2021年10月14日オープン Marufuku KYOTO


2021年10月14日オープン


2021年10月14日オープン Marufuku KYOTO

2021年10月14日オープン Marufuku KYOTO

京都市下京区に惣菜店「Marufuku KYOTO」が新店オープンしたので行ってきました。

場所七条七本松エリアで、梅小路京都西駅から徒歩4分のところ。

オープン日(開業日)は2021年10月14日で、訪問日は2021年10月19日です。

今回はこの「Marufuku KYOTO」を実食レビューします。

※店主様にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

Marufuku KYOTO とは


Marufuku KYOTO(京都市下京区)

Marufuku KYOTO(京都市下京区)

Marufuku KYOTO京都市下京区2021年10月14日に新店オープンした惣菜店です。

新鮮なお魚とお惣菜のお店で「お惣菜・珍味」などをテイクアウトすることができます。

珍しい加工食品も多数販売

珍しい加工食品も多数販売

一見するとお惣菜店には見えず「ケーキ屋さんかな?」というおしゃれ系惣菜店

販売しているのは手作りのお惣菜と全国から集めた他ではあまり見かけない加工食品(缶詰など)です。

おしゃれ系惣菜店です

おしゃれ系惣菜店です

まだ若い女の子たちが開業したお店で店内はとてもお洒落な内装になっていました。

実食レビュー


お惣菜はとても丁寧に作られたものばかり

お惣菜はとても丁寧に作られたものばかり

メニューはその時で変わるそうですが、当日は「お惣菜11種類・サラダ・チーズケーキ」という構成。

今回はお惣菜をいくつか買ってみることにしました。

今回はお惣菜4種類を購入!

今回はお惣菜4種類を購入!

購入したのは「だし巻き卵牛すじ大根赤貝の炊いたん鯛の南蛮漬け」の4種類。

まず、全体的な総評として「とても丁寧に調理されたお惣菜」だなというのが感想です。

お店の方おすすめの「だし巻き卵」

お店の方おすすめの「だし巻き卵」

お店の方がイチオシするのが「だし巻き卵」です。

カツオ出汁をたっぷりと使った出汁巻き玉子ですがカドがない優しい味付け。付いてくる山椒煮と一緒に食べるととても美味しいです。

手間をかけているお店の味付けが最も分かるお惣菜がこれだと思います。味をキープするのは大変かと思いますが、この味を変えずに続けてもらいたいなと思ったのが出し巻き卵でした。

こちらも人気の「牛すじ大根」

こちらも人気の「牛すじ大根」

こちらがもうひとつの人気惣菜「牛すじ大根」です。

大根はとても手間をかけてじっくりと煮込んであり、素晴らしい味わいです。

牛すじ肉も甘く柔らかくて良いですね。

強いていえばコンニャクはないほうが全体の味が引き締まってとてもよくなると思います(もし使うなら一味で味付けすると良いと思います)。

私のイチオシが「赤貝の炊いたん」

私のイチオシが「赤貝の炊いたん」

今回食べた中で私が一番おいしいなと思ったのが「赤貝の炊いたん」です。

炊いたんは京ことば(京都弁)で「煮物」のことで、赤貝はコトコトとたっぷりと時間をかけて炊いてあるのがわかる味付けです。

値段的にもこれはコスパが良い商品だと思いました。

食べ応えある「鯛の南蛮漬け」

食べ応えある「鯛の南蛮漬け」

私は南蛮漬けがとても好きなので「鯛の南蛮漬け」も買ってみました。

一般的な南蛮漬けでは魚はホクホクとした食感ですが、こちらの南蛮漬けは肉厚の鯛ががっつりとした歯ごたえで「そうきたか」と感じました。

人参もとてもシャキシャキに仕上げていて、他にはないこのお店独特の南蛮漬けだと思います。

丁寧につくられた優しい味わい

丁寧につくられた優しい味わい

今回は甘い味付けのものを多めに選びました。

味付けは京都では濃いめな方でしたが、カドがたたない味付けなので優しい味に感じました。

たぶん、とても手間をかけて作っていると思われ、この味を今後も続けてもらいたいなと思ったのが「Marufuku KYOTO」というお店でした。

撮影・評価 協力:ポーヨネン(京都・上七軒)

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「お惣菜・珍味(加工食品)」という構成。

値段は280円~520円程度となっていました。

お薦めメニューだし巻き卵・赤貝の炊いたいです。

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【お惣菜(当日)】メニュー
ひき肉とはるさめの炒めもの 280円
本日のおひたし 280円
牛すじ大根 480円
田舎のポテトサラダ 300円
畑と海のマリネ
ひじき煮 300円
柿なます 350円
魚屋のあら炊き 500円
だし巻き卵 500円
鯛の南蛮漬け 520円
リーフサラダとスモークサーモン 520円
赤貝の炊いたん 400円
さつまいものチーズケーキ 280円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

アクセス(場所)

Marufuku KYOTOの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

営業時間は「10時~18時」です。

定休日は「不定休」となっていました(公式SNSで要確認)。

場所京都府京都市下京区の七条七本松エリアで梅小路京都西駅から徒歩4分のところです。

住所でいえば「〒600-8844 京都府京都市下京区朱雀裏畑町17」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 Marufuku KYOTO
オープン日 2021年10月14日オープン
ジャンル 惣菜店
食事予算 1000円~2000円程度
営業時間 10時~18時(変更になる場合があります)
定休日 不定休(公式SNSで要確認)
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒600-8844 京都府京都市下京区朱雀裏畑町17
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 梅小路京都西駅から徒歩4分(約350m・ルート
最寄りバス停 七条御前通バス停から徒歩4分(約270m・ルートバス停情報
テイクアウト 対応
イートイン 非対応
コロナ対策 手指消毒・マスク
公式SNS Twitter・Instagram・Facebook
公式サイト こちらをクリック
電話番号 記載なし
QR決済 ✅ PayPay
❌ d払い
❌ 楽天ペイ
❌ LINE Pay
❌ メルペイ
❌ auPAY
❌ J-Coin Pay
❌ Alipay、Alipay HK
❌ 支付宝
❌ pay
❌ WeChatPay(微信支付)
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。
Marufuku KYOTOに関するよくある質問(クリックでオープン&クローズ)
このお店の営業時間は? 10時~18時
このお店の営業日は? 月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・金曜日・土曜日・日曜日(公式SNSで要確認)
このお店への行き方は? 梅小路京都西駅から徒歩4分(約350m・ルート

京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。