっていますが、それが史跡に無関心という感じに映るようです。

今回は本当に京都の人が史跡に興味がないのか書いてみたいと思います。

広告

京都府民は史跡に無関心なのかが『秘密のケンミンSHOW』で話題に


有名な観光地「八坂の塔(法観寺の五重塔)」でも京都府民は行かない場所?

有名な観光地「八坂の塔(法観寺の五重塔)」でも京都府民は行かない場所?

2018年11月8日の『秘密のケンミンSHOW』で「京都フミンは史跡に無関心?」という企画で放送されます。

予告では「龍馬も新選組もありがたがらない」とも書かれていました。

京都の人が「龍馬も新選組もありがたがらない」というのは、例えば「近江屋跡が回転寿司になっている」とか「池田屋跡は居酒屋になっている」というのを事例にするんだと思います。

近江屋跡は回転寿司店「かっぱ寿司」になっている

近江屋跡は回転寿司店「かっぱ寿司」になっている

・坂本龍馬寓居之趾(三条)
・三条大橋の刀痕(三条)
・池田屋跡(三条)
・近江屋跡(三条)

京都は日本の都(中心)であったことから「寺社仏閣、発祥の地」などの歴史的遺構(史跡)や建造物が多く残る町です。

京都市内を歩けば、そこらかしらに歴史を感じるものが見られます。

京都を訪れる観光客の皆さんも、そんな京都に魅力を感じていらっしゃているものと思いますが・・・・

確かに住んでいる京都府民自身はあまり気にしているとは言えません。

近江屋跡は回転寿司店「かっぱ寿司」になっている


回転寿司の「かっぱ寿司」の前で校外学習する中高生(近江屋跡)

回転寿司の「かっぱ寿司」の前で校外学習する中高生(近江屋跡)

三条にある「かっぱ寿司」さん、元は同じく「京のとんぼ」という寿司店だった場所があります。

ここでは、中高生の修学旅行と思われる学生服姿の子供達をよく見かけ、引率の先生や観光案内のタクシー運転手がいろいろと説明している姿をよく見かけます。

実はココ「坂本龍馬・中岡慎太郎 遭難之地(近江屋跡)」なのです。

近江屋というのは土佐藩の出入りの醤油商人で、坂本龍馬と親交があったことから、坂本龍馬は近江屋を隠れ場所にしていたのです。

近江屋跡、今は回転寿司の「かっぱ寿司」になっています

近江屋跡、今は回転寿司の「かっぱ寿司」になっています

近江屋跡の案内板には「遭難之地」と書かれています。

慶応3年(1867年)11月15日に土佐藩の海援隊長 坂本龍馬陸援隊長 中本慎太郎、さらに山田藤吉が十津川郷士と称する集団に襲撃された場所です。

ただ、十津川郷士は尊皇攘夷派であり坂本龍馬と中本慎太郎を襲撃する理由はなく、実のところは新選組が襲撃したという説がその当時から有力でした。

実際に、坂本龍馬の仇討ちのために、京都油小路の旅籠「天満屋」にいた新選組を十津川郷士が襲撃する事態も起きています。

しかし、実際に坂本龍馬を襲撃したのは幕府の自警団(京都見廻組)の「佐々木只三郎今井信郎渡辺篤」という説が最近では有力です。

とはいえ、そんな歴史的な場所も今は回転寿司チェーンの「かっぱ寿司」で、史跡の説明案内板が今は残るだけです。

池田屋跡は居酒屋になっている


池田屋跡では居酒屋「はなの舞」が営業中

池田屋跡では居酒屋「はなの舞」が営業中

さて、さきほどの「近江屋」の近くに有名な「池田屋」もあります。

こちらは「池田屋騒動」の跡地で、倒幕派が新選組の屯所を襲撃するために集合地点としていた旅篭(はたご=宿屋)です。

その倒幕派が池田屋に集結していたところを襲撃したのが新選組で、それを「池田屋騒動」と呼んでいます。

実はこちらも今は居酒屋「はなの舞」さんが営業中で、今は史跡の説明案内板が残るだけです。

坂本龍馬寓居之趾


坂本龍馬寓居之趾、海援隊本部があった場所は今も酢屋

坂本龍馬寓居之趾、海援隊本部があった場所は今も酢屋

さて、坂本龍馬に関係する場所が今でも変わらず存在する所もあります。

坂本龍馬の海援隊京都本部があった場所です。

こちらは当時から「酢屋」という材木商があった場所ですが、坂本龍馬はここに下宿していました。

建物は当時とはだいぶ違いますが、今でも酢屋が残っている場所です。

三条大橋の刀痕


あんまり知られていないけど三条大橋には刀痕があります

あんまり知られていないけど三条大橋には刀痕があります

他にも、当時の様子が伺い知れる場所がいくつもあります。

三条大橋の刀痕」や「蛤御門の弾痕(京都御苑)」などがそうでしょう。

上の写真は三条大橋で、欄干に「池田屋騒動」の際に付いた「三条大橋擬宝珠刀傷跡」が残っています。

京都市民は史跡に関心がないわけではない


京都市民が清水寺とか金閣寺を見に行くということはあまりありません

京都市民が清水寺とか金閣寺を見に行くということはあまりありません

さて、近江屋は「回転寿司」に、池田屋は「居酒屋」となっている京都ですが、『秘密のケンミンSHOW』が言う「龍馬も新選組もありがたがらない京都フミンは史跡に無関心?」というのは本当なのでしょうか?

概ね間違っていませんが誤解を生む表現です。

京都市民は「史跡に無関心」といえばそうなのですが、そうなる理由というのが存在します。

実際に京都の方と話していて、よく言われるのが・・・・

京都の人が寺社仏閣で観光とかしない

観光地に行っても一回見ればいいかな

観光ガイドに載っているようなお店には行かない

という話です。

もちろん、全員がそう言うわけではないのですが、大筋として「京都の人は観光地には行かない」というのはよく言われます

しかし「史跡に無関心」というわけではありません。

京都府民は観光地には近づかない


祇園祭、京都市民は混むから行かない方も多いです

祇園祭、京都市民は混むから行かない方も多いです

もうひとつ、京都市民が史跡に無関心と言われそうな理由に「京都の方は観光地に近づかない」というのがあります。

普段も、清水寺とか祇園とか南禅寺とか銀閣寺とか金閣寺とか・・・・

観光地っぽい場所へは行きません。

しかし、京都市民は史跡に無関心というわけではありません。

どこに何があるかは当然把握しているし、初詣には有名な寺社仏閣でも行きます。

でも、京都の方と話していると・・・・

祇園とか観光地は混んでるから

というような声をよく聞きます。

京都市民が史跡に関心を示さない理由は?


京都では歴史的なものは観光資源です

京都では歴史的なものは観光資源です

京都市民が史跡に関心を示さない理由としては「身近すぎていつでも行ける」とか「混んでるから」というような理由を聞くことが多いです。

しかし、一番の理由は仕事があるからでしょう。

京都は観光産業が盛んなので「観光シーズンは稼ぎ時」です。

近くに「寺社仏閣、発祥の地」などの歴史的遺構(史跡)や建造物があれば、人が集まるので自然とお仕事的な話になってしまいます。

これが、他府県の方からみれば「興味(関心)がない」ように見えるのかもしれませんね。

・そこらへんに史跡があるのでいつでも行けると思ってしまう
・観光地などは混んでるから
・仕事があるから行けない(観光シーズンは特に)

幕末の倒幕運動跡地については別記事もご覧ください


なお、これらの「幕末の倒幕運動跡地」については別記事でも詳細に紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。


今回の「京都案内」は、三条界隈で見られる幕末・明治維新の遺跡です。京都は新選組のいた幕末「倒幕運動」が起こった場所でもありますが、幕府側・天皇側が暗闘したのが三条などのエリアです。



今回の「京都案内」は、京都御苑に残る幕末の戦いの跡です。約150年前の幕末に起きた「禁門の変(1864年)」の時に残った「弾痕」です。弾痕が残っているのは「蛤御門(はまぐりごもん)」で、長州藩が薩摩藩・会津藩と戦った時の記憶が今でも京都には残っているのです。


秘密のケンミンSHOW 2018年11月8日 予告


秘密のケンミンSHOW 2018年11月8日 予告は以下の通りです。

青森謎のつゆ焼きそば&秘密の京都&秋田イケメン!
衝撃新感覚!青森謎のつゆ焼きそば!ソースにしょうゆ?激うまコラボ大絶賛▽京都フミンは史跡に無関心?龍馬も新選組もありがたがらないのはなぜ▽史上最強!秋田イケメン


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。