お菓子 つくる(京都カフェ・上京区)実食レビュー

京都市上京区、猪熊通沿いに「お菓子 つくる」というカフェが2021年6月6日に新店オープンします。京町家をリノベーションしたお店で朝8時30分からモーニング(食事)と13時から焼き菓子にプリンなどのドリンクセットを食べることができます。味もよく今風の京都カフェでお薦めです。

2021年6月6日オープン お菓子 つくる


2021年6月6日オープン お菓子 つくる

2021年6月6日オープン お菓子 つくる

京都市上京区、猪熊通沿いに「お菓子 つくる」さんが2021年6月6日に新店オープンしました。

店名は菓子店のように思えますが、イートインと焼き菓子のテイクアウトがあるカフェです。

朝8時30分~11時までは「モーニング」があり、たまごドックやホットケーキにコーヒーなどを提供。

13時~17時頃までは「おやつタイム」として、プリンにフレンチトーストなどをドリンクとセットで提供するそうです。

朝8時30分~11時まではモーニング(食事)

朝8時30分~11時まではモーニング(食事)

商品にはアルコール(リキュール)は一切使用しておらず、身体に優しいというコンセプトのお店です。

こちらのお店、地元(西陣)で家から近いこともありオープン初日の朝一番で行ってみました。

今回はこの「お菓子 つくる」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


お菓子 つくる(店内写真)

お菓子 つくる(店内写真)

店内の雰囲気は京町家ではあるものの内部は中央にオープンキッチンがあるカウンター8席のバルのようなお店です。

白壁に木の机とテーブルで温かさを出しており、懐かしさを感じる食器やショーケースなどが並んでいます。

置いてあるものは店主さんの好きなものでお皿などは数年かけてコツコツと集めてきたそうです。

お店の方から客席がよく見える構成なので、細かい気配りなどが行き届いていました。

では、次にメニューを見てみましょう。

このお店のメニューは?


お菓子 つくる(京都市上京区・西陣)モーニングメニュー

お菓子 つくる(京都市上京区・西陣)モーニングメニュー

モーニングはドリンクとフードを1オーダーずつの注文となっています。

ドリンクは「コーヒー(550円)・紅茶(550円)・カフェラテ(600円)・酵素ジュース(600円)」など、フードは「トースト(700円)・ソーセージバケット(850円)・たまごドッグ(600円)」などがありました。

お店の方にお薦めを聞いたら「自家製ジンジャーエールとたまごドッグ」がお薦めとのことなのでそちらを注文しました。

つくるのブレンド(550円)
アイスコーヒー(550円)昭和浪漫ブレンド
紅茶(550円)ホットまたはアイス
カフェラテ(600円)ホットまたはアイス
酵素ジュース(600円)
自家製レモネード(550円水割り、600円炭酸割り)
自家製ジンジャーエール(600円)炭酸割り
自家製ジンジャーエール(550円)水またはお湯割り
自家製レモンスカッシュ(600円)
土佐ゆずドリンク(550円水割り、600円炭酸割り)
——————–
オーブントースト(700円)卵/生ハム
ソーセージバケット(850円)
たまごドッグ(600円)
スコーンと豆乳ヨーグルト(600円)
ホットケーキ(800円)
あんバタードッグ(800円)
つくるのドーナツ(300円)
お菓子 つくる(京都市上京区・西陣)午後のおやつメニュー

お菓子 つくる(京都市上京区・西陣)午後のおやつメニュー

午後はドリンクの構成は同じですが、ドリンクとフードのセットメニューになっていてドリンクは小サイズになってて2種類選ぶようになっています。

フードは朝とは大きく異なり「クレープパフェプリン葛豆腐フレンチトースト」という構成です。

名物のプリンとカヌレ(280円)は午後だけのメニュー。

プリンは昔ながらの固めな仕上がりのものだそうです。

クレープ(1800円)
パフェ(2000円)
プリンクラシック+焼き菓子(1200円)
冷たい葛豆腐+焼き菓子(900円)
ハチミツフレンチトースト(1000円)

※メニューと値段は2021年6月時点のものです。

実食レビュー


たまごドッグ(600円)

たまごドッグ(600円)

今回はモーニングをいただきました。

朝の食事となるように、パンやコーヒーを朝8時30分~11時まで提供しています。

注文はドリンクとフードを1種類ずつのオーダー制。

お薦めの「たまごドッグ(600円)」はコクのある玉子にほんのり塩で旨味がある味わい。

パンも温かく柔らかくて美味しいたまごドッグとなっていました。

自家製ジンジャーエール(600円)炭酸割り

自家製ジンジャーエール(600円)炭酸割り

ドリンクもお薦めという「自家製ジンジャーエール(600円)炭酸割り」をいただきました。

自家製の生姜シロップを自分で炭酸で割って、よくかき混ぜて飲むようになっています。

適度な甘みに強めの生姜風味を残したジンジャーエールで漢方寄りっぽい味わいではなく生姜の味わいそのものを楽しむジンジャーエールです。

つくるのドーナツ(300円)

つくるのドーナツ(300円)

名物の「つくるのドーナツ(300円)」も一緒にいただきました。

目の前で揚げておいたドーナツは柔らかく、ほんのり甘みのあるふんわりしたドーナツです。

ドーナツも美味しかったので一緒に注文すると良いと思います。

味もよく今風の京都カフェでお薦めのお店でした。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


お菓子 つくる(店舗外観写真)

お菓子 つくる(店舗外観写真)

では「お菓子 つくる」への行き方や営業情報についてです。

場所は猪熊通で同じカフェの「ことばのはおと」さんの並び(少し北)です。

分かりやすく言えば、大宮通の中華料理店「大珉 馬仙山」から東へ鞍馬口通を進んで、ひと筋目の南北の通りが猪熊通です。猪熊通を南に下がって鞍馬口通りを越えてすぐ西側(右)にお店があります。

住所でいえば「〒602-0081 京都府京都市上京区瑞光院前町36番地2」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありません。すぐ北側の鞍馬口通りにあるコインパーキングを使ってください(地図)。

営業時間は「8時30分~11時(モーニング)、13時~17時頃(おやつタイム)」で、定休日は「月曜日、第2第4火曜日」となっていました。

ジャンル「菓子店・カフェ」
食事予算「600円~800円」
ランチ営業「なし」
ディナー営業「なし」
営業時間「8時30分~11時(モーニング)、13時~17時頃(おやつタイム)」
定休日「月曜日、第2第4火曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒602-0081 京都府京都市上京区瑞光院前町36番地2」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応可能」
出前「なし」
電子決済「なし」
コロナ対策「手指消毒・マスク」
公式https://www.instagram.com/okashi_tsukuru_kyoto/
オープン日「2021年6月6日」

このお店の口コミは?


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!