とり新 親子丼 @京都・祇園白川「明治時代からある親子丼」実食レビュー

京都では親子丼というのは非常にポピュラーな食べ物です。京都市内にたくさんある大衆食堂には必ずありますし、親子丼を売り物にした老舗が何軒もあったりします。今回はその名店の中のひとつ、祇園白川の「名代 親子丼」が食べられる店「とり新(鳥新)」さんで、絶品親子丼を食べてきましたので実食レビューします。

親子丼もお店によってまったく味が違いますので、京都で「親子丼めぐり」も良いかと思います。

京都の「明治時代からある親子丼」を食べに行く


京都「縄手通」から祇園白川に入る所に「明治時代からある親子丼」のお店があります

京都「縄手通」から祇園白川に入る所に「明治時代からある親子丼」のお店があります

京都の繁華街から「縄手通」を少し入った所には、代々続く料理店が並ぶ「祇園白川」があります

今回の「京都案内」は、祇園白川で明治の頃から親子丼を売る老舗「鳥新(鳥しん)」さんで、ランチ限定の「名代 親子丼」を食べてきたので紹介します。

少し前までは「行列ができる親子丼」のお店として知られていましたが、最近は行列なしで入れることが多くなっています。

昼は「親子丼」で夜は「やきとり」のお店になる「とり新」さんの併設店舗

昼は「親子丼」で夜は「やきとり」のお店になる「とり新」さんの併設店舗

本来のお店は「鳥新」という「水たき」などの鳥料理の専門店ですが、併設された小さい店舗「鳥しん」というお店もあって、昼には「親子丼」、夜には「焼き鳥」を提供しています。

お店は明治中頃からあったようで、古くは戦国時代から京都で鳥肉を扱う商いをされていたそうです。

そんな「鳥専門店」で提供される親子丼が、明治末頃からあったとされる「名代 親子丼」です。

さて、いったいどんな親子丼なのでしょうか。

とり新 店内の様子


とり新の店内、カウンターとテーブル2卓の細長いお店です

とり新の店内、カウンターとテーブル2卓の細長いお店です

営業時間は「正午から」となっていますが、その辺は結構あいまいで10分前に到着したところすでに開店していました。

基本的に、暖簾が出ていればオープンしています。

店内は併設店舗ということもあって細長いお店ですが、つながっている本店は明治からの歴史ある建造物でもあります。

お昼は親子丼のみのお店です

お昼は親子丼のみのお店です

メニューは「親子丼」のみです。

値段は「親子丼 750円」で、ごはんの量は「小盛普通大盛」から選べて、お値段は同じ750円です。

名代 親子丼 実食レビュー


こちらが鳥新名物「名代 親子丼」750円

こちらが鳥新名物「名代 親子丼」750円

お料理は目の前のカウンター奥で調理が行われます。

鉄鉢に鉄箸で、卵を2個分の溶き卵を作り、それを鶏肉と九条ねぎで煮込んで出来上がりです。

親子丼にはさらに黄身がひとつのっています。

汁気はなく、あんかけのような甘辛で香ばしい親子丼です

汁気はなく、あんかけのような甘辛で香ばしい親子丼です

気味はくずして食べるので、卵本来の味わいも楽しむことができます。

出汁は甘辛く汁気が少なく餡掛けのような親子丼になっており、お箸でも食べやすいようになっているのが特徴です。

香ばしい香りは、ほんのりすき焼きのようで、それに九条ねぎの香りがふんわりとする親子丼になっていました。

京都はお出汁の効いたお店が多いのですが、親子丼の老舗は結構味付けが濃いように思います。

こちらも甘辛で香ばしい親子丼になっていました。

とり新 への行き方(アクセス方法)


とり新 外観(祇園白川)

とり新 外観(祇園白川)

さて、そんな親子丼を食べることができる「とり新」さんへの行き方です。

とり新(鳥新)さんがあるのは「祇園四条駅」から縄手通を北に上がって2分くらい歩いた所です。

ちょうど、祇園白川への入口があり、京都の町らしい町並みの人気スポットの通りにあります。

親子丼は数量限定でお昼のみの提供(正午~14時)値段は750円で祇園にしてはお気楽なお値段になっています。

京都府京都市東山区元吉町
営業時間:正午~14時(親子丼提供時間)
定休日:木曜日
URL:http://torishin.my.coocan.jp/


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。