志成園(中国料理・京都)出前あり!安価な大盛り店レビュー


志成園(京都・五条御前)出前あり!安価な大盛り中華料理店

志成園(京都・五条御前)出前あり!安価な大盛り中華料理店

京都市下京区(五条御前)にある中国料理店「志成園(しせいえん)」実食レビューです。

地元に根付いた老舗の中国料理のお店、優しい味わいの京中華が多い京都の町の中でもパンチの効いた中華の味わいを楽しめるお店です。

チャーハン大(730円)

チャーハン大(730円)

チャーハンも京都によくある「やきめし」ではなく、本格中華が味わいのお店。

チャーハンの値段は530円なのに、一般の量よりも多め。大盛りは730円でかなりの分量があります。

志成園は昔ながらの大衆中華料理店

志成園は昔ながらの大衆中華料理店

志成園は昔ながらの大衆中華料理店で値段も安くてメニューも多い気軽に入れる雰囲気のお店です。

味も濃いめなのでお気に入りのお店です。

濃いめの味付けのチャーハンがお気に入り

濃いめの味付けのチャーハンがお気に入り

志成園のチャーハンは分かりやすく味を表現すれば「コテコテの中華味がする濃いめのパラパラチャーハン」。

東京から京都へ移住してきた私には京都の中華料理はアッサリに感じるお店が多かったのですが、志成園に出会ってからは中華料理を食べたい時はこちらのお店を利用するようにしています

今回はこの「志成園」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

志成園 雰囲気


志成園(店内写真)

志成園(店内写真)

京都・五条御前にある中華料理店「志成園」は大衆中華料理のお店なので気軽に入ることができます。

店内の雰囲気はまさに「THE中華」という感じで、店員さんも愛想よくテキパキしています。

入って右側は2名テーブルが数席、左側は厨房前にカウンターがありました。

コロナ対策の透明シールドはありませんが席間隔が空いているのと、テーブルは板で仕切られています。

手指消毒液は入口外右側にありました。

なお、訪問は2021年6月14日でメニューや値段も最新のものにリライトしてあります。

志成園 メニュー


麺類メニュー(志成園)

麺類メニュー(志成園)

メニューは「ラーメン(530円)」から、サイズが「小・普通・大」とあり量で値段が変わります(一部「小」にできないメニューもあります)。

ラーメンは「小(380円)・普通(530円)・大(730円)」で分量には大きな差があり、普通盛りでも一般的な分量よりも多いので大盛り注文をする時はお腹が空いている時にしてください。

お薦めは「かた焼きそば(600円)」と「チャーハン(530円)」で、かた焼きそばはメニューでは「揚げそば」と書かれています。

餡がかかった「揚げそば」は野菜たっぷりでボリュームがあります。

御飯類メニュー(志成園)

御飯類メニュー(志成園)

一品物も豊富にありますが、御飯類のメニューがこちら。

チャーハンはカレー味の「カレー炒飯(580円)」もあり、人気の「エビ炒飯」は700円です。

天津飯(580円)は関東風の甘酢または関西風の塩だれが選べるのが良いですね。

ちなみに、志成園の人気メニューは「カツ丼(700円)」だったりします。

ラーメン(530円)
味噌ラーメン(600円)
チャンポン(600円)
五目そば(600円)
ワンタン(530円)
ワンタン麺(600円)
天津麺(600円)
焼きそば(530円)ソースまたは醤油
五目やきそば(700円)
揚げそば(600円)
チャーシュー麺(700円)
キムチラーメン(750円)
炒飯(530円)
カレー炒飯(580円)
かに身あんかけ炒飯(900円)
エビ炒飯(700円)
レタス炒飯(700円)
天津炒飯(850円)甘酢または塩だれ
麻婆炒飯(850円)
中華丼(600円)
特製中華丼(800円)イカ天・海老天入り玉子とじ)
天津飯(580円)甘酢または塩だれ
肉丼(700円)量多いです
エビ丼(700円)エビ天丼
カツ丼(700円)
カレー丼(650円)
カツカレー丼(750円)
麻婆丼(700円)
餃子(300円)

※メニューと値段は2021年6月時点のものです。

志成園 実食レビュー


揚げそば(600円)

揚げそば(600円)

揚げそば(600円)は揚げた中華麺を短く切って食べやすくしてあります。

餡かけは野菜たっぷり「タケノコ・人参・白菜・もやし・ねぎ・豚肉・きくらげ」が入っていて普通盛りでも分量があります。

程よく中華味がするかた焼きそばで美味しい一品です。

チャーハン大(730円)

チャーハン大(730円)

チャーハン大(730円)はシッカリとした中華味がついているパラパラチャーハンです。

具材には「焼豚・玉子・ねぎ・グリンピース」が使われていて、関西なのでナルトは使われていません。

人参・玉ねぎは使われていない本格中華のチャーハンになっていました。

カレー炒飯 小(480円)

カレー炒飯 小(480円)

こちらはチャーハンにスパイシーなカレー粉で味付けした「カレー炒飯 小(480円)」です。

中華カレーで使われるビシッとしたスパイシーさを感じ、やや辛口の味わいになっています。

スープ付きでスープはアッサリした味付けでした。

志成園の名物「餃子(300円)」

志成園の名物「餃子(300円)」

志成園の名物は実は「餃子(300円)」だったりします。

こちらテイクアウトで冷凍餃子の販売もしているのですが、一度に難十個もテイクアウトで買っていくお客さんがいたりします。

ぜひ、皆さんにはこの餃子も一緒に注文してもらいたいですね。

志成園 ネット予約


京都市下京区の「志成園」はネットで予約ができるお店で、予約をする場合はこちらの「ぐるなび」からお願いします

行く場合は予約サイトで状況を確認しておくと安心です。

なお、ぐるなび店舗ページはこちらです。

志成園 場所


志成園(店舗外観写真)

志成園(店舗外観写真)

では「志成園」への行き方や営業情報についてです。

場所は国道9号(五条通)の五条御前を南へ100メートルほどのところです。

住所でいえば「〒600-8899 京都府京都市下京区西七条赤社町32」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

無料駐車場があり、店舗北側の「ブーブーパーク」のさらに北側から入れる月極駐車場があり、番号11~14が志成園の無料駐車場です(小型車専用)。

店舗すぐ西側の「タイムズ」と北西の住宅展示場南側の「タイムズ」も利用できますが、こちらは3000円以上食事で1時間の駐車券がもらえます。志成園の看板が設置してあるのですぐ分かります。

駐輪は店舗右側の空きスペースのところです。

営業時間は「11時30分~15時、17時~23時」ですが時短営業中は20時までです。なお、定休日は「水曜日」となっていました。

出前注文はこちらにお願いします

出前注文はこちらにお願いします

ジャンル「中華料理店」
食事予算「1000円以内」
営業時間「11時30分~15時、17時~23時」時短営業期間は20時まで
定休日「水曜日」
駐車場・駐輪場「あり」
住所「〒600-8899 京都府京都市下京区西七条赤社町32」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応可能」
出前「対応可能」
電子決済「なし」
コロナ対策「手指消毒・マスク」

志成園 口コミ

広告


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。