2022年6月30日オープン 韓美のんぽん食堂

店名:韓美のんぽん食堂|内容:レビュー|場所:京都府乙訓郡大山崎町・大山崎(大山崎駅から3分)|ジャンル:韓国料理|大山崎で開業した本場韓国料理のお店。

2022年6月30日オープン


2022年6月30日オープン 韓美のんぽん食堂

2022年6月30日オープン 韓美のんぽん食堂

京都府乙訓郡大山崎町に韓国料理のお店「韓美のんぽん食堂」さんが新店オープンしたので行ってきました。

場所大山崎で、阪急大山崎駅から徒歩3分のところ。

オープン日(開業日)は2022年6月30日で、訪問日は2022年7月4日です。

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

韓美のんぽん食堂 とは


韓美のんぽん食堂(京都府乙訓郡大山崎町)

韓美のんぽん食堂(京都府乙訓郡大山崎町)

韓美のんぽん食堂 さんは京都府乙訓郡大山崎町2022年6月30日に新店オープンした韓国料理のお店。

阪急大山崎駅スグ北側の細い通りを入ったところにお店があります。

本場韓国料理のお店

本場韓国料理のお店

本場韓国料理のお店で「冷麺石焼ピビンバフライドチキンキンパスンドゥブサムギョプサル」などを食べたりテイクアウトすることができます。

ランチとディナー営業があり、ランチタイムはセットメニューを提供。ディナーにはサムギョプサルなど韓国料理を楽しめるお店になっていました。

実食レビュー


入りやすい雰囲気の韓国食堂

入りやすい雰囲気の韓国食堂

韓美のんぽん食堂 さんは大山崎で開業した本場韓国料理のお店。

入りやすい雰囲気の韓国食堂で、ランチ営業もしているので気軽に立ち寄れます。

ひとりでも気軽な食堂スタイル

ひとりでも気軽な食堂スタイル

韓国グルメのお店といえば、ディナー営業だけの居酒屋スタイルなお店が京都市内には多いですが、こちらのお店は「ひとりでも気軽な食堂スタイル」なのですんなり入ることができました。

ランチセットは1520円

ランチセットは1520円

ランチセットは1520円で「冷麺石焼ピビンバ韓国フライドチキンラーメンスンドゥブ」のセットなど。

ドリンクの種類も多いです

ドリンクの種類も多いです

ドリンクの種類も多いです。

ポロロジュース(ミルク)

ポロロジュース(ミルク)

私は韓国グルメのお店に行くとソフトドリンクを注文するのですが、ソフトドリンクはポピュラーで人気の銘柄が揃っていました。

テイクアウトもできますよ

テイクアウトもできますよ

テイクアウトもできるようになっていて「キンパ韓国フライドチキン」がありました。

京都市内の韓国グルメのお店だとキンパに定番の魚肉ソーセージが入っていないお店が結構あって、魚肉ソーセージのキンパが大好きな私はガッカリすることが多いのですが・・・・

こちらのキンパは定番の魚肉ソーセージが入っているタイプになっていました!

※ケランキンパは玉子を使ったキンパ。

ミニスンドゥブ+ごはん+チャプチェ+キムチ

ミニスンドゥブ+ごはん+チャプチェ+キムチ

今回はランチセットの「ミニスンドゥブごはんチャプチェキムチ」を注文しました。

スンドゥブは濃厚でコクがあります

スンドゥブは濃厚でコクがあります

スンドゥブは韓国グルメの定番で「豆腐・お肉・卵・ネギ」などが入った甘辛スープの鍋です。

他のお店だと出汁重視で味付けはそんなに濃くないところが多いのですが、こちらのスンドゥブは濃厚でコクがある甘めのものになっていました。

私はコチュジャンが好きなので、ちょうど良い塩梅の味付けで美味しくいただきました(辛さは控えめです)。

チャプチェも濃厚でコク深い味わい

チャプチェも濃厚でコク深い味わい

チャプチェも濃厚でコク深い味わいで好みのものでした。

味が濃いのでご飯とよく合います。

韓国フライドチキン(テイクアウト)

韓国フライドチキン(テイクアウト)

韓国フライドチキンは「部位・ソース」を選ぶようになっていて、2個で500円からテイクアウトできます。

今回はモモ肉でハニーマスタードをチョイス!

チキンはサクッとしていて、ハニーマスタードは自家製だと思うのですが甘さと辛さのバランスが絶妙でとても美味しいハニーマスタードでした。

キンパ大好きなのでテイクアウトしました

キンパ大好きなのでテイクアウトしました

大好物のキンパもテイクアウト!

とても丁寧に調理されたキンパで感心しました(雑なキンパは世の中にたくさんあります)。

強いていえばキュウリは水気の関係で半分でいいのとゴマの風味があれば超好みのキンパになると思いました。

でも、具材も多彩で味付けもちょうど良いので美味しいキンパでしたよ。

撮影協力:ポーヨネン(京都・上七軒)

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「冷麺・石焼ピビンバ・チキン・キンパ・スンドゥブ・サムギョプサル」など。

値段はランチで2000円程度となっていました。

※ディナーメニューの種類と値段は公式サイトでご確認ください。

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【ランチ】メニュー
ミニ冷麺+キンパ+チヂミ 1520円
ミニ石焼ビビンバ+スープ+チヂミ 1520円
ラーメン+キンパ+チャプチェ+キムチ 1520円
ミニスンドゥブ+ごはん+チャプチェ+キムチ 1520円
韓国フライドチキン3ヶ+キンパ+チャプチェ+キムチ 1520円
【テイクアウト】メニュー
キンパ 1030円
ケランキンパ 1030円
韓国フライドチキン(2ヶ~)) 500円~
コロコロチキンカップ+ソフトドリンクセット 870円
コロコロチキン 520円
ソフトドリンク各種 420円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

アクセス(場所)

韓美のんぽん食堂 さんの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

営業時間は「ランチ 11時~15時(L.O.14時30分)、ディナー 17時~22時(L.O.21時)、土日祝は 11時~22時(L.O.21時)」です。

定休日は「水曜日」となっていました(公式SNSで要確認)。

場所京都府乙訓郡大山崎町の大山崎で大山崎駅から徒歩3分のところです。

住所でいえば「〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎竜光31−4」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

※決済は「現金・PayPal・交通系電子マネー・クレジットカード」が利用できるようでした。
※営業時間と定休日はお店で確認しました。
※記事掲載時点で「食べログ」未掲載店です。
※この記事が(ブログでの)ネット最速レビュー記事になります。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 韓美のんぽん食堂
オープン日 2022年6月30日オープン
ジャンル 韓国料理
食事予算 2000円前後から
営業時間 ランチ 11時~15時(L.O.14時30分)、ディナー 17時~22時(L.O.21時)、土日祝は 11時~22時(L.O.21時)(変更になる場合があります)
定休日 水曜日(公式SNSで要確認)
駐車場・駐輪場 なし(駅前に有料駐輪場あり)
住所 〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎竜光31−4
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 大山崎駅から徒歩3分(約200m・ルート
最寄りバス停 阪急大山崎バス停から徒歩2分(約140m・ルートバス停情報
テイクアウト 対応
イートイン 対応
コロナ対策 手指消毒・マスク・透明シールド・検温
公式SNS Instagram
公式サイト こちらをクリック
電話番号 タップで電話発信(営業時間内におかけください)
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。
徒歩ルートは実際の状況を反映していない場合がありますので、ご注意ください。
飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。