ダイコクバーガー @京都・亀岡 おしゃれ激旨ハンバーガー 実食レビュー

今回の「京都案内」は京都府亀岡市にあるハンバーガーショップ「ダイコクバーガー(大黒バーガー)」さんに行ってきました。地元亀岡のご当地野菜を使い、ビーフパティにもこだわったアノお店よりも数倍おいしいハンバーガーのお店です。

ヤンジャンで連載スタートした秋本治さんの漫画『ファインダー -京都女学院物語-』の舞台にもなっています。

京都・亀岡の「ダイコクバーガー」に行ってきました


京都・亀岡の「ダイコクバーガー」に行ってきました

京都・亀岡の「ダイコクバーガー」に行ってきました

今回の「京都案内」は、あの秋本治さんの漫画『ファインダー -京都女学院物語-』の舞台にもなった京都府亀岡市のハンバーガー店ダイコクバーガー(大黒バーガー)」さんに行ってきました。

亀岡市というのは、畑がドカーンと広がっているような田舎なのですが、そこに超おしゃれなハンバーガー店があるのです。

それもオシャレなだけではなく、味も超旨いというお店なのです。

では、その「ダイコクバーガー(大黒バーガー)」さんというのは、どのようなお店なのでしょうか?

ダイコクバーガー は超オシャレなお店だった


朝からこういうところで食事したい雰囲気です

朝からこういうところで食事したい雰囲気です

ダイコクバーガーは採光がよく、白とオレンジを基調にした明るいお店になっています。

休みの日の午前中から出かけたくなるようなお店で、なんとなく私以外のお客さんもオシャレに見えてきます。

漫画で出てきたシーンはたぶんここです

漫画で出てきたシーンはたぶんここです

秋本治さんの漫画『ファインダー -京都女学院物語-』で、このダイコクバーガーでの食事シーンがあります。

今回はその場所を確認しに行ったのですが、イスの形状などは上の写真のものがソックリでした。

内観については、漫画描写と実際の店舗ではだいぶ違うのですが、外観は忠実に描かれていました。

いろいろなハンバーガーがありました


いろいろなハンバーガーがありました

いろいろなハンバーガーがありました

ハンバーガーは結構種類があり、どれにするか悩むほどです。

ノーマルの「ダイコクバーガー」や、子供向けのトマト抜きとか、サーモンエビのハンバーガーもあります。

ダイコクバーガー 460円
とろけたWチーズバーガー 570円
バジリコトマトチキン 470円
荒挽きガーリックバーガー 450円
オニオンサーモンバーガー 450円
牛カツバーガー 500円
みつばちちーずバーガー 490円
エビアボガドバーガー 490円
てりやきバーガー 460円
チキン南蛮バーガー 450円
キッズバーガー 340円

これらの中では「みつばちちーずバーガー」がめちゃくちゃ気になります(笑)

チーズ入りのものが結構お薦めみたいな感じでしたが、初見なのでここは基本を忠実に「ダイコクバーガー」で発注することにしました。

ダイコクバーガー 実食レビュー


5分ほどで出来立てハンバーガーが来ました

5分ほどで出来立てハンバーガーが来ました

それでは、さっそく注文した「ダイコクバーガー」を食べてみましょう

米粉入りパンズの中には「レタストマトチーズバーガーバーベキューソースマヨネーズ」が入っており、適度な酸味とトマトのフレッシュさが際立っていました。

パティは混ざりもののないビーフの味わいがし、香りも良いものです。

ダイコクバーガー 460円

ダイコクバーガー 460円

実は私はまだ子供なので「トマトが食べられない」のですが・・・・

トマトがおいしいハンバーガーでした

人生で初めて「トマトおいしい」とか思ってしまい猛省してしまいましたが、お世辞抜きで激旨レベルなので、これは一度食べた方が良いと思います。

ピンクレモンスカッシュ も飲んでみました


ピンクレモンスカッシュ 260円

ピンクレモンスカッシュ 260円

今回はなるべく女子高生っぽい飲み物をと思い、年齢を考えず「ピンクレモンスカッシュ 260円」を飲んでみました。

炭酸のレモンスカッシュに甘いシロップが入っています。

シロップはストロベリーかなにかでしょうか?

味はよく分からなかったのですが、甘くていつまでも飲んでられそうな味でした。

ダイコクバーガー(大黒バーガー)基本情報


ダイコクバーガー 外観

ダイコクバーガー 外観

ということで、今回は京都府亀岡市にある「ダイコクバーガー」さんの実食レビューでした。

フレッシュなトマトとビーフのパティがおいしいハンバーガーで、比較していいのかわかりませんが、大好きなモスなんとかより美味しいと思いました。

あまりにも美味しいので、もうひとつ食べようかと思ったくらいです。

自信をもって「亀岡」と書いてもらいたいです

自信をもって「亀岡」と書いてもらいたいです

場所はJR山陰本線「亀岡駅」からちょっと距離はありますが歩いていける場所にあります。

亀岡は京都市内からは峠を越えていかねばならず、ルートも国道9号しかありません。

峠を越えれば天気も景色も異なるという市内とは別世界の土地なのですが、看板には「京都」と書かれていました。

地理的なことよりも商業的な面を重視したのだと思いますが、おいしいハンバーガーなので、自信をもって「亀岡」と書いても良いんじゃないかなと感じました。

京都府亀岡市北古世町1丁目12−2
営業時間:11時~20時
定休日:


京都府亀岡市に住む4人の女子高生の物語『ファインダー -京都女学院物語-』が2月2日発売の『週刊ヤングジャンプ』で連載開始となりました。秋本治さん最新作では京都市亀岡市が描かれており、主人公4人が住むのは「京都府亀岡市千歳町」付近のようです。亀岡に新しい聖地巡礼場所ができそうです。



京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。