【京都】2022年9月17日オープン バビルサ

店名:バビルサ|内容:レビュー|場所:京都府京都市中京区・円町(円町駅から5分)|ジャンル:シンガポール料理|シンガポールの海南鶏飯、バクテーとスパイスごはんのお店。

2022年9月17日オープン


2022年9月17日オープン バビルサ

2022年9月17日オープン バビルサ

京都府京都市中京区にシンガポール料理のお店「バビルサ」さんが新店オープンしたので行ってきました。

場所円町で、円町駅から徒歩5分のところ。

オープン日(開業日)は2022年9月17日で、訪問日は2022年9月18日です。

9月頭に工事をしているのを確認してチェックしていたテナント、9月6日にフォロワーさんから「貼紙が掲示されていました」と連絡をいただき店名が判明していました。

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

バビルサ とは


バビルサ(京都市中京区)

バビルサ(京都市中京区)

バビルサ さんは京都市中京区2022年9月17日に新店オープンしたシンガポール料理のお店。

円町駅から佐井通(エディオン西側)を上がって徒歩数分スグのところにお店があります。

丁寧なお仕事ぶりを感じる海南チキンライス

丁寧なお仕事ぶりを感じる海南チキンライス

シンガポールの海南鶏飯、バクテーとスパイスごはんのお店で「海南チキンライス肉骨茶(パクテー)スパイスごはん」などを食べていくことができます。

とても丁寧に下処理された鶏肉で作るシンガポールチキンライスは食べてみる価値ありで、店主さんの人柄もよく地元の方に長く愛されそうなお店です。

実食レビュー


メニューは3種類、値段は950円から

メニューは3種類、値段は950円から

バビルサ さんは円町で開業したシンガポール料理のお店

メニューは3種類「海南鶏飯バクテースパイスごはん」で、値段は950円からです。

海南チキンライス

海南チキンライス

今回はお店の看板料理とも言える「海南チキンライス」を注文しました。

いわゆるシンガポールチキンライスで、ライススープ3種類のソースでいただくようになっています。

他にサイドメニューもあり「アチャール(漬物)・半熟漢方卵」なども気になるのですが、初訪だったので基本構成でお願いしました。

※ライスの量は150g~300gまで選べます。
※ソースとスープはおかわりできます
※肉骨茶(バクテー)も一緒に食べたい方はサイドメニューにミニ肉骨茶があります。

見て分かる「これ絶対旨いやつ!」

見て分かる「これ絶対旨いやつ!」

10年ほど京都で毎日食べ歩きをしていると見ただけで美味しいかどうか分かるようになりました。

海南チキンライスが出てきた時に丁寧に盛られたお料理と丁寧な鶏肉の下処理を見て「これ絶対旨いやつ!」だと思いました。

ソースは「チリ・ブラックソイ・ジンジャー」

ソースは「チリ・ブラックソイ・ジンジャー」

ソースは3種類「チリブラックソイジンジャー」で、これは足りなかったら追加可能だそうです。

大好物のジンジャーをたっぷりかけて

大好物のジンジャーをたっぷりかけて

チリはやや辛め、大好物のジンジャーはたっぷりとかけていただきます!

鶏肉の旨味とコクが素晴らしく美味い

鶏肉の旨味とコクが素晴らしく美味い

う・・ウマい・・・・!!!

鶏肉の下処理がものすごく丁寧で、鶏肉の旨味とコクが最大限に引き出されていました。

バビルサさん、素晴らしく美味いと思いますのでこれは食べてみる価値ありですよ!

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「海南チキンライス・肉骨茶(パクテー)・スパイスごはん」など。

スパイスごはんの内容はその時々で変わるようです(当日はチキンビリヤニ)。

値段(予算)は1000円前後程度となっていました。

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【メイン】メニュー
海南チキンライス 950円
肉骨茶(バクテー) 950円
スパイスごはん 1200円
【サイド】メニュー
アチャール(大根) 50円
アチャール(ナス) 50円
アチャール(紫キャベツ) 50円
半熟漢方卵 100円
青芽のオイスターかけ 200円
ペーパーチキン 350円
ミニ肉骨茶(バクテー) 550円
海南チキン 700円
【ドリンク】メニュー
HOTコーヒー 300円
モリンガ茶 350円
レモングラスティー 350円
リンゴジュース 300円
レモングラスハイ 400円
コーヒー焼酎 400円
アジアビール 700円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

アクセス(場所)

バビルサ さんの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

営業時間は「11時30分~22時」です。

定休日は「不定休」となっていました(公式SNSで要確認)。

場所京都府京都市中京区の円町で円町駅から徒歩5分のところです。

住所でいえば「〒604-8462 京都府京都市中京区西ノ京北円町63」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

※営業時間と定休日はお店で確認しました。
※記事掲載時点で「食べログ」未掲載店です。
※この記事がネット最速レビュー記事になります。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 バビルサ
オープン日 2022年9月17日オープン
ジャンル シンガポール料理
食事予算 1000円前後
営業時間 11時30分~22時(変更になる場合があります)
定休日 不定休(公式SNSで要確認)
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒604-8462 京都府京都市中京区西ノ京北円町63
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 円町駅から徒歩5分(約400m・ルート
最寄りバス停 北野中学前バス停から徒歩3分(約220m・ルートバス停情報
テイクアウト 不明
イートイン 対応
コロナ対策 手指消毒・マスク
公式SNS Instagram
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式情報でご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。
徒歩ルートは実際の状況を反映していない場合がありますので、ご注意ください。
飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。