京都府が初登場『ポツンと一軒家』で紹介!舞鶴市にある3000坪の棚田がある家はどこ?

2019年4月21日放送の『ポツンと一軒家』で、京都府にあるポツンと一軒家が初登場します。京都にもポツンと一軒家はたくさんあるのに、これまで一度も紹介されていなかったのが不思議なほどです。紹介されるのは「3000坪の棚田がある一軒家」で「京都府舞鶴市加佐地区」の山奥にある一軒家です。

広告

『ポツンと一軒家』で京都府が初登場


京都府舞鶴市のポツンと一軒家が『ポツンと一軒家』で紹介されます(写真は舞鶴湾)

京都府舞鶴市のポツンと一軒家が『ポツンと一軒家』で紹介されます(写真は舞鶴湾)

2019年4月21日放送の『ポツンと一軒家』で、京都府にあるポツンと一軒家が初登場されます。

京都府はとても広く、市中以外はほぼ山間部なのでポツンと一軒家が多数あります。

でも『ポツンと一軒家』で京都府が登場するのは初なんです。

予告によれば「奇妙な形に広がった3000坪の棚田のある真新しい立派な家」ということなのですが、舞鶴市の加佐地区で活動する「舞鶴市加佐地域農業農村活性化センター(あいあい加佐)」さんのFacebookによれば、この家は舞鶴市の加佐地区にあるとされていました。

では、この『ポツンと一軒家』で初登場となるポツンと一軒家はどこにあるのでしょうか?

予告をもとに予測してみました。

・奇妙な形に広がった土地に建っている
・真新しい立派な家
・3000坪の棚田がある
・一軒家から国道へ降りると店があって、そこの主人の家
・山へと向かう道から小さな橋を渡り細い一本道の先にある

紹介されるのは「京都府舞鶴市大俣」にある広大な棚田がある一軒家か?

今回紹介される「舞鶴市加佐地域」は広いので、特定は難しいのですが、条件に一致するポツンと一軒家を発見しました。

それが「京都府舞鶴市大俣」にある、とても広い棚田を持つポツンと一軒家です。

衛星写真では、中央に丸く古墳のような小山があり、その周囲が棚田になっています。

そこへ至るには「桧川」を渡る小さな橋があり、一本道の先に民家が見えています。

ただ、ひとつ条件が違って、近くに通る国道478号線は「綾部宮津道路」で有料の高速道路だということです。そのため、予告にあった「一軒家から国道へ降りると店があった」という条件には一致しません。

もしかしたら、その国道というのは、もうひとつ近くを通る「宮津街道(国道175号線)」かもしれませんし、その他の条件を考慮すれば、この京都府舞鶴市大俣のポツンと一軒家が紹介される可能性は大きいと言えそうです。

京都府舞鶴市大俣(地図

放送を確認したところこちらの一軒家でした

実際の放送を確認したところ、上の地図にある一軒家でした。

住所は「京都府舞鶴市滝ケ宇呂」というところですが、先ほどの場所よりちょっと地味ですが、明らかにポツンと一軒家でした。

家主さん(近藤さん)は国道沿いで「近藤商会」という自転車屋さんを営んでおられるそうです。

京都府舞鶴市滝ケ宇呂(地図

ポツンと一軒家 2019年4月21日 予告


ポツンと一軒家 2019年4月21日 予告は以下の通りです。

京都府
平成最後のポツンと一軒家は、衛星写真で見る限り奇妙な形に広がった土地に建っていた。捜索隊は山の中の小さな橋を渡り、細い一本道を進んだ先で真新しい立派な家にたどり着いた!そこには明るく穏やかな夫婦が…。そして、奇妙な形に開けた土地にまつわる話に、スタジオは衝撃を受ける。

広告


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。