2020年10月14日オープン 和食 青空 -SORA-

京都市右京区、嵯峨・鹿王院駅前にカジュアルな雰囲気の和食店「和食 青空 -SORA-」が2020年10月14日に新店オープンしました。夜17時~22時の営業でカウンターでいただくスタイルの和食処になっていました。

2020年10月14日オープン 和食 青空 -SORA-


2020年10月14日オープン 和食 青空 -SORA-

2020年10月14日オープン 和食 青空 -SORA-

京都市右京区の嵐電「鹿王院駅」前に「和食 青空 -SORA-」さんが2020年10月14日に新店オープンしています。

カジュアル和食のお店だそうで、カウンターで料理人さんと向き合いながら食べるスタイルのお店です。

ランチ営業は来年(2021年)からということで、当面は夜(夜17時~22時)とのことでした。

和食 青空 -SORA-(店舗外観写真)

和食 青空 -SORA-(店舗外観写真)

オープン告知のポスターには「京野菜海鮮」などの絵が描かれおり、野菜やお魚などの和食のお店ですね。

お店はカウンターと4名テーブルがひとつという構成です。

元は嵐山の料亭「弁慶」で料理長までしていた方だそうですよ。

このお店のメニューは?

お料理は市場から仕入れている鮮魚と地元の季節野菜などを使った和食を提供しています。

値段は安いもので400円台から、お造りなどは1100円~1500円ほど。

野菜を使った天ぷらなどもあり、1品500円程度と一般的な価格帯です。

お料理の量も多く、質も良い、有名店の料理人であった店主の腕が冴える料理構成です。

まぐろお造り(1500円)
カワハギお造り(1100円)
天然鯛昆布〆(1550円)
はも(1500円)
天然鯛うす造り(1550円)
出し巻(500円)
いちじく柿白和え(850円)
小芋そぼろ餡(800円)
鴨ロース(1000円)
はも南蛮漬け(900円)
金目鯛煮(1560円)
雲丹焼長茄子(1000円)
すぐき菜のたいたい(480円)
鱧とごぼうの卵とじ(1200円)
京地鶏みぞれ煮(900円)
鯖きずし(900円)
アン肝ポン酢(1300円)
鰆水菜煮(980円)
きんびらごぼう(480円)
蛸と小芋の炊き合わせ(650円)
黒毛和牛焼牛しゃぶ(1600円)
京厚揚げ(400円)
カマス塩焼き(1000円)
金目鯛焼(1250円)
黒豚ロース生姜醤油かけ(1000円)
鱧六景包梅おろしかけ(1000円)
野菜バターナッツ天麩羅(500円)
はも天麩羅玉子とじあんかけ(1000円)
いちじく天麩羅(450円)
鱧・松茸吸物風(1600円)
焼松茸(1000円~2100円)
鯖鮨2個(850円)
穴子鮨2個(800円)
カマス鮨2個(680円)
しらす土鍋ご飯(950円)
黒糖豆乳プリン(380円)
————————-
日本酒(京都・滋賀)1合で680円~900円
生ビール(550円)
ノンアルコール(500円)
焼酎(690円)
麦焼酎(600円)
ハイボール(550円)
ゆず酒(550円)
紅茶梅酒(550円)
ウーロン茶(350円)
ゆずジュース(480円)

このお店への行き方や営業時間は?


嵐電「鹿王院駅」前の京都銀行ATMの並びです(和食 青空 -SORA-)

嵐電「鹿王院駅」前の京都銀行ATMの並びです(和食 青空 -SORA-)

では「和食 青空 -SORA-」さんの場所や営業時間についてです。

お店の場所は、嵐電「鹿王院駅」前の京都銀行ATMの並びです。

商店街から駅に向いてすぐ右側です。

隣りは「スープとお惣菜 PanBoo」があるといえば分かりやすいかもしれません。

営業時間は「夜17時~22時」で、昼営業は来年から始めるそうです。

〒616-8367 京都府京都市右京区嵯峨北堀町20−102(地図
営業時間:17時~22時
定休日:不定休

このお店の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!