2023年9月14日オープン CHINA TONGUE

【丸太町】羊肉を使った中国大陸料理が絶品CHINA TONGUE(中国料理)京都府京都市中京区(丸太町)予算:2000円

スポンサーリンク

羊肉を使った中国大陸料理が絶品「CHINA TONGUE」


2023年9月14日オープン CHINA TONGUE

2023年9月14日オープン CHINA TONGUE

京都府京都市中京区に中国料理のお店「CHINA TONGUE」さんが新店オープンしました。

2023年9月14日新店オープン

2023年9月14日新店オープン

オープン日(開業日)は2023年9月14日で、訪問日は2023年9月29日。

場所は近くに丸太町駅がある丸太町エリアです。

羊肉を使った中国大陸料理が絶品

羊肉を使った中国大陸料理が絶品

CHINA TONGUE さんは羊肉を使った中国大陸料理が絶品な中国料理店。

ランチに羊肉を使ったお料理のセットを食べることができます。

店内の様子(CHINA TONGUE)

店内の様子(CHINA TONGUE)

カウンターとテーブル席があるお洒落な雰囲気の店内では「ワンタン麺・担々麺・ルーロー飯・スパイスカレー」などを食べていくことができます。

値段(予算)はランチメニューは全品1700円なのでやや高級なお店ですね。

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

スポンサーリンク

特製羊ワンタン麺を食べてみた


グランドオープンでランチ営業開始

グランドオープンでランチ営業開始

最近いくつかの飲食新店を紹介しました丸太町南西エリアですが、もうひとつ注目新店があります。

そのお店が2023年9月14日にグランドオープンしてランチ営業も開始したので行ってみました。

ランチセットは4種類

ランチセットは4種類

12時~14時30分(L.O.)で提供されるランチセットは4種類。

麺はワンタン麺と担々麺、ご飯ものはルーロー飯とスパイスカレーで、それぞれに異なったサイドメニューのおかずが1品ついています。

ランチセットは4種類

(1)特製羊雲呑麺&よだれ羊

(2)特製羊担々麺&羊焼売

(3)羊魯肉飯&羊チリ雲呑

(4)マトン麻辣スパイスカレー&羊生ハムとトマトのサワードウ

2022年11月1日に新店オープンした「小梟 シャオシャオ(京都市東山区 中国料理)」さんとはオーナーさんが一緒で、シャオシャオの経営者のおひとり(シャオシャオは共同経営)が今回紹介する「CHINA TONGUE」のオーナーさんです(よって姉妹店ではありません)。

特製羊ワンタン麺を食べてみた

特製羊ワンタン麺を食べてみた

今回は特製羊ワンタン麺を食べてみました。

どのランチメニューも羊肉が使われているのが特徴で、お料理は中国大陸料理を提供するのが「CHINA TONGUE」さんというお店です。

緑野菜のサラダとよだれ羊がつきます

緑野菜のサラダとよだれ羊がつきます

特製羊ワンタン麺には緑野菜のサラダとよだれ羊が付いてきます。

メニューによりシュウマイだったりワンタンだったりするので、メニューをよく見て食べたいものを決めましょう。

緑野菜のサラダは少し辛いタレでいただきます

緑野菜のサラダは少し辛いタレでいただきます

緑野菜のサラダは少し辛いタレがかかっています。

お料理は中国大陸のお料理ということで、香辛料なども結構使われているものが多いようです。

※こちらのサラダは「老虎菜(ラオフーツァイ)」と言うそうです。

よだれ羊はレッドオニオンと羊肉のソースがけ

よだれ羊はレッドオニオンと羊肉のソースがけ

よだれ羊はレッドオニオンと羊肉のソースがけ。

ソースは少し辛いものがかかっています。

羊肉は中国料理店でも串焼きで見かけます

羊肉は中国料理店でも串焼きで見かけます

羊肉は臭みなく新鮮なもので、レッドオニオンのシャキシャキ感でアッサリと美味しくいただきました。

羊肉は京都のガチ中華で羊肉串(ヤンロウツァン)としてメニューにあるのを最近はよく見かけますよね。

羊ガラスープと羊肉のチャーシューや雲吞

羊ガラスープと羊肉のチャーシューや雲吞

ワンタン麺は羊ガラでとったスープに羊肉チャーシューと羊肉ワンタンが入っているラーメンです。

まさに羊づくしとはこのことで、スープも濃厚な味わいで羊を堪能できる一品です。

羊のラーメンはなかなか珍しいです

羊のラーメンはなかなか珍しいです

京都でも羊スープで食べるラーメンはなかなかないので珍しいです。

スープは結構スパイスも利かせてあって、羊のまったりとした風味とコクにスパイスで緩急さをつけていて美味しいラーメンになっていました。

羊肉のワンタンもよい味わい

羊肉のワンタンもよい味わい

ワンタンにも羊肉が使われていて、中のミンチ肉からは脂のコクを感じ羊感を堪能できるようになっています。

羊は脂身が一番羊感が味わえますね。

羊肉のチャーシューが美味しい

羊肉のチャーシューが美味しい

チャーシューも羊肉でほんのり甘く味付けされていました。

美味しいチャーシューで羊肉の風味もよく感じられました。

羊を堪能できたワンタン麺

羊を堪能できたワンタン麺

羊肉をランチで気軽に堪能できるお店が「CHINA TONGUE」という中国料理店でした。

おしゃれな雰囲気なのでグループ利用も良いですね

おしゃれな雰囲気なのでグループ利用も良いですね

お店もおしゃれな雰囲気なのでグループで食事をする時にも良さそうなお店でした。

お昼でも良いですが、夜だともっとムードある感じになると思いますので飲みながら中国料理を味わうのも良さそうでした。

メニュー内容と値段


ランチメニュー(CHINA TONGUE)

ランチメニュー(CHINA TONGUE)

※メニューの価格と内容は原材料の価格や世界情勢により変更される場合がありますので正確なメニューと値段は公式情報でご確認お願いします。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは羊肉を使用した「ワンタン麺・担々麺・ルーロー飯・スパイスカレー」など。

値段はランチメニューを見ると「全品1700円」なので、予算は2000円ほどあれば足りるかと思います。

詳細な内容と値段については最新情報は公式情報でご確認ください。

最寄り駅や行き方(アクセス方法)


CHINA TONGUE(京都市中京区)

CHINA TONGUE(京都市中京区)

CHINA TONGUE さんへ行く場合の備忘録です。

場所京都府京都市中京区の丸太町で丸太町駅から徒歩3分のところ。バス停だと烏丸二条バス停から徒歩4分です。

住所でいえば「〒604-0002 京都府京都市中京区鏡屋町51−1」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

※営業時間と定休日はお店で確認しました。
※訪問の際は必ず公式で営業日をご確認ください。
※年末年始は休業の店舗が多いため、必ず公式で営業情報を確認してから来店してください。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 CHINA TONGUE
オープン日 2023年9月14日オープン
ジャンル 中国料理
食事予算 2000円
営業時間 12時~15時(L.O.30分前)、17時30分~21時(L.O.30分前)(公式でご確認ください
定休日 火曜日・水曜日(公式でご確認ください
駐車場・駐輪場 なし(公式でご確認ください
住所 〒604-0002 京都府京都市中京区鏡屋町51−1
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 丸太町駅から徒歩3分(約230m・ルート
最寄りバス停 烏丸二条バス停から徒歩4分(約260m・ルートバス停情報
テイクアウト 非対応
イートイン 対応
公式SNS Instagram
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式情報でご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。ルートは実際の状況を反映していない場合がありますので、ご注意ください。オープン前情報の場合は開店日の変更の可能性があります。