ブラタモリ宇治編 @京都・宇治茶の町で『ブラタモリ』撮影ロケ

京都の宇治にタモリさんが来ているという情報が2018年3月7日朝から話題になっています。毎年この3月は、京都で『ブラタモリ』の撮影ロケが行われることが多いので『ブラタモリ宇治編』の撮影ロケであるのは間違いなさそうです。宇治といえば「宇治茶」で、宇治川が流れる風光明媚な地形であったからこそ宇治は日本一の茶の産地になったと言われています。

そんな宇治の歴史と地形の関わりが『ブラタモリ宇治編』で紹介されるのだと思われます。

楽しみですね!

広告

京都・宇治でタモリさんが『ブラタモリ』の撮影ロケ


2018年3月7日、タモリさんが京都・宇治で『ブラタモリ』しているそうです

2018年3月7日、タモリさんが京都・宇治で『ブラタモリ』しているそうです

2018年3月7日朝から、京都府宇治市でタモリさんの目撃情報が多発しています。

目撃情報は朝9時頃からあり「宇治でタモリさんを見た」という目撃情報が数多くあります。

詳細な場所は不明ですが、宇治としか書かれていないので、宇治駅から平等院の参道などの人が多い場所を歩いていると思われます。

ここ3年ほど、毎年3月初旬には京都で必ず『ブラタモリ』の撮影ロケがあることから、この時期の撮影ロケであれば「ブラタモリ宇治編」で間違いありません。

もし事実であれば『ブラタモリ京都編 第4弾 宇治編』が春には放送されることになります。

なお、同行アナウンサーは代替わりするようで、新しいアシスタントに、NHKの林田理沙アナウンサーが同行しているようです。

ということは、放送は新年度の4月以降最初の土曜日ということになります。

2018年3月8日 宇治New!
2017年3月7日 清水寺(祇園)
2016年3月9日 嵐山・伏見
2014年12月13日 ブラタモリ京都編(御土居、放送は2015年1月6日)

宇治茶が美味しいのは宇治川に秘密がある


スタート地点は「京阪宇治駅」か「宇治川」でしょうか

スタート地点は「京阪宇治駅」か「宇治川」でしょうか

さて、宇治といえば「宇治茶」です。

京都は日本茶の発祥の地なので、宇治茶の歴史を巡ることもできますし、宇治茶の発展は宇治川などの地形も大きな関わりを持っていることが知られています。

たぶんスタート地点は「京阪宇治駅」か「宇治川」からで、宇治川を見ながら宇治茶の秘密を探るようなオープニングとなるのではないでしょうか。

JR「宇治駅」は景観的に使わないと思いますので、京阪宇治駅から「宇治橋」を通って「平等院参道」まで向かうルートが適当と言えます。

宇治川があるから宇治茶は栄えた

宇治川があるから宇治茶は栄えた

現在、京都の宇治茶は「宇治田原」や「和束(わづか)」でほとんどが栽培されています。

しかし、歴史的には平安貴族の別荘地であった「宇治」で日本茶が栽培されており、宇治川があったから「宇治茶でなければ日本茶ではない」とまで言われるお茶になったのです。

その理由は、お茶の葉が一番嫌うのは「」であり、茶の芽に霜がつくのを宇治川の霧(きり)が防いだことから、芽を柔らかく保つことができたからだと言われています。

そのため、歴史と地形的なことを絡めていく『ブラタモリ』的な視点であれば、宇治川の存在というのは欠かせないと考えられます。

ブラタモリ宇治編 まとめ


宇治で一番有名な茶商が「上林(かんばやし)」です

宇治で一番有名な茶商が「上林(かんばやし)」です

宇治茶の歴史は宇治に住んだ「茶師茶商茶屋」によって繁栄を極めてきたので、番組でもそういった茶師や茶商を尋ねると思われます。

茶師」は農園を経営して茶葉の選定と配合を行う生産者のことです。

そのお茶を販売するのが「茶屋」で、宇治平等院へと続く参道には江戸時代に幕府御用達だった「上林家峯順家上林竹庵家」といった日本茶を売るお店が立ち並びます。

宇治茶というのは「地形・気候・人々の繋がり」が宇治に集まったからこそ日本で一番の茶だと言われたのです(現在は静岡茶がシェア一位)。

・茶師(ちゃし、江戸時代に出現し茶園を経営し茶葉の選定と配合を行う茶問屋)
・茶商(ちゃしょう、茶葉の販売を行う)
・茶屋(ちゃや、お茶を飲む場所=茶室を経営)
栂ノ尾「高山寺(こうざんじ)」にある日本茶発祥地

栂ノ尾「高山寺(こうざんじ)」にある日本茶発祥地

もしかしたら、宇治から離れますが京都市右京区の「日本茶発祥の地」も見に行くかもしれませんね。

鎌倉時代に、右京区の「栂ノ尾(とがのお)」で日本で最古の茶園が始まったのが日本茶の始まりとされているからです。

その日本茶が、宇治や和束(わづか)の茶園へと伝わって、江戸時代には宇治茶は確固たる地位を築くことになったのです。

ということで「ブラタモリ宇治編」楽しみです!

日本茶については別記事が詳細なので、そちらをご覧ください。

Twitterの口コミや感想


京都の茶師小林裕さん(こばやしひろし)」さんが2018年1月30日放送『マツコの知らない世界』で紹介されます。京田辺市の製茶会社「祥玉園製茶(しょうぎょくえん)」のオーナーで、茶師最高位「茶師十段位」の資格を持っておられる方です。日本では13人しかいない段位で、京都の宇治茶の茶師では祥玉園製茶の小林裕さんひとりだけです。



NHK『ブラタモリ』のファンページです。テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。