Negiyaki TIGER (ねぎ焼きタイガー・京都府八幡市)

京都府八幡市のネギ焼き・焼きそばの店「Negiyaki Tigerねぎ焼きタイガー)」実食レビューです。2020年12月20日に開業した新店、九条ねぎ農家がこだわりの美味しいねぎで作る鉄板焼きのテイクアウト専門店です。

2020年12月20日開業「Negiyaki TIGER (ねぎ焼きタイガー)」

2020年12月20日開業「Negiyaki TIGER (ねぎ焼きタイガー)」

2020年12月20日に京都府八幡市で鉄板焼きのテイクアウト専門店「Negiyaki TIGER (ねぎ焼きタイガー)」が開業しました。

九条ねぎ農家(とらこさん)が開業したお店で自家栽培のこだわりネギを使ってつくる「ねぎ焼焼きそば豚汁牛スジ丼イカ焼き」などをリーズナブルな値段で提供しています。

今回はこの「Negiyaki TIGER (ねぎ焼きタイガー)」がどんなお店でどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

Negiyaki TIGER (ねぎ焼きタイガー)店舗外観写真

Negiyaki TIGER (ねぎ焼きタイガー)店舗外観写真

場所は京都府八幡市八幡で国道1号線の八幡戸津の交差点を西に2キロほどのところです。

住所でいえば「〒614-8075 京都府八幡市八幡三反長46−6」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場はありませんが住宅街の中で店頭前も少し広くなっているので自家用車でも行くことができます。

Negiyaki TIGER (ねぎ焼きタイガー)はテイクアウト専門店です

Negiyaki TIGER (ねぎ焼きタイガー)はテイクアウト専門店です

Negiyaki TIGER (ねぎ焼きタイガー)はテイクアウト専門店。

外観が爽やかな水色で看板には「Negiyaki TIGER」と書かれており一見すると鉄板焼きの店には見えません。

店頭からはソースの香りが漂ってくるのでここが鉄板焼きのお店であることが分かりました。

ねぎ焼(500円)

ねぎ焼(500円)

名物は「ねぎ焼(500円)」で、ふんわりと柔らかい生地に大きめに切られた九条ねぎがたっぷりと入っていました。

お店は九条ねぎ農家さんの経営なのでネギをたくさん使っているのが特徴でネギ好きならたまらないメニューです。

アツアツの状態で提供され卵・かつおぶし・甘辛ソース・肉も使われていました。

ソースがほんのり香ばしくて美味しいネギ焼きだと思います。

焼きそば(500円)

焼きそば(500円)

焼きそば(500円)も九条ねぎを使った焼きそばです。

ほんのりスパイシーなウスターソースで味付けされており、目玉焼きがトッピングされているのが嬉しいです。

麺がたくさん入っており量もありました

麺がたくさん入っており量もありました

麺はモチッとした中太麺を使っており、麺量がかなりありました(300g近い)。

たくさん食べたい人には焼きそばがお薦めです。

Negiyaki TIGER(メニュー)

Negiyaki TIGER(メニュー)

値段も500円でリーズナブルなお値段です。

にもかかわらず量があり、九条ねぎもたくさん使われていて良心的なお店だと思います。

ねぎ焼(500円)
豚汁(200円)
焼きそば(500円)
牛スジ丼(500円)
イカ焼き(400円)
サツマイモスティック(200円)
フライドポテト(100円)
丹波の黒枝豆(500円)
白ご飯(200円・250円・300円)
ペットボトルお茶(100円)
Negiyaki TIGER (ねぎ焼きタイガー・京都府八幡市)

Negiyaki TIGER (ねぎ焼きタイガー・京都府八幡市)

年末年始は12月30日が最終営業、1月4日から新年営業です。

ジャンル「鉄板焼き」
食事予算「100円~500円」
営業時間「11時~14時・16時~19時」
定休日「不定休」
駐車場・駐輪場「店頭に可」
住所「〒614-8075 京都府八幡市八幡三反長46−6」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
インスタグラム

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!