タイ料理チャンノイ 花遊小路(京都・河原町)2021年2月3日開業

京都・四条河原町の花遊小路で「タイ料理チャンノイ 花遊小路」が2021年2月3日に新店オープンしています。本店は北山にあり、その2号店です。タイの民芸品などで飾られた店内はタイの雰囲気を感じられるお店になっています。

2021年2月3日オープン タイ料理チャンノイ 花遊小路


2021年2月3日オープン タイ料理チャンノイ 花遊小路

2021年2月3日オープン タイ料理チャンノイ 花遊小路

京都市中京区、新京極通から花遊小路に入ってスグのところに「タイ料理チャンノイ 花遊小路」が2021年2月3日に新店オープンしました。

看板には「京都 北山」と書かれているように、本店は北山通沿いにあります。

タイ料理専門店でランチには「パッタイ・ゲーンキャオワーンガイ・ムーパットガバオ・カオパットプー」などのお料理があります。

というか分かりづらいので「タイ風焼きそばグリーンカレーバジル炒めご飯カニの焼き飯」というと分かりやすいかと思います。

タイ料理専門店です(チャンノイ)

タイ料理専門店です(チャンノイ)

最近は外国料理を提供するお店が京都で数多く進出しています。

というのも、新型コロナで海外旅行ができないという状況下で、外国の雰囲気を楽しめる「韓国グルメ」などの台頭が顕著であるからです。

韓国や台湾などの「居酒屋・カフェ」業態が多い中、タイ料理を専門に扱うお店も進出してきたということになりますね。

今回はこの「タイ料理チャンノイ 花遊小路」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


タイ料理チャンノイ 花遊小路(店内写真)

タイ料理チャンノイ 花遊小路(店内写真)

店内は1階にカウンター席、2階にテーブル席がありました。

タイの民芸品で飾られていて、タイの雰囲気を感じられる店内になっています。

象のランプが優しく店内を灯していました

象のランプが優しく店内を灯していました

カウンターには象のランプが。

ここ、元々は「京GYOZA杏杏」というラーメン店だったのですが、だいぶ雰囲気が変わっています。

仏陀(ブッダ)の飾りものなどもありました

仏陀(ブッダ)の飾りものなどもありました

店内はゆったりした感じで、まだオープンしたばかりなので密はありませんでした。

コロナ対先は「手指消毒・マスク」で対応しています。

このお店のランチメニューは?


ランチメニュー(タイ料理チャンノイ 花遊小路)

ランチメニュー(タイ料理チャンノイ 花遊小路)

ランチは11時30分~15時で提供されており、タイ料理4種類が990円~1100円でセットになっています。

パッタイとカオパット・プーは辛くない料理、ゲーンキャオワーンガイとムー・パット・ガバオは辛い料理で、辛い料理には唐辛子マークが付いているのですぐに分かるようになっています。

パッタイ(タイ風焼きそば)990円
ゲーンキャオワーンガイ(グリーンカレー)990円
ムー・パット・ガバオ(バジル炒めご飯)990円
カオパット・プー(カニの焼き飯)1100円
ディナーメニュー(タイ料理チャンノイ 花遊小路

ディナーメニュー(タイ料理チャンノイ 花遊小路

ディナーは今のところ土日祝のみ15時~20時までの営業だそうです。

春巻きサラダとか唐揚げなどを提供するタイレストランになります。

今回は「カオパット・プー(カニの焼き飯)」のランチセットを食べてみたいと思います。

実食レビュー


カオパット・プー(カニの焼き飯)1100円

カオパット・プー(カニの焼き飯)1100円

カオパット・プーはカニを使った焼き飯です。

ほんのりカニの風味があり、細かく炒められたライスは柔らかい食感です。

ライスの量が多めでボリュームもありました。

野菜たっぷりのスープとおかず2種

野菜たっぷりのスープとおかず2種

ランチセットにはすべて「スープ・おかず2種・サラダ」が付いてきます。

おかずは甘酸っぱいタイ料理らしい春巻き、あと炒め物が付いていました。

スープは野菜たっぷりのスープで味も濃いめで美味しかったです。

サラダ付きです

サラダ付きです

メインの焼き飯も量があって、サラダも付いてくるのでそれなりにボリュームがありました。

料理にもよるかと思いますが、カオパット・プー(カニの焼き飯)は日本人でも食べやすくて良かったです。

カオパット・プー(ボリュームもありました)

カオパット・プー(ボリュームもありました)

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


タイ料理チャンノイ 花遊小路(店舗外観写真)

タイ料理チャンノイ 花遊小路(店舗外観写真)

場所は四条通から新京極通を北に、ひと筋目が花遊小路なのでそれを右に入ったところにお店があります。

住所でいえば「〒604-8042 京都府京都市中京区中之町新京極通四条上る565−29」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はこのエリアなので近隣のコインパーキングとか有料駐輪場を使うことになります。大丸京都店のバイク駐輪場から歩いてもさほど遠くないので行きやすいかなと思います。

営業時間は「11時30分~20時」で定休日はないようでした。

ジャンル「タイ料理」
食事予算「900円~2000円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」
営業時間11時30分~20時」
定休日「不定休」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒604-8042 京都府京都市中京区中之町新京極通四条上る565−29」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
コロナ対策「手指消毒・マスク」


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。