【移転】2019年8月6日オープン 和食晴ル (北野天満宮前、上七軒、ランチ)

綾小路高倉にあった割烹「和食晴ル」さんが、2019年8月6日に北野天満宮前(上七軒)で移転・新店オープンしました。和食晴ルさんといえば予約困難店として知られているお店ですが、移転先ではなんとランチ営業がスタート。ランチはまだ知られていないためか予約なしでも食べることができました(夜営業も予約なしでも大丈夫そうですが店に確認したほうが良いでしょう)。

最新情報:こちらの店舗は2020年6月に元の場所(京都府京都市下京区神明町230−2)に移転しています。

綾小路高倉「和食晴ル」が移転


綾小路高倉「和食晴ル」旧店舗、2019年8月6日に北野天満宮前に移転オープン

綾小路高倉「和食晴ル」旧店舗、2019年8月6日に北野天満宮前に移転オープン

地元の北野天満宮近くに人気の日本食レストランが移転オープンしてきました。

お店の名前は「和食晴ル」さん。

元は綾小路高倉にあった割烹なのですが、2019年7月25日に建物の建替工事のために閉店。

その工事期間中に、北野天満宮のすぐ近くで移転オープンということになったのです。

8月初旬に北野天満宮前に移転と書かれた貼紙(和食晴ル)

8月初旬に北野天満宮前に移転と書かれた貼紙(和食晴ル)

当初、場所は「北野天満宮前」とだけしか書かれていなかったのですが、上七軒のローソン西二軒隣であることが判明

2019年8月6日オープン「和食晴ル」北野天満宮前

2019年8月6日オープン「和食晴ル」北野天満宮前

2019年8月6日に上七軒の交差点西側で移転オープンとなりました。

新しい試みとして「ランチ営業」もスタート

新しい試みとして「ランチ営業」もスタート

今回、北野天満宮近くへの移転に伴い、新しい試みとして「ランチ営業」もスタート

ものすごい人気の「和食晴ル」さんのお料理がリーズナブルに食べられるということで、早速訪問してみることにしたのです。

2019年8月6日オープン「和食晴ル」北野天満宮前


京町家をリノベした落ち着いた店内(和食晴ル)

京町家をリノベした落ち着いた店内(和食晴ル)

2019年8月6日に新店オープンした「和食晴ル」さんです。

今出川通に面しており、そこにあった古い京町家をリノベして、とても趣のある落ち着いた店内になっていました。

坪庭もあり、カウンター席とテーブル席があります

坪庭もあり、カウンター席とテーブル席があります

手前にはカウンター席、奥にはテーブル席と坪庭があります。

以前のお店は(外観しか知らないのですが)とても風情のある建物でしたが、今回の移転先は内装がより良く素敵なお店になっていました。

ゆっくりくつろげる雰囲気が良いと思います

ゆっくりくつろげる雰囲気が良いと思います

以前のお店はエリアとしては河原町なので、町中の飲み屋さん的な雰囲気もありました。

今回の移転では「ゆっくりくつろげる雰囲気」のお店づくりになっており、河原町とはまた違った上七軒らしいスタイルへと変わっています。

和食晴ル のランチ


2019年8月6日オープンと同時にランチ営業もスタート

2019年8月6日オープンと同時にランチ営業もスタート

2019年8月6日オープンと同時にスタートしたのが「ランチ営業」です。

これまで「和食晴ル」というと夜営業だけでしたが、新しい試みとして始められたそうです。

メニューは「うどん、丼、定食」で500円から

メニューは「うどん、丼、定食」で500円から

メニューは「うどん定食」で、京都によくある大衆食堂(麺類一式)と同じ構成ですが、その内容は割烹らしく「鱧すだちうどん」や「鱧カツ丼」といった京都らしいメニューとなっています。

値段は500円からですが、普通に食べて1100円~2000円くらいの予算で見ておくと良いと思います。

九条ネギうどん 600円
鱧すだちうどん 1200円
とうめし 500円
鱧カツ丼 1500円
すき焼き定食 2000円

ちなみに、メニューの中でわかりづらいのが「とうめし」ですが、これは豆腐を濃口醤油で煮込んだオデンの豆腐をご飯に盛って、鰹節でいただくお料理です。

うどん・丼は比較的ミニサイズなので「うどん+とうめし」を一緒に注文すると、ちょうど良い分量になるかと思います。

今回は「すき焼き定食(2000円)」をいただきました

今回は「すき焼き定食(2000円)」をいただきました

今回は「すき焼き定食(2000円)」をチョイス。

大きめ和牛のすき焼きで、ご飯と漬物が付いてきます。

ボキャブラリー少なくて申し訳ありませんが「イイ肉」です

ボキャブラリー少なくて申し訳ありませんが「イイ肉」です

すき焼きには「しらたき豆腐、シャキシャキとした九条ネギ」も入っており、お肉もコクと旨味のある柔らかい国産和牛を使っていました。

和牛の旨味と卵のコクに九条ねぎの爽やかさを一度に堪能

和牛の旨味と卵のコクに九条ねぎの爽やかさを一度に堪能

すき焼きは溶き卵でまろやかに、それに九条ねぎの爽やかな食感をプラスしていただきます。

うん、美味しい。

さすが、人気店であり間違いない味がそこにありました。

シャキシャキしているのにスッパうまうまの漬物

シャキシャキしているのにスッパうまうまの漬物

お漬物は力強い糠の香りがする深めに漬けた味わいなのですが、たぶん生命力の強い糠だからでしょうか、とてもシャキシャキしているのに芯まで漬かったスッパうまうまの漬物でした。

これはご飯がすすみます。

そんなご飯はおかわりもでき、2杯くらい食べてちょうど良い感じでした。

和食晴ル 営業時間とアクセス方法


和食晴ル とても居心地の良い美味しいお店でした

和食晴ル とても居心地の良い美味しいお店でした

ということで、今回訪問した「和食晴ル」さん、とても居心地の良く美味しいお店でした。

地元にこんなに良いお店が来てくれたのはとても喜ばしいことで感謝しかありません。

また、ぜひ行きたいお店のひとつですが、この北野天満宮近くでの営業は最短でも来年春までなのだそうです(綾小路高倉に戻られます)。

なお、営業時間は「12時~14時、17時30分~21時」で、ランチと夜ではメニューは異なります(夜は一品料理になります)。

夜営業も予約なしでも大丈夫そうですが店に確認したほうが良いでしょう。

定休日は「月曜日」とのことでした。

京都府京都市上京区東今小路町今出川通七本松西入758
営業時間:12時~14時、17時30分~21時
定休日:月曜日
公式Facebook:https://ja-jp.facebook.com/washoku.haru


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。