中華焼肉 珉 @京都・川端二条「ラーメンと焼肉の京町中華」実食レビュー

京都の発見困難な中華料理店「中華焼肉 珉」さんの実食レビューです。実家近くで歩いて5分かからないところにあるお店で、ラーメンなどの中華料理以外にも焼肉も食べることができます。値段はラーメンやチャーハンが500円からというのもリーズナブルなお店です。

ラーメンと焼肉の京町中華「中華焼肉 珉」実食レビュー


京都・川端二条「中華焼肉 珉」のラーメン

京都・川端二条「中華焼肉 珉」のラーメン

京都の実家近くにある「中華焼肉 珉」さんの実食レビューです。

結構前からお店はあるのですが、とても入り組んだ住宅地の奥にあるので、その存在はほとんど知られていません。

メニューは屋号にもあるように焼肉と中華料理。

店内は昭和の中華料理店ですが古さは感じさせません

店内は昭和の中華料理店ですが古さは感じさせません

昭和のお店という感じですが、お店自体はさほど古くはありません。

スープは鶏ガラの中華そば、昔懐かしい味

スープは鶏ガラの中華そば、昔懐かしい味

鶏ガラの中華そばで昔懐かしい味がします。

口の中で旨味が広がるスープで、中華そばとしてはなかなかの風味があって美味しいです。

麺は普通の中華麺、ラーメン専用の麺を使えば評価は高くなると思いました

麺は普通の中華麺、ラーメン専用の麺を使えば評価は高くなると思いました

ただ、麺が少しもったいない。

普通の中華麺という感じなので、ラーメン専門のものを使えばすごく良くなりそうです。

チャーシュー、脂身が美味しくなかなかの逸品です

チャーシュー、脂身が美味しくなかなかの逸品です

チャーシューはものすごく美味しいです。

脂身のコクを感じるもので、おつまみにもなると思います。

チャーハンはハムと玉ねぎの風味がするアッサリタイプ

チャーハンはハムと玉ねぎの風味がするアッサリタイプ

一緒に食べたチャーハンはそんなに中華味というわけではありませんでしたが、ハムと玉ねぎの甘みを感じるものです。

お酢があればコショウと酢で好みの味にできるのに卓上に酢がありませんでした。

中華焼肉 珉 メニューと値段


メニューは焼肉と中華の2種類です

メニューは焼肉と中華の2種類です

メニューは焼肉と中華の2種類。

焼肉はロース900円、カルビ900円、タン850円と一般的なお値段です。

ラーメンは500円から、餃子は300円、チャーハンも500円となっています。

ロース900円
カルビ900円
タン850円
ラーメン 500円
チャーシュー麺 650円
味噌ラーメン 600円
チャンポン麺 650円
モヤシラーメン 600円
塩ラーメン 600円
味噌チャンポン 680円
麻婆麺 600円
天津麺 600円
チャーハン 500円
あんかけそば 680円
中華飯 650円
餃子 300円

中華焼肉 珉 営業時間とアクセス方法


中華焼肉 珉、岡崎疏水の近く、イオン東山二条店の北西にあります

中華焼肉 珉、岡崎疏水の近く、イオン東山二条店の北西にあります

この「中華焼肉 珉」さん、岡崎疏水の近くではあるものの、細い道の奥の奥にあるのでなかなかたどり着くのは困難です。

よくある「発見困難店」のひとつで、行きやすい方法は川端二条から「イオン東山二条店」の西側の道を北へ、一筋目を左へ行くとお店があります。

営業時間は「11時~14時、18時~23時」の二部制、日曜日はお休みです。

京都府京都市左京区吉永町275−11
営業時間:11時~14時、18時~23時
定休日:日曜日


京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。